筋膜

坐骨神経痛 知ってるだけで差が出る解剖

おはようございます

いつもメルガマをご購読いただき

ありがとうございます

 

Allアプローチ協会 鈴木正道です。

 

本日も皆さんの臨床に役に立てる

情報をお伝えさせて頂きます。

 

今日は臀部に痛みを訴える

坐骨神経痛と呼ばれやすい

症状についてです。

 

動画でご覧になる方はこちらから↓

 

最近担当した患者様は

膝の人工関節を手術した

患者様で、術後から

背臥位で寝ると手術した側の

臀部が痛むという訴えでした。

 

 

場所を触診していくと

梨状筋の仙骨付着部付近の痛みを

訴えていて

一か月以上痛みがとれないと

膝の痛みの訴えではなく

臀部痛にて来院されました。

 

 

診断としては坐骨神経痛でしたが

坐骨神経にそって

痛みを訴えているわけではありませんでした。

 

 

こういった臀部の痛みを訴える

ケースは多くあり、

問題点を挙げていくと多くの原因が

あるとは思いますが、

こちらの方のケースでは

 

 

筋膜の調整にて

その場で痛みが消失して

笑顔で帰られました。

 

実は同じようなケースで

3年前に痛みを訴える方に

対して担当をした時に

痛みを改善することができずに

とても苦労した思い出があります。

 

 

こういった痛みに対して

当時考えてアプローチしていた

方法は、

大腿前面に緊張や張りがあり、

臀部に痛みを訴えるので

当然大腿直筋や大腰筋の

使い方のアンバランスを疑い、

それぞれアプローチや

筋促通を実施しました。

 

 

また、

仙腸関節の機能不全を疑って

AKAを使って仙腸関節や股関節

脊柱の副運動にアプローチしてみたり、

術創部の軟部組織を細かく

アプローチしてみたりしました。

 

 

それでも痛みを改善できず

坐骨神経や上臀・下臀神経の

坐骨神経のモビライゼーションや

 

 

内腸骨動脈から上殿動脈などの

血管系のアプローチや

後仙腸靭帯や仙結節靭帯のアプローチ

 

 

梨状筋のリリースや内閉鎖筋や

骨盤隔膜のアプローチなど

その時自分にできる限りの

アプローチを行っていきましたが

その時はなかなか結果を出すことが

できませんでした。

 

 

当然アナトミートレインを考慮して

DFLのアプローチとして

足部のアライメントや

横隔膜など他の部位をリリースしても

痛みをとることはできませんでした。

 

 

こうした痛みで悩んでいる時は、

姿勢や動作といった

広範囲から局所のアライメントや

組織・構造・循環に目を向け、

また結果がだせなければ

姿勢や動作、習慣などの広い視点に

戻るを繰り返しますが

なかなか結果を出せないことも

ありますよね。

 

 

皆さんもこういったメルマガを

読むときって何かに困っている時って

多くないですか?

 

 

 

今回は筋へのアプローチに

絞ってたった一つの介入を知るだけで

解決できる時もあります。

 

 

皆さんは筋へのアプローチに関して

学校で習うのは、国家試験で出題されるのは

ストレッチやPNFのコントラクトリラックスや

ホールドリラックスとか、

有名な本ではIDストレッチ

などの伸長方法が有名ですね。

他にも筋膜リリースとして多くの方法が

今ではYoutubeなどで簡単に学べる時代に

なりましたよね。

 

 

私もyoutubeでは多くのことを学ばせて

頂いています。

特に海外で解剖の勉強をしてきた先生の

動画からは多くを学ばせて頂いています。

 

 

しかし、筋膜リリースでは

特定の構造に対してアプローチが

不十分であることもあり、

よく戻りに悩まされたり

 

 

リリースできたけど痛みがとれない

といったケースは多々あります。

 

 

緩めるだけのリリースって

簡単ですが、効果に「?」がつくことって

よくありますよね。

私もソフトタッチで

弱い刺激で変化を出すことに

はまった時期もあります。

 

 

ですがそれだけでは改善できない

ケースって必ずあります。

問題が必ず毎回同じ種類だとは

限らないですからね。

 

 

末梢神経であったり

靭帯であったり

血管であったり

筋であったり

筋膜であったり

トリガーポイントであったり

内臓であったり

リンパであったり、

姿勢であったり

動作であったり

中枢神経の問題

精神の問題であったり

栄養の問題であったり

 

 

私もできる限り

多くの問題を評価できて

それに対して変化をだせるよう

努力をしていましたが、

たった一つの視点を知らないだけで

すぐに改善できるのに

改善できないで困ってしまう

構造があります。

 

 

それが協調中心という

筋膜の構造です。

 

 

これは経絡やトリガーポイントと

言ってもいいと思いますが、

 

 

一般的な解剖学的構造ではなく

ここ5、6年で日本でも

認知されるようになっている

解剖学的構造です。

 

 

ベテランの理学療法士や整体師が

しらなかったりするので

逆に最新の情報を学んでいる

セラピストの方が知っていたりします。

 

 

今回の患者様は

膝の前方(だいたい前面)にある

協調中心をマニュピレーションするだけで

痛みが治ってしまい、

患者様も狐につままれたような顔を

されていました。

 

 

経穴で言えば胃経の伏兎よりも

若干上にあります。

 

 

僕がすごいわけではありません。

協調中心という構造と評価の方法を

しっていれば

場所が間違っていなければ

3分でよくできてしまいます。

 

 

 

知っているか、知っていないか

ただそれだけの差です。

 

 

 

この業界にはたくさん知識をもっていても

たった一つの知識が無くて、

無駄な時間を費やしてしまうことは

ざらにあります。

 

 

もしこういった解剖の知識を知らなくて

痛みに悩んでいる方は

一度調べてみてください。

 

 

職場で知っている人や知人で

知っている人に学んでみるのも

入口としてはいいと思うので

皆さんの臨床の学びが少しでも

効率良くなることを願っています。

 

 

私もまだ知らなくて

無駄に悩んでいることも

多々あると思いますので

まだまだ学んで行こうと

思います。

 

 

本日も最後までご覧頂き

ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【症例報告】下部胸椎と消化器系の関係とは?  
  2. 神経リンパ反射点(内臓治療)を用いた前立腺・子宮広間膜調整【セルフメンテナンス紹…
  3. リウマチに対応できるセラピストになるために
  4. 冷え性の知識と原因(臨床思考の材料)
  5. リンパマッサージの重要性 セルフメンテナンス やり方【基礎・基本まで】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法重要 排液システム

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. セルフメンテナンス

    【血管アプローチ】毛細血管が消えてしまう2つの理由

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    経絡応用編 人のあり方と経絡・内臓

    おはようございます。allアプローチ協会 鈴木 正道です。  …

  4. ALLアプローチ協会

    【姿勢改善】股関節伸展の盲点 内臓と鼠径靭帯のつながり

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. セルフメンテナンス

    【栄養指導・たんぱく質 パートⅡ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  6. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】便秘に対する内臓アプローチ(大腸の奇形や変形パターン含め)

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    脾臓の解剖学的イメージ【膜】
  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】なぜ肝臓を治療する必要があるか分かりますか?
  3. ALLアプローチ協会

    細菌と血液の質が、自己治癒力を高める
  4. ALLアプローチ協会

    【脊柱管狭窄症】排泄システムが腰痛の原因となっている人の特徴とは?
  5. 内臓治療

    胃反射点~治療 生理学 どんな人に治療するのか?
PAGE TOP