筋膜

普通に考えよう頭蓋アプローチ

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

今回は

頭蓋アプローチができるようになる道のり

惑わされずに普通に考えよう

についてお伝えさせていただきます。

今回は私の経験や受講者のみなさんが

悩む部分に関してどう解決して

どんなステップを踏んで成長していったのか

そんなことをお伝えさせていただきます。

まず初めに

頭蓋仙骨アプローチってなんだか

神聖なアプローチになっていませんか?

その理由は

学問としてきちんとまとまっていないから

エビデンスがきちんと出されていないから

再現性の高い基準があいまいだから

同じように仙腸関節に関しても

同じようなことがありますね

感覚的な部分が多く

解剖・運動学的にも

現場のセラピストと解剖医の言っている

内容に解離があるため

いまだに様々な意見が飛び交っています。

こういった曖昧な部分に関しては

言ったもん勝ちになりやすく、

自分の感覚に自信が無い人は

自信のある人の話に振り回されがち

(悪いことばかりではありません)

例えば)

先生:

宇宙にアクセスして情報を貰いました

ここを治療したら治りますよ

(儀式)

受講者:

やってみます、

被験者:

良くなりました

受講者:

すごーい!!

先生:

宇宙にアクセスできないと迷いますよ

みたいなやりとりがあったとします。

その後宇宙にアクセスしなければ

この考え方はできないんだ

宇宙にアクセスできるようにならなきゃ

となりがちですが

同じように

見て評価できる人や

問診しつくしている人などが

相手に触らないで問題点を言っても

結果が出ていることも多々あります。

本物の先生もいて、スピリチュアルを

極めている先生は宇宙とつながることも

必要なのかもしれませんが

たぶん頭蓋のアプローチではそこは

そこまで重要ではないと思います。

ただ重要なのは

言ったもん勝ちに惑わされず

自分で頭蓋のアプローチと向き合うことです。

ここで頭蓋の解剖の話や

一次呼吸の話をしなくても

そんな物はオステオパシーの本を読めば

書いてあります。

それよりも重要なことは

どうすればアプローチしていって変化する

手ごたえが得られるのかです。

ステップ1

とにかく縫合を全部覚えてください

マジでこれができずに頭蓋だなんだと

悩んでいる方がとても多いので

とりあえず

頭蓋骨の骨模型でも買いましょう

毎日毎日模型をそばに置いて

縫合の触診の練習を繰り返して

あとは100人ぐらい縫合を

触りまくる。

とにかく数です。

よく1次呼吸が分からないとか

固さが分からないといった話になりますが

100人ぐらい触ってから悩んだ方がいいです。

ステップ2

なんで縫合が硬いのか

1次呼吸が硬いのか

すぐに5gタッチだとか

神がかった感覚とかに走る前に

普通に考えてみましょう。

頭蓋にはとても多くの筋肉が

覆っていますね。

単純に側頭骨と頭頂骨で考えても

咬筋や側頭筋、内側翼突筋の影響や

頚部の筋連結や

肩甲帯の筋緊張などが影響していることは

ちょっと頭を柔らかくすれば思いつきますが、

頭蓋のアプローチを神聖化しすぎると

やり方や言われたことに縛られ過ぎて

自由な感覚や発想を失いがちですが

頭蓋以外でも

なぜそこが動かないのか

なぜそこが硬いのか

なぜそこのアライメントが悪いのか

そこが変わったら他はどうなるのか

を繰り返していれば

頭蓋でも同じことができるはずです。

私は最初5gタッチや

触らないで頭蓋仙骨のアプローチなど

スーパーライトタッチから教わりましたが、

人によっては筋膜から縫合や硬膜・くも膜への

介入も必要だと感じる人もいましたし、

頭蓋以外の緊張をとる必要を感じたこともあるので

基本思いつく理由に関してはすべて

思いついたら、変えてみて

反応をみて、だめなら考え直しての

繰り返しをしていくうちに

なんとなくここが怪しい

この感じは頭蓋の影響があるかもしれないと

感じるようになっていきます。

オステオパシーの方や

ロルフィング、タッチフォーヘルスなど

様々な頭蓋への介入を学びましたが、

結局最後は自分で動きと構造を理解して

応用してトライ&エラーでしか

できる、やれているという感覚には

行きつかないと思うので最後は自分で

反応を確認していきましょう。

ステップ3

何を確認してるの?

理論的には脳脊髄液の流れが良くなるのであれば

四肢の関節の固さ緊張が変化したり

頭部の重さや頚部の固さに変化

末梢の暖かさに変化や

立った時のバランスに変化が得られる。

もしくは内臓の緊張が変化するなど

自分が確認するテーマを決めて

介入・確認・介入・確認を繰り返しましょう。

慣れない介入や部位を神格化しすぎないよう

いつものテンションで学んで行きましょう。

本日は以上です。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

You tubeチャンネル登録もお待ちしております。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 横隔膜の重要性【内臓との関連、可動力、作用】
  2. 【腰痛治療 パートⅠ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  3. 頭蓋仙骨療法を腰痛治療にどう活用するのか?
  4. ストレスホットラインHPA軸
  5. 【五十肩】【肩関節拘縮】鎖骨・第一肋骨・小胸筋の解剖学的重要性

関連記事

  1. 山口拓也

    臀筋群と上・下殿皮神経、坐骨神経の重要性【支配・走行・障害について】

    臀筋群と上・下殿皮神経の重要性【腰痛・痛み・痺れの関係とは?】Fr…

  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅠ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. 筋膜

    【筋膜×経絡】頑固な側腹部の硬さを効率的に緩めるには?~実技編~

    ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会賢太です。本日も…

  4. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージをより明確にする 前半

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    【筋膜×運動連鎖】階段昇降時の膝痛に肩のある筋肉が原因となる新事実とは?

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  6. 健康・体質・栄養

    体液循環システムの治療「リンパ液」

    おはようございます。オールアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    筋膜治療で大切な5つの癒着・硬結ポイントの紹介
  2. ALLアプローチ協会

    【大腿骨頸部骨折】筋膜リリース なぜ足部と下腿を治療する必要があるのか?
  3. ALLアプローチ協会

    【血管アプローチ第5弾】慢性疼痛の原因もやもや血管とは?(五十肩・腰痛・膝痛)
  4. 筋骨格系

    【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みがなかなか取りきれないあなたへ
  5. ALLアプローチ協会

    天才になるには……モデリングの方法!
PAGE TOP