山口拓也

靭帯筋反射って知ってる?筋膜・骨格治療の精度を上げる靭帯と筋緊張の関係・・・

靭帯と筋緊張について

From 山口拓也

埼玉県 越谷 整体院より

 

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、本当にありがとうございます!

本日も勉強熱心なあなたに
筋膜テクニック・骨格アプローチの治療精度を上げる(靭帯・筋緊張)
というテーマでお伝えしていきたいと思います。

 

筋肉や骨格アプローチをする上で重要なのは解剖学です。

実際、靭帯が関節可動域制限を引き起こすことや関節の安定性を高めているのは当たり前ですよね。

なので、もしあなたが筋膜治療や骨格治療を習って実践しているのであれば靭帯の知識もしっかり覚えておきましょう。

【靭帯について】

ほとんどの活動に対する神経からのインプットや生体力学的ストレスに関与するのが靭帯です。

靭帯の基本的な役割は、結合組織の束で骨と骨を繋ぎ合わせます。

脱臼などした場合も、治療で改善しやすい要因として靭帯が関わっています。逆に言えば、靭帯が伸びすぎてしまった状態では脱臼しやすい、治りづらい要因となりますね。

そのため、靭帯は張力がかかりすぎると伸びきってしまうこともあります。硬すぎても伸びきってもダメということですね。

ほとんどの関節周囲に靭帯がありますから1つづつ覚えて頂ければと思います。脊柱、肩関節、肘関節、股関節、膝関節、足関節全て靭帯ありますからね。

 

【靭帯の役割とは・・・?】

関節が可動域を動くとき、外的不可の有無に関係なく、靭帯は必要に応じて張力を高め、安定した動きを確保する役割を持っています。

そのおかげで、その関節を構成する骨が解剖学的にあらかじめ定められた軌跡を通り、関節表面に完全で均一な接触圧をかけ、骨が互いに離れな

いようにしている。

 

関節を安定することが靭帯全般の役割で、これがしっかり行われないと関節が脱臼を引き起こしたり

、間接法や軟骨、腱、近くを通る神経や血管、椎間板、靭帯そのものが損傷したりします。

 

このような損傷で、関節が動かさなくなったりすると

そのせいで関節が弱化して機能が失われる可能性が高いです。

 

靭帯の影響により、関節自体が不安定となり変形性ひざ関節症や疼痛につながり最終的には関節置換術などにつながってしまう・・・

 

【靭帯は、感覚器官でもある?】

靭帯は感覚器官でもあり、筋肉の感覚や反射/共同活動に対して重要なインプットも行います。

靭帯と筋肉の関連性が高いということですね。

筋肉が靭帯の伸延の予防や歪みを低減する調整も行なっています。

靭帯筋反射を知ってますか?

これは、靭帯がその関節に関連する筋肉に対して抑制効果を発揮する可能性があることを示す証拠も上がっている。

つまり、関節を不安定にする筋肉を抑制したり、関節を安定させるために拮抗筋を同時に活性化させたりします。

 

【まとめ】

要するに靭帯と筋肉は、お互いバランスを取り合っています。

靭帯が骨格のアンバランス、筋緊張増強を引き起こすこと全然ありますよ・・・

筋膜・骨格治療する際は、常に靭帯の意識を入れてポジショナルリリースしていただけたら幸いです。

 

靭帯も張力がかかる、伸ばされると機能することが論文で発表されています。

逆に圧迫されたり、静止時の長さより短縮されると機能しないこともわかっているのでそれも覚えておくといいですよ。

 

本日の記事は、臨床に取り入れようとすると難易度高いかもしれませんね(笑)

ぜひ、靭帯の勉強も行っていきましょう‼︎

 

最後まで記事を読んでいただき誠にありがとうございました。

本日の記事は、これで以上となります。

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

【FBページ「いいね」を押すと定期的に最新情報を確認することができます。】

 

 

【メルマガ登録】

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

追伸

特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

merumaga1.jpg

「いいね」と思ったらFB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです↓

ピックアップ記事

  1. リハビリセラピストでも聞いたことがある経絡×筋膜×内臓治療について(経穴編)
  2. グラウンディングの重要性【エネルギーワーク・内臓治療、頭蓋治療のレベルアップ】
  3. 【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性
  4. ALLアプローチ協会 Skype特別コンサル【経営‐週末開業‐チラシ】
  5. 【五十肩】なぜ、仙腸関節の調整で肩の可動域が良くなるのか?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    筋間中隔を治療に応用させるための知識とは?…?

    筋間中隔を治療に応用させる知識とは…?From 山口拓也 埼玉…

  2. 山口拓也

    ラポール形成テクニック② オウム返しの重要性

    皆さんこんにちは ALLアプローチ協会代表の山口拓…

  3. ALLアプローチ協会

    股関節内転症候群と坐骨神経痛の症状・機能障害・治療までのご紹介

    【股関節内転症候群と坐骨神経痛について】皆さん、こんにちは。関…

  4. エネルギー療法

    頭蓋仙骨療法×経絡治療におけるエネルギーの活性化について

    頭蓋仙骨療法×経絡治療におけるエネルギー活性化についてfrom 山…

  5. ALLアプローチについて

    瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】

    瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】皆さん こん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. セルフメンテナンス

    施術の戻りを減らす、回復を進める糖質指導
  2. ALLアプローチ協会

    足揺らし操体×経絡治療!【全身調整テクニック】
  3. セルフメンテナンス

    【体質アプローチ】腸活の落とし穴 なんでもかんでも腸活でいいわけではない
  4. ALLアプローチ協会

    骨盤・膝周囲に影響を及ぼすアライメント・評価について
  5. 健康・体質・栄養

    東洋医学における季節の過ごし方と食の知識【春】
PAGE TOP