山口拓也

頸椎の重要性【筋膜・ジンクパターン・内臓治療との関連】

頸椎の重要性【内臓治療との関連・ジンクパターン】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
頸椎の重要性【筋膜・内臓治療との関連・ジンクパターン】
というテーマでお伝えしていきます。

【ジンクパターンについて!】
頸椎を治療するうえで、ジンクパターンが何かを知っているかは必須です!

ジンクパターンとは、

アメリカのゴードン・ジンクという方が

筋膜の研究をする中で、体の歪み方には一定のパターンがあることに気付きました。

これを「ジンクパターン」と言います!

ジンクは、代償性パターン非代償性パターンの2種類があります。

代償性パターンは、交互にねじれますが

非代償性パターン(筋膜)は、変化がなく同じ方向にねじれます。

8割は代償性のパターン(筋膜)と言われております!交互性とも言われてもいますね。

代償性パターン(筋膜)は、病気やストレスに対して耐性が強いと言われております。

非代償性パターンは、疲れやすく内臓機能が低下し回復も遅い。ストレス耐性も弱いと言われております。

このような、パターンは日々の生活習慣から生じてしまうので非代償性パターン(筋膜)をとる生活をやめる必要があるということですね。

【ジンクパターンを頸椎治療に活用?】
例えば、頸椎のずれが起こると腰椎でバランスをとるという特徴があります!

C1の調整しかしない先生もいるくらいですからね。

C1→L5、C2→L4 C3→L3などで調整を行っているので、C1の治療がL5に影響することができるのでぜひ、治療に活かしてみてください!
(実際のジンクパターンの言われ方とは違います!)

他の使い方としては、頸部や胸郭、腰部、骨盤の筋膜治療をする際にどのようなねじれがあるのか把握すること

も大切です!左右どちらのねじれがあるのかを意識するだけで、筋膜リリースをする際にどのベクトルに圧を入

れるべきなのかが分かります。このねじれが筋膜を治療する際の圧の方向性が決まりますので!

では………

私が良く治療で使う筋肉を紹介させて頂きたいと思います!

・後頭下筋……C1の調整にもなり腰痛治療にも使う。他にも脳脊髄液の循環改善にも!

・斜角筋……前・中・後斜角筋があり上部頸椎にあり腕神経叢の通り道でもありしびれとも関与している。また、斜角筋の治療により上肢の痺れだけでなく下肢への痺れ改善にもつながることが臨床上多く見られています。

・胸鎖乳突筋……頸部では、とても大きい筋肉であり頸部の動きに非常に関与している。しびれや肩こり、腰痛などの影響は大きいですね。他にも、側頭骨の動きを制限して1次呼吸を阻害させたり(副神経支配でもありますし)自律神経にも大きく影響させる筋肉です!

他にも、僧帽筋や板状筋、広頚筋、顎二腹筋、頸長筋などいろいろありますが、割愛させて頂きます。もちろんここも治療しますよ!

【頸椎と内臓治療との関連について】
頸椎には、内臓との関連が強いので

そこを紹介させて頂こうと思います!

C1→心臓
C2→右肺
C3→左肺
(セミナー団体によっては、C1と教えることもありますので反応する方で行うのが良いと思います!)
C4~7→横隔神経支配(盲腸や上行結腸など)

 

本日の記事はこれで以上となります!
毎日このような内臓治療や筋膜治療のメルマガ配信しておりますので、ぜひご登録お願い致します。

【前回の復習はこちらから↓】
大腸・小腸の役割 経絡治療
https://goo.gl/RMAech

【治療の関連記事はこちら↓】
カーフサインって知っていますか(内臓の関係)
https://goo.gl/qRTbpg

手と足のアーチについて
https://goo.gl/iPjVMT

それでは、また明日!
山口 拓也

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内
いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
以下がセミナー詳細です! 

心理学×栄養学セミナー開催致します!
栄養学と心理学の資格取得者でもあるセラピストが数百万円をかけて学んだ心理学や栄養学の知識・技術を同時に学べます。

ALLアプローチ協会

ピックアップ記事

  1. 頭蓋仙骨療法 セラピストが行う蝶形骨リリースの重要性について 
  2. 【五十肩】肩外転の痛みで、圧倒的な結果を出せる筋膜・経絡治療とは?
  3. なぜ、背中の痛みが内臓治療で改善するのか?
  4. 肝臓治療における「五行色体表」の活用
  5. 股関節内転症候群と坐骨神経痛の症状・機能障害・治療までのご紹介

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    横隔膜の重要性【内臓との関連、可動力、作用】

    横隔膜の重要性【内臓との関連、可動力、作用】 皆さん こんにち…

  2. ALLアプローチについて

    セロトニンの幸せになる以外の効果とは?【幸せ‐腸‐効果‐ストレス軽減】

    幸せを感じるホルモン出ていますか?【セロトニン‐腸‐効果‐ストレス軽減…

  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】逆流性食道炎に対するアプローチと思考方法

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  4. ALLアプローチ協会

    仙腸関節の調整力ともどりに圧倒的な違いを創り出すタッチのコツとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  5. ALLアプローチ協会

    【五十肩・肩関節拘縮】 結帯動作の可動域制限・痛みのワンポイント

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます…

  6. 理学療法士-作業療法士-セミナー

    内臓治療

    腎臓の解剖学的イメージと膜について

    おはようございますAllアプローチ協会 鈴木 正道です。本日も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    誰でも腸活って実は危ないこともある 小腸内細菌増殖症(SIBO) 後半
  2. ALLアプローチ協会

    便秘に対する7つの筋骨格・内臓・生活習慣アプローチとは?
  3. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】内臓と感情が肩こりへ与える影響
  4. 内臓治療

    骨盤底筋治療の重要性!【内臓脱、腹圧、痛みの関係性など】
  5. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 心臓アプローチに必要なイメージをより明確する
PAGE TOP