山口拓也

頸長筋を治療することによる劇的なメリットとは…?

頸長筋を治療することによる劇的なメリットとは…?

From 山口拓也
埼玉 越谷 治療院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
頸長筋を治療することによる劇的なメリットとは…?
というテーマでお伝えしていきます。

頸長筋を治療することがあまりないセラピストさんが多いので、今回は頸長筋について解説していきたいと思います‼︎

【頸長筋について】

まずは、頚長筋の解剖から解説させていただきますね‼︎

頸長筋は、まず3つの繊維に分けられるんです。

1垂直繊維部
(C2〜4の椎体前面と、C5〜TH3の椎体前面と結ぶ)

2上斜部
(環椎前結節とC3-5の横突起と結ぶ)

3下斜部
(C5-6頚椎の横突起と、Th1−3の椎体前面を結ぶ)

1〜3の繊維に別れることにより
頚椎は、分節的な運動を可能にしているわけです。(屈曲方向)
頚椎って上部と下部で長いですからね。

ちなみに、上斜部は前斜角筋の筋繊維と合流して第一肋骨に付着します。

前斜角筋と協調的に働くことで、胸郭前面へ抗重力屈曲作用が伝えられ頭部と胸郭が連結されます。

頸長筋は、インナーマッスル(コアマッスル)であり深層を走行しています。そして、アナトミートレインのディープフロントラインの繋がりか

ら頸長筋が働くことにより体幹部や股関節の屈曲を引き起こすことができます。

※アナトミートレインのディープフロントライン(深前線)を書かせていただきますね。
舌骨筋ー頭長筋/頸長筋ー前縦靭帯ー横隔膜ー腸骨筋ー後脛骨筋ー長趾屈筋

【頸長筋を治療するメリットは他に様々あります】

・喉頭挙上のスピードが上がり嚥下機能の改善につながる

・頚部可動域の改善につながる

・頚部痛・肩こりの改善につながる

・僧帽筋や胸鎖乳突筋、斜角筋の過緊張緩和などにつながる

 

【頚長筋は、肩こりとの関連も強い?】

そもそも、頚椎は生理的湾曲で前彎しており重力や衝撃を分散できる構造をしております。

その生理的湾曲を保っている1つの筋肉に頭・頚長筋と呼ばれる筋肉があります。

これらの筋肉が破綻してしまうと頚椎の位置関係が不良となってしまい徐々に頭が前にきてしまう。

 

そうすると、僧帽筋や広頚筋などが伸長位になってしまい負担がかかってしまい循環も悪くなりますよね。

あとは、頚長筋というインナーマッスルが働いていないとアウターマッスルである胸鎖乳突筋や僧帽筋が持続的に収縮状態となってしまいます。

頚長筋を働かせることにより、アウターマッスルの過緊張を防ぐことができるのも肩こり防止につながりますね。

 

【頚長筋の治療のポイント】

・胸鎖乳突筋と気管の間に手指を入れていきます

・やや深く入ったら手指を頚椎に向かって沈み込ませる

・頚椎前面に触れつつ緩めていきましょう

・頸動脈に触れないように注意しましょうね 拍動感じたら、触診が違います

・痛みもあるので、患者さんに事前にやる理由を説明しましょう

 

以上が頚長筋についてでした。

治療するメリットはものすごくありますので、ぜひ実践して見てください。

このテクニックは、当協会のプレミアムコースで紹介させて頂いております。

 

本日の記事は、これで以上となります。

最後まで記事を読んでいただき本当にありがとうございました。

山口拓也

 

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガを無料で配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内
いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
他にも様々なセミナーを開催しておりますので、セミナーご案内ページを見ていただけたらと思います。
以下がセミナー詳細です!

ピックアップ記事

  1. 【内臓治療】胸骨・縦隔・胸膜にアプローチ(肺・心臓のつながり)
  2. 「筋トレ」なんてしなくても筋力が上がる真実。
  3. 肝臓の解剖学的特徴「膜」
  4. スパイラルライン基礎~応用まで!アナトミートレイン! 
  5. 腕神経叢と胸郭出口症候群のしびれについて

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    浮腫に対しての内臓治療アプローチ

    浮腫に対しての内臓・筋骨格アプローチFrom 山口拓也埼玉 越…

  2. 内臓治療

    セラピストのための肝臓知識編!【作用 最初に治療すべき内臓】

      皆さんこんにちは!  ALLアプローチ協会代表の山口拓…

  3. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】逆流性食道炎に対するアプローチと思考方法

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  5. ALLアプローチ協会

    リハビリセラピストでも聞いたことがある経絡×筋膜×内臓治療について(経穴編)

    リハビリセラピストでも使える上肢経絡治療についてFrom 山口拓也…

  6. ALLアプローチ協会

    なぜ「咬筋」の治療が頭痛改善に繋がるのか?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛介入の新しい知見!~運動連鎖の視点から考える~
  2. ALLアプローチ協会

    骨盤・膝周囲に影響を及ぼすアライメント・評価について
  3. ALLアプローチ協会

    「朝起きると痛い…。」腰痛に打ち勝つ方法とは?
  4. セルフメンテナンス

    【栄養指導・たんぱく質 パートⅠ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識
  5. 渡会賢太

    【脊柱治療】脊柱の問題は脊柱にはない!?
PAGE TOP