山口拓也

4つのアームライン特集!!上肢の治療で必要な知識とは?【アナトミートレイン】

4つのアームライン特集!!上肢の治療で必要な知識とは?【アナトミートレイン】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

最近は、水のevianにはまっています。
皆様もぜひ健康的なのでおススメですよ!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
4つのアームライン特集(アナトミートレイン)
というテーマでお伝えしていきます。

【アームラインって何があるの?】
アームラインは、全部で4種類あります!浅層の2種類と深層の2種類です。
1つ1つのラインをご紹介していきますね!

1つ目:浅層フロントアームライン(スーパーフィシャルフロントアームライン SFAL)
(筋膜の流れはこちら↓)

大胸筋・広背筋→内側筋間中隔→前腕屈筋群→手根管

大胸筋や広背筋などなどの体幹筋の機能に異常があると末梢の前腕屈筋群の筋出力低下を招くので
上肢と体幹の関係性として覚えておくといいですね!

2つ目;浅層バックアームライン(スーパーフィシャル・バックアームライン SBAL)
(筋膜の流れはこちら↓)
僧帽筋→三角筋→外側筋間中隔→前腕の信筋群

僧帽筋と三角筋の関連性が高いので、三角筋部に痛みがある方はこのつながりで考察していみると良いかもしれませんね!
前腕の伸筋群の硬さが僧帽筋に悪影響を及ぼし慢性の肩こりになっている方非常に多いので、ぜひ覚えておいてください! 

3つ目:深層フロントアームライン(ディープフロントアームライン DFAL)
(筋膜の流れはこちら↓)

小胸筋→上腕二頭筋→橈骨骨膜→母指球筋となっております!

ディープフロントアームラインは、手の痺れなどに関与することが多いので
母指球筋や小胸筋の治療で私個人はよく使いますね!あとは、経絡治療で肺経を使ってディープフロントライン全体の治療なども行えますのでご参考にしてください!。

4つ目:深層バックアームライン(ディープ・バックアームライン DBAL)
(筋膜の流れはこちら↓)
菱形筋(肩甲挙筋)→ローテーターカフ(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)→上腕三頭筋→尺骨の骨膜→小指球筋

この筋膜のポイントは、肩のインナーマッスルが含まれていることですね!
肩の安定性を引き出すには、DBALが協調的に働いているかを判断する必要があるますので臨床の考察に役立ててみてください。あと、しびれ治療でもローテータカフ由来があるのでやりますね!

【まとめ】
臨床で使用する際は、末梢と中枢でこのようなつながりがあるので覚えておくと治療に活かしやすいですね!

筋膜と経絡の関係性も高いので、経絡治療を行いたい方は覚えておくといいですよ!

毎日このような記事を配信しておりますので、ぜひメルマガ登録よろしくお願い致します!

ユーチューブもやっておりますのでそちらも確認していただければと思います。

 

それでは、また明日!
山口 拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. プレミアムコース6日目エネルギー治療 受講生の声
  2. ストレス・重だるさに対する治療アプローチについて
  3. 【内臓治療】大腸の調整がたった3分で出来る5つのポイントとは?
  4. 【脊柱管狭窄症】なかなか取りきれない痛みを改善させるには?
  5. 2018年新年あけましておめでとうございます!1年間振り返ってみました!

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【脊柱管狭窄症】排泄システムが腰痛の原因となっている人の特徴とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。…

  2. ALLアプローチについて

    梨状筋症候群を改善するためのポイントについて

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

  3. 内臓治療

    視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】

    視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】ALLアプローチ協会代表…

  4. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?From 山口拓也埼…

  5. ALLアプローチ協会

    アイパターンについて

    こんにちは! ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。 いつも…

  6. 健康・体質・栄養

    解毒システムを理解して内臓調整に応用する

    こんにちはALLアプローチ協会 代表 山口拓也です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    ゴッドハンドの先生が言う「直観」って何?~脳科学的に解説!~
  2. ALLアプローチ協会

    魔法の脳内伝達物質エンドルフィンを治療に生かす方法とは・・・?
  3. ALLアプローチ協会

    【内臓セミナー事前学習】大腸の立体的イメージ・構造の理解を深める
  4. 内臓治療

    脾臓反射点~治療 生理学まで【脾臓₋反射点₋治療】
  5. ALLアプローチ協会

    内臓治療に活用できる脊柱内臓反射点を全公開
PAGE TOP