ALLアプローチ協会

筋間中隔を治療に応用させるための知識とは?…?

筋間中隔を治療に応用させる知識とは…?

From 山口拓也
埼玉 越谷 治療院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
筋間中隔を治療に応用させる知識とは…?
というテーマでお伝えしていきます。

筋間中隔を知っている方はほとんどだと思いますが臨床でどのように使用していますか?

今回が筋間中隔について書かせて頂きたいと思います。

 

以前こんなツイートをしました↓

【筋間中隔とは…?】

まず、筋間中隔とは何か?という定義の話をさせて頂きます。

定義は、さまざま言われているようですが「筋間中隔とは、上腕、大腿、および下腿部において、骨と最外側の筋膜に付着してその部位の筋肉をいくつかのグループに分けている結合組織生の隔壁」と表記されていることが多いです。

筋間中隔には、結合組織(筋膜)によって隔てられているため非常に癒着が起きやすい部位でもあります。

癒着により滑走障害を引き起こし可動性低下、筋出力制限や分離収縮不全(互いの筋肉の作用を邪魔し合う。上腕二頭筋と三頭筋など)、血行障害などを引き起こします。

 

【筋間中隔の例とは?】

上腕の屈筋と伸筋の様に対立した筋間中隔を2つ紹介させていただきます。

1つ目は、内側上腕筋間中隔です。

内側上腕筋間中隔とは、内側筋間中隔の内側端は上腕二頭筋の内側縁に続き内側二頭筋溝と言います。

ここは、正中神経と上腕動脈が走行します。後方では、尺骨神経です。

ここは、スーパーフィシャルフロントアームラインの一部でもあります。

(スーパーフィシャルフロントアームラインとは?)
・流れ
鎖骨の内側3分の1・肋軟骨・胸腰筋膜・大胸筋・広背筋・上腕骨内側縁・内側筋間中隔・上腕内側上顆、手根屈筋群、指の掌側面
・機能
上肢の位置の制御 体幹の姿勢制御 下肢ー体幹の力を手部に伝える

 

 

2つ目は、外側上腕筋間中隔です。

外側上腕筋間中隔には橈骨神経が存在する。

ここは、スーパーフィシャルバックアームラインです。

(スーパーフィシャルバックアームライン)
後頭骨稜・項靭帯・胸椎棘突起・僧帽筋・肩甲棘・肩峰・鎖骨外側3分の1・三角筋・上腕骨三角筋粗面・外側筋間中隔・上腕骨外側顆・手根伸筋群・指の背側面

 

 

【他にも癒着、滑走障害が起きやすい部位があるの?】

●例

・内側ハムストや大内転筋同士の滑走障害

・中臀筋や大臀筋の境目

・大腿四頭筋と外側広筋の境目

・腸脛靭帯と外側ハムの境目

・腓骨筋と腓腹筋の境目

・大臀筋と他の周囲の筋の境目

 

【まとめ】

筋間中隔は、非常に滑走障害や血行不良が起きやすい部位でもあり治療すべきアプローチポイントです。

アクティブでもリリースすることができますので、ぜひアプローチしていただければと思います。

ALLアプローチ協会でも筋膜アプローチセミナーを開催していきますのでぜひ楽しみにしておいてください。

 

本日の記事は以上となります。

ご興味あればユーチューブチャンネル登録やメルマガ登録よろしくお願い致します。

もしよければ、FBなどでいいねやシェアをしていただければと思います。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 体液循環システムの治療「リンパ液」
  2. 酵素栄養学(有給休暇消化酵素?)
  3. 仙腸関節アプローチ・テクニックの重要性について
  4. 【骨格・筋膜調整】足部アライメントを調整して結果を出す考え方
  5. 内臓治療に活用できる脊柱内臓反射点を全公開

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    腰痛といえば、腸腰筋アプローチ(触診・機能・役割)

    from 山口拓也整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協…

  2. 健康・体質・栄養

    解毒システムを理解して内臓調整に応用する

    こんにちはALLアプローチ協会 代表 山口拓也です…

  3. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法における縫合・頭蓋骨の知識 パート②

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

  4. ALLアプローチ協会

    チャクラから考えるパワーストーンについて

    ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。いつも私…

  5. 内臓治療

    内臓・経絡・経穴と大腰筋の調整

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  6. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?From 山口拓也埼…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】腎臓の治療効果が最大化する3つのポイントとは?
  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療を患者様から怪しまれずに上手く説明するには?
  3. ALLアプローチ協会

    触診の達人になるための「タッチのコツ」【内臓治療等で重要なタッチとは?】
  4. ALLアプローチについて

    大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】
  5. 山口拓也

    ラポール形成テクニック① なぜ、苦手な患者さんに対応できないのか?
PAGE TOP