ALLアプローチ協会

絶対知っておきたい耳鳴り治療で必要となる知識とアプローチ部位

 

みなさん、こんにちは。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。

 

本日も当協会の公式ブログをお読みいただきありがとうございます。

 

本日もセラピストや治療家の皆さんに臨床で使えるヒントやアイデアをお伝えしていきますね。

今回のテーマは『耳鳴りとそのアプローチ方法』です。

 

私は過去に耳鳴りに悩まされていた時期がありました。

その経験も踏まえて、本日は耳鳴りついてシェアさせていただきたいと思います。

 

まず最初は簡単に耳の構造からご説明させていただきますね。

 

耳は外耳・中耳・内耳の3つの部位で構成されています。

 

外耳

耳介で音を集め、その音を増幅させる外耳道を通り、鼓膜を振動させ中耳に伝えます。

 

中耳

外耳道から入ってきた音波を骨振動に変え内耳に伝える役割があり、鼓膜、鼓室、耳管で構成されています。

鼓膜が振動すると、鼓膜に付着している耳小骨(槌骨・砧骨・鐙骨)がてこの原理で鼓膜の振動を約3倍に増幅させ内耳の蝸牛に伝えます。

 

内耳

内耳は聴覚を担当する蝸牛と平衡感覚を担当する前庭(卵形嚢・球形嚢・三半規管)で構成されています。

それぞれ構造の中にはリンパ液が入っています。

かたつむりの形をした蝸牛には、鼓膜と耳小骨から音波振動を電気信号に変える役割があります。

また前庭には身体の垂直運動を感じる働きがあり、三半規管には身体の回転運動を感じる役割があります。

ここまでが耳の構造の簡単なおさらいです。

 

次は、耳鳴りに関して説明していきますね。

 

耳鳴り

 

耳鳴りは聴力が低下し、聞こえなくなった周波数の音が聞こえるものです。

つまり、今まで聞こえていた音が耳鳴りとなって聞こえるのです。

 

キーンという音は、加齢とともに耳の機能が衰えると聞こえやすい音。

ジーは突然耳の聞こえが悪くなる突発性難聴などで起こりやすいと言われていますが、実際のところは加齢でもジーとなる方はいますし、突発性難聴でもキーンと感じる方もいます。

 

まれに人によってはボーという低い音の耳鳴りを感じる方がいます。

これは、めまいやメニエール病などの病気で聞こえやすく、また低音部が聞こえにくくなる前兆です。

 

耳鳴りの原因

 

耳鳴りは加齢だけではありません。

長時間デスクワークによる肩こり、眼精疲労、睡眠不足、高血圧などによって耳への血流が悪化して症状が出ます。

また、耳を使う音楽関係の人や、常に大音量で音楽を聴く、またワイヤレスイヤホンによる電磁波障害などによっても首周囲の血行が悪くなって耳鳴りがすることもあります。

 

つまり原因はストレスの負荷による血流障害です。

交感神経の緊張がこれらを生み出します。

 

一時的なものは血流をよくすると改善します。

頸部から耳の後ろには頭部に血液を送る太い動脈が通っているため、そこの血流の流れを良くすると、内耳の血流量がUPしますので改善します。

 

しかし慢性的な耳鳴りは脳の視床で音を記憶してしまっている可能性がありますので、改善が難しいことがあります。

私の経験では、一年以上毎日耳鳴りがある人は改善率が低いように感じます。

 

また耳鳴りの特徴ですが、

耳鳴りは一生懸命何かを取り組んでいるときは気にならないのですが、緊張がほぐれた時、特に夜寝る前に聞こえやすくなります。

耳鳴りはあまりに神経質になると、眠れなくなり、身体に悪影響を及ぼします。

耳鳴りは改善しづらい症状ですが、「受け入れる」というスタンスを持ってもらうことが非常に重要です。

なぜなら耳鳴りの患者さんは耳鳴りを追いかけて耳鳴りを探そうとしてしまうからです。

耳鳴りが鳴っている時間帯を探すのではなく、耳鳴りが鳴っていない時間を見つけてもらうなどのアドバイスは必要になってきます。

ここまでが耳鳴りの原因に関してです。

 

そして、ここで私の耳鳴り経験をお話させてもらいますね。

私が過去に耳鳴りに悩まされていましたが、当時を思うと身体的・精神的ストレスが非常に大きかったように感じます。

特に上司から様々な指導や注意を受ける日々が続いている日に耳鳴りが大きかったです。

そのような経験から私は「もう聞きたくない」という感情も耳鳴りを生み出しているのでは?と考えました。

実際に耳鳴り患者さんに多い職業に挙げられるのが、

クレーム処理係

コールセンターの職員

毎日上司から叱責を受けている人

など、自分が聞きたくないことを聞かされている環境下で働いている人です。

 

少し抽象的な話にはなりますが、こういった人たちは「聞きたくない情報を自分の耳鳴りで打ち消しているのです。耳鳴りを強くすることで、嫌なことを聞こえなくしよう」としているのです。

ですから、耳鳴り患者さんに対応する際は、過去の出来事を聞いて、上記のような出来事はなかったかどうかを聞き、感情的アプローチも必要になってきます。

 

 

耳鳴りにおいてアプローチするポイント

 

筋骨格系アプローチ

頭頸部の血流改善や硬膜調整の目的

咬筋

顎二腹筋

側頭筋

胸鎖乳突筋

僧帽筋

小胸筋

頚椎・胸椎

仙腸関節 etc

 

頭蓋・内臓アプローチ

腎臓

肝臓

側頭骨

蝶形骨

頭蓋骨の各種縫合 etc

 

経絡アプローチ

三焦経

胆経

これらの経絡は耳周囲を走行しています。

腎経

東洋医学における腎臓は耳鳴りと関係します。

肝系

東洋医学における肝臓は耳や目と深く関係しています。

これらが耳なりで私がアプローチする場所です。

 

あとは日常生活でのアドバイスとしては、

耳鳴りを探さない。

入浴をする。

添加物や小麦、砂糖を控える。

などですね。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

では、本日はこれで以上となります。

 

本日も当協会も公式ブログをお読みいただきありがとうございます。

 

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

「いいね」と思ったらFB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. (内臓治療)膵臓のアプローチを解剖・発生から考える【内臓調整】
  2. 副腎の機能・治療【内臓治療‐ストレス‐カーフサイン】
  3. 【仙腸関節】仙腸関節アプローチの応用的視点
  4. スパイラルライン基礎~応用まで!アナトミートレイン! 
  5. 【筋膜×運動連鎖】階段昇降時の膝痛に肩のある筋肉が原因となる新事実とは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    治療後に違うところが痛くなることの真実と対応方法

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  2. ALLアプローチ協会

    肩こりアプローチ 肘・手首による影響について

    from 山口拓也自宅 デスク よりいつもAL…

  3. 健康・体質・栄養

    子宮アプローチを自分で考えられるようになる【解剖学的特徴】

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  4. ALLアプローチについて

    肝臓治療における「経絡アプローチの実践」

    おはようございます。  オールアプローチ協会  鈴木正道です。…

  5. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】多角的な肩こりに対するアプローチ(姿勢の観点)

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【栄養指導】便秘や精神不安定に対する患者様指導 マグネシウム実践編‼︎
  2. ALLアプローチ協会

    脳が関与するストレス連鎖反応 パート②(HPA軸・コルチゾール)
  3. ALLアプローチ協会

    【節約術】セミナーで最大限に学習するためのコツ、効率のいい学習方法
  4. 山口拓也

    ディープフロントライン(DFL)基礎・基本 アナトミートレイン 治療の応用まで!…
  5. ALLアプローチ協会

    内臓機能アップ!セルフメンテナンス特集(内臓編)
PAGE TOP