ALLアプローチ協会

緊張性頭痛に対するアプローチポイント・思考方法

おはようございます。

All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も当協会のメルマガをご覧いただきありがとうございます。

今日は

理学療法士、作業療法士、柔道整復師の方々へ向けて

頭痛と本気で戦うシリーズ【アプローチ編】について

お伝えしたいと思います。

 

 

前回の【基本編】では

頭痛の種類について

一次性頭痛

二次性頭痛

 

一次性頭痛では

緊張型頭痛と片頭痛の詳細について

 

二次性頭痛では

病気とリスクについてお伝えさせていただきました。

 

今回は

緊張性頭痛に対するアプローチポイントと思考方法を

お伝えしていきたいと思います

【緊張性頭痛】

アプローチポイント

筋骨格系:

・頭蓋仙骨リズムの調整

・バックラインの筋・筋膜調整

→特に後頭下筋群と仙骨レベルで多裂筋、大殿筋の筋連結部分で

筋硬結があると頭蓋仙骨リズムを阻害しやすいため注意が必要。

 

・ポイント1:ディープフロントラインとバックラインの分離

ハムストリングスの短縮があるケースでは、骨盤は後傾アライメントを取りやすく

胸椎の屈曲に対して頭部の前方変位

頸椎前湾を増強しやすく、

後頭下筋に対して緊張状態を作りやすい。

特にデスクワーカーでハムストリングスの伸長性が低い場合は

仙骨座りを取りやすい。

 

ディープフロントラインである内転筋・大腰筋は

バックラインである内側ハムストリングスの影響を受けやすい。

→大内転筋は内側ハムストリングスと癒着を起こしやすいためチェックが必要。

→大腰筋はハムストリングス近位部と協調関係にあるため大腰筋の固さは

ハムストリングスの伸長性低下につながり、

反対に、ハムストリングスの伸長性の低下は大腰筋の機能低下につながりやすい。

結果、仙骨すわりを作りやすい。

 

このハムストリングスの不調を起こすという部分に着目すると、

ディープフロントラインに含まれる膝窩筋にポイントがあります。

 

膝窩筋は下腿で後脛骨筋と連結し、

膝関節包を介して内転筋に連結していきます。

 

下腿の回旋に関与するという意味ではハムストリングスとの

協調関係もありますが、

内転筋との緊張関係もディープフロントラインの可動性に影響しやすくなります。

 

膝窩筋は忘れられやすく(私の感覚かもしれませんが)

下肢のディープフロントラインに影響しやすい部分なので、

歩容や膝の症状と一緒に緊張性頭痛が改善しない方も多いので

下腿後面・膝関節後面の緊張や痛みを緊張性頭痛と一緒に持っている方は

チェックが必要となりますので覚えておいてください。

 

 

ポイント2:DFLと頭部筋

頭痛を訴える部位は様々ですが、

主に後頭部痛・前頭部痛・側頭部痛がありますが、

後頭部痛・前頭部痛にはバックラインの調整

側頭部痛にはディープフロントラインとラテラルライン

の調整が必要となります。

 

中でも咬筋・内側翼突筋・側頭筋・顎二腹筋が

ディープフロントラインというのは注目ポイントです。

 

緊張性頭痛だけでなく、片頭痛も併発する方にはこの

側頭筋や咬筋・内側翼突筋が三叉神経に影響を与えやすいため

体幹・頚部・頭部のアライメントを整えることが重要となります。

 

先ほどもバックラインとディープフロントラインの癒着による

姿勢変化の話をさせていただきましたが、

頭部や顎関節・舌骨のアライメント異常は

上行性運動連鎖の結果であることが多いため

頭部だけの修正にならないよう全身的な評価が必要となります。

 

あえて頭部で必要性を上げるのであれば、側頭骨に付着している

筋の筋硬結を丁寧にアプローチしてみましょう、

緊張性頭痛でも片頭痛でも側頭骨内側に三叉神経節がある関係もあり、

側頭部痛を発症しやすい方には効果を出しやすいです。

 

 

ポイント3:経絡ライン

腎経:ディープフロントラインの柔軟性だけでなく、

   胸肋関節・胸鎖関節の柔軟性に関わり、心臓・リンパ系の循環に関わる。

 

膀胱経:バックラインの柔軟性だけでなく、

    肋椎関節の柔軟性に関わり、交感神経節の循環・柔軟性に関与

 

胃経:フロントラインの柔軟性に関与し、

   頚部前面筋の柔軟性、顎関節・上顎骨のアライメントに関与。

   後頭下筋群の短縮に対して前方でアライメントを崩しやすいためチェックが必要。

 

 

内臓:

肝臓:肝臓は腹腔内で主に右に位置し、その容積から循環不全によって重量を増し、

   体幹を右側屈・胸椎右回旋させ頭部・肩甲帯のアライメントへ影響する。

 

心臓:心臓はディープフロントラインを介して蝶形骨・後頭骨への影響が強い。

   左の頚部・肩甲帯のアライメント・筋緊張にも影響する。

 

 

【緊張型頭痛まとめ】

緊張型頭痛に関しては姿勢、筋骨格系・内臓系の影響が強くなると

症状が出現しやすくなります。

姿勢に関してはメンタル面の影響も受けやすいため

メンタル面に対して経絡調整や内臓調整も必要となってきます。

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日も一日良い時間をお過ごしください。

鈴木 正道

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】
  2. 頭痛と本気で戦う【インナーアプローチ編①】
  3. 【大腿骨頸部骨折】筋膜リリース なぜ足部と下腿を治療する必要があるのか?
  4. 魔法の脳内伝達物質エンドルフィンを治療に生かす方法とは・・・?
  5. 酸化したくない人この指とーまれ

関連記事

  1. セルフメンテナンス

    【血管アプローチ】毛細血管が消えてしまう2つの理由

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    しゃがみ動作での膝の痛みを改善させるには?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます…

  3. 筋骨格系

    【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みへの対策~動作・活動レベル編~

    ALLアプローチ協会 スタッフの渡会です。本日も当協会の公式ブログ…

  4. ALLアプローチ協会

    栄養学プロフェッショナル認定コース

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 健康・体質・栄養

    【小腸インナーアプローチ】小腸内細菌増殖症SIBO 原因と対応策に関して
  2. ALLアプローチについて

    浅層フロントライン(SFL)&浅層バックライン(SBL)
  3. 健康・体質・栄養

    グルテンがあなたの患者さんの治りを妨げている!?
  4. エネルギー療法

    【超上級者向け】写真を使って離れた場所にいる人の遠隔治療
  5. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みへの対策~実技編~
PAGE TOP