ALLアプローチ協会

肝臓治療における五行の活用「相生」「相克」

おはようございます。 
 
オールアプローチ協会  鈴木正道です。
 
 
 

 

シリーズとしてお伝えしている西洋・東洋の視点における肝臓治療の第四回は 

東洋医学的視点における五行の活用「相生関係」 「相克関係」についてです。
 
 
今日は内臓治療をする上で、アプローチの幅を広げる五行の考え方について説明させていただきます。
 
 
五行説とは、自然界に存在するあらゆる物の性質を【木】【火】【土】【金】【水】の5つに分類した考え方です。
 
 
木(もく) :草木が芽を出すような生命の始まりを意味する。  対応臓腑=陰:肝 陽:胆
 
火(か) :燃える火を意味する。     対応臓腑=陰:心 陽:小腸
 
土(ど) :万物を育む大地を意味する。   対応臓腑=陰:胃 陽:脾
 
金(こん) :金属の硬さや純度の高さを意味する。    対応臓腑=陰:肺 陽:大腸
 
水(すい) :地中に存在して万物を生み出す源泉となる湧水を意味する。   対応臓腑=陰:腎 陽:膀胱
 
 
これらの性質はお互いに「相性関係」と「相克関係」という関係性によって、お互いに助け合い抑制する関係にあります。
 
お互いが助け合い・なだめる関係性をつくることで陰陽のバランスを維持し、全体のシステムを整えることができます。
 
注意しなければいけないのは相克するからといって押さえつけるのではなく、なだめることで適切な状態に戻すといったイメージであることです。
 
この相生・相克関係の考え方を使うことで、肝臓に固さや・動きの悪さがあるからといって肝臓のアプローチしか思いつかない思考過程から脱却することができると思います。 
 
この相性・相克の関係性を内臓アプローチに応用する考え方を動画で説明させていただいておりますのでご覧ください。
 
 
 
 追伸
 
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会
 
公式メルマガにて配信しております。
 
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓
理学療法士-作業療法士-セミナー
 
セミナーのご案内
 
いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!

心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!

テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。

以下がセミナー詳細です!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【大腿骨頸部骨折】下肢の振り出し時の重量感改善に有効な筋について
  2. 元リハビリセラピストがおススメするミネラル特集【栄養学】
  3. 【内臓治療】アレルギーに対する内臓アプローチの思考方法
  4. 細菌と血液の質が、自己治癒力を高める
  5. 腸内細菌について

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    触診を磨きたいあなたへ 触診の極意「イメージ力」

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善させる方法~後頭下筋~

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  3. ALLアプローチ協会

    腸脛靭帯炎の痛みを8割以上改善させる!?マル秘必勝法を公開!

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  4. ALLアプローチ協会

    【疾患別・自律神経】便秘に対するセルフメンテナンス

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    理学療法士が身につけておくべき栄養指導に必要な栄養学(マーガリン編)
  2. メンタルアプローチ

    ストレス軸に対する頭蓋・内臓アプローチ
  3. ALLアプローチ協会

    浮腫を治すために必要なアプローチとは???【浮腫の治療について】
  4. ALLアプローチ協会

    【腰痛】【痺れ】下後鋸筋と腰痛・痺れの関連性
  5. ALLアプローチ協会

    足揺らし操体×経絡治療!【全身調整テクニック】
PAGE TOP