ALLアプローチ協会

肩こりアプローチ 肘・手首による影響について

 

from 山口拓也
自宅 デスク より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

本日は、
「肩こりアプローチ 肘・手首の影響」
というテーマでお話をさせて頂きます。

 

前回のメルマガでは、頸部や胸郭の話をしましたが

今回はその他の原因について書かせて頂こうと思います‼︎

案外、肩こりを治すアプローチって難しいんですよね。

少しでも参考にして頂けますと幸いです‼︎

【肩こりアプローチについて】

まず、手首や手掌から来る影響についてです。

肩こりといえば、僧帽筋や肩甲挙筋などを横断マッサージするイメージですが

それでは改善しない患者様は山ほどいます。

それは、手掌がトップメジャー(主要問題点)の場合です。

 

これはなぜか・・・?

そもそも、

肩こりの定義は僧帽筋エリアに生じる

「こり感」だったり「重だるさ」

などです。

だからこそ、僧帽筋周囲をほぐせばいいという訳ではありません。

そこで考えるのが手掌や肘関節からの影響です‼︎

 

なぜ、肩の問題なのに

それ以外をアプローチするのか?

 

それは、筋膜は繋がっているからです。

他の言い方でいえば、人間の体はテンセグリティー構造になっているからです。

簡単にいいえば、全身は繋がっているってことですよ(笑)

 

※テンセグリティー構造とは?
身体は、歪みを局部に集中させることなく全身に分散できるように設計されている

 

肩こりで問題になるのが、手掌の母指球筋が肩こりの原因になることは良くあることです。

最近は、パソコンやスマホの使用で非常に

母指球筋を使う頻度が増えたために母指球筋の筋硬結から

肩こりになる患者様が非常に増えました。

 

母指球筋といえば、ディープフロントアームラインに入っています。

※ディープフロントアームライン(DFAL)とは?
小胸筋→烏口突起→上腕二頭筋・上腕筋・鳥口腕筋→橈骨骨膜→母指球筋

このDFALは、小胸筋で硬くなるか? 母指球筋で硬くなるのか?と言うケースが

非常に多く感じる。

そして、母指球筋でも最も筋硬結ができる場所として

大菱形骨の場所をしっかりリリースして頂きたいです。

ここは、4つの筋肉(母指球筋)のうち3つ(母指内転筋以外)が起始する場所です。

でも、大菱形骨・小菱形骨・舟状骨の場所は全てリリースして下さいね。一番硬くなりやすいのは、大菱形骨です。

 

母指球筋が硬くなる→DFAL硬くなる→小胸筋が引っ張られ胸郭全体制限がかかる・猫背のアライメントになる→僧帽筋周囲は伸長され肩こり

その他も 肩甲骨の外転筋の短縮、内転筋の伸長 肩関節の内旋筋の短縮、外旋筋の伸長となる

 

と言う流れで肩こりにつながるのでぜひ母指球筋のアプローチが必要ですね。

アプローチだけでなくての過度な仕様も控えるように指導しておきましょう。

 

【肘からくる肩こりの問題】

その他にも肘からくる肩こりのパターンもめちゃくちゃ多いです。

そもそも、肘関節は肩関節と手関節の間にありますし

肘関節の頭骨頭のアライメント不良などが起こると

4本のアームライン全てに悪い影響が起こります。

骨がずれたら筋膜ラインが伸長するのは当たり前ですよね。

アームラインの4つは、全て肩こりの原因となるのですが

肩こりに関係する知ってほしいラインは

スーパーフィシャルアームライン(SFAL)です。

このアームラインは、浅層フロントラインですね‼︎

 

※スーパーフィシャルアームライン(SFAL)の構成
大胸筋・広背筋→内側筋間中隔→前腕屈筋群→手掌面の筋群

 

この筋膜ラインは、非常に短縮しやすく

大胸筋や広背筋の短縮により巻肩傾向になる。それからくる肩こりにもなりますね。

このラインの中で最も硬結が起きやすいのは、前腕屈筋群が起始する

内側上課の場所です。具体的に言うと内側上課の少し下ですね。

これは、前腕屈筋群が起始する場所で

手を使う人は非常に硬結ができています。

ここのアプローチは必須になりますね。

出ないと、大胸筋や広背筋の短縮がいつまで立っても治らないということ

になりますよ‼︎

 

本日は最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。

少しでも臨床のヒントになると嬉しいです。

もしよろしければ、FBやツイッターでシェアやリツイートしていただけると励みになります。

一般社団法人 ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 内臓治療VS頭蓋仙骨療法 どちらが効果が高い・・・?
  2. セラピストは、どの治療テクニックから学べばいいのか?
  3. 内臓治療をやる上で重要なイネイトインテリジェンスについて
  4. 【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善させる方法~後頭下筋~
  5. 【五十肩】肩挙上最終域の痛みに関係の深い筋膜・内臓・頭蓋骨とは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    スパイラルライン基礎~応用まで!アナトミートレイン! 

    スパイラルライン基礎~応用まで!アナトミートレイン!皆さん こんに…

  2. ALLアプローチ協会

    筋膜リリースの前に知って欲しい知識とは…?

    筋膜テクニックに必要な解剖生理学を解説。From 山口拓也埼玉…

  3. ALLアプローチ協会

    筋間中隔を治療に応用させるための知識とは?…?

    筋間中隔を治療に応用させる知識とは…?From 山口拓也 埼玉…

  4. 山口拓也

    腸腰筋を治療することで得られる数多くのメリットとは…?パート①

    腸腰筋を治療することで得られる数多くのメリットとは…?From 山…

  5. ALLアプローチ協会

    視力・老眼に対する内臓・頭蓋仙骨療法・筋膜アプローチ 総まとめ

    視力・老眼に対する内臓・頭蓋・筋膜・経絡アプローチ総まとめfrom…

  6. ALLアプローチ協会

    大腸の解剖学的特徴(トルツ筋膜ってなんだ?)

    おはようございます。Allアプローチ協会 鈴木 正道です。&n…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    十二指腸 内臓治療編 【テクニック・内臓治療・マニュピレーション】
  2. ALLアプローチ協会

    腰痛といえば、腸腰筋アプローチ(触診・機能・役割)
  3. ALLアプローチ協会

    下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ
  4. 健康・体質・栄養

    子宮アプローチを自分で考えられるようになる【解剖学的特徴】
  5. ALLアプローチ協会

    スパイラルライン基礎~応用まで!アナトミートレイン! 
PAGE TOP