ALLアプローチ協会

肩こり(五十肩・四十肩)に対する内臓アプローチ トップ3

肩こり(五十肩・四十肩)に対する内臓アプローチ

From 山口拓也
埼玉 越谷 整体院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
肩こりに対する内臓アプローチ
というテーマでお伝えしていきます。

 

皆さんは、肩こりに対してどのようなアプローチをしていますでしょうか?

筋膜や骨格でのアプローチが多いのではないでしょうか?

もちろん筋膜リリースや骨格調整も重要ですが、内臓治療をしないと取りきれな患者様は非常に多いです。

 

なぜなら、内臓体性反射があるので

内臓自体が皮膚・血管・筋肉に影響しているからです。

昔、解説しているのでぜひご覧ください↓

 

では、どの内臓治療が肩こりに必須なのかを解説していきますので

ぜひご覧ください。

 

【肩こりに対する内臓治療一覧】

まず、右側と左側の肩こりでアプローチすべき

内臓が変わってきます。

 

右側から解説していこうかなと思います。

せっかくだから、優先順位が高い内臓から紹介していこうきましょう。

 

1位:肝臓治療&胆のう治療(胆のうはセットみたいなものなので同時に紹介)

肝臓は、右側の肩こりを引き起こす原因として最も行う頻度は高いですね。

これを見ている人は知っている方も多いのではないかと思います。

肝臓・胆のうと右肩周囲の筋肉は神経がつながっているとされています。

エビデンス的には、大胸筋との関連が深いみたいですね。

肝臓は、うっ血しやすくて最も重い内臓なので肩関節のアライメントにも悪影響を引き起こすため要注意ですね。

「沈黙の臓器」とも呼ばれているので、患者様は肝臓疲労していることに気づかないので

ぜひアプローチしてください。

ちなみに胆のうですが、胆のうのアプローチをしないと肝臓治療をしても

肝臓の硬さが胆のうの影響で戻ってしまうこともあります。

肝臓治療するときは、胆のうもセットでやれるといいですね。

 

2位:腎臓

次は、腎臓ですね。

腎臓も肩こり・腰痛アプローチでは非常に重要となっております。

頚部側屈・伸展の可動域アップ・痛みの改善を狙いたいのであれば腎臓ですね。

腎臓アプローチのメリットはたくさんあります。

浮腫・高血圧・頭痛・かゆみ・だるさ・貧血・腰痛・肩こりなどなど色々関わりますから。

腎臓ぜひアプローチしてください。

 

3位:肺・大腸(上行結腸・横行結腸)・小腸・膵臓(膵尾)

3位以降は、症例によってバラバラなので右側の肩こりに関与する内臓を全て詰めさせて頂きました。

実際順位をつけるなら、3位は右肺ですね。

肺のアプローチは、慢性的な肩こり改善に繋がりやすい内臓です。

ここは肝臓・腎臓・肺のアプローチは見逃せないところなのでぜひご参考にしてください。

その次の順位は、膵臓かな・・・って感じですね。

 

左側の内臓治療は、動画にて簡単に解説しているのでぜひ↓

 

この記事が少しでも臨床のヒントになればと思います。

ぜひご参考にしていただければ幸いです。

本日の記事は以上となります。

最後まで読んで頂き誠にありがとうございました。

 

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【肩こり治療】多角的な肩こりに対するアプローチ(姿勢の観点)
  2. 苦手な人を無くす抜群の方法とは?
  3. 本物のセラピストになるために part1
  4. 細菌と血液の質が、自己治癒力を高める
  5. 1人で頭蓋仙骨療法・クラニオセイクラル 1次呼吸を自力で拡大

関連記事

  1. ALLアプローチについて

    ボクがALLアプローチ協会で伝えたいこと

    初めまして!ALLアプローチ協会サポート講師の加藤です。本日も…

  2. ALLアプローチ協会

    【変形性股関節症】股関節屈曲時の痛みを改善させる意外な筋肉とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありが…

  3. 山口拓也

    リハビリ 職に必要な手根管症候群に対して徒手治療について

    手根管症候群に対しての徒手治療について・・・From 山口拓也…

  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】心膜リリーステクニック セルフメンテナンス

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカル…

  5. 内臓治療

    コロナに負けない免疫力を上げる内臓ストレッチ

    皆さんいつもALLアプローチ協会で勉強していただき誠に…

  6. ALLアプローチ協会

    【五十肩】なぜ、仙腸関節の調整で肩の可動域が良くなるのか?

    【五十肩】なぜ、仙腸関節の調整で肩の可動域が良くなるのか?From…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    重度の変形性股関節症にも有効なある筋肉とは?
  2. ALLアプローチ協会

    骨盤の評価方法【筋膜・骨盤治療の重要性・内臓との関連】
  3. ALLアプローチ協会

    眼精疲労に有効な筋・関節・頭蓋アプローチについて
  4. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法を治療する際の順番
  5. ALLアプローチ協会

    仙腸関節の調整力ともどりに圧倒的な違いを創り出すタッチのコツとは?
PAGE TOP