ALLアプローチ協会

肺治療の効果を倍増させる5つの方法とは?

 

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします!

 

今回は、

「肺治療の効果を倍増させる5つの方法とは?」

というテーマでお話していきます。

※治療部位を細かく動画で紹介しています↑↑

肺の治療を、

皆さんは臨床でされていますかー?

肺と言うと、

かなり大きな臓器であるため、

直接治療しようとなると、

「どこから治療したらいいんだろう?」

「時間がかかるな~。」

「あまり治療しても大きな変化がないしな~。」

と、

あまり臨床で治療をしない方も多いかと思います。

私自身も、

昔はそれほど重要視はしていませんでしたし、

上手く治療が出来なかったので、

それほどアプローチする機会は少なかったです。

 

しかし、

肺が原因で、

首・肩痛、腰痛などを引き起こしていたり、

循環や排泄に関わる臓器でもあるため、

自律神経障害や症状の根本的な原因として、

やはり、

肺を診ていくことは、

臨床上重要になってきます。

 

では実際の臨床で、

肺を効率よく、そしてより治療効果を出すための、

治療のポイントを、

5つご紹介いたします。

 

【評価】

まず治療のポイントの前に、

評価のポイントもおさらいします。

肺は、

上・中・下葉

にまず区分してみていきます。

その中でも、

特に硬さを感じる部分はどこなのか?

それを診ていきます。

実際に触診をしながらでも良いです。

イマイチわからない方は、

反射点で診ると良いです。

肺の反射点は、

鎖骨と第1肋骨の間の部分です。

胸骨側に硬さや圧痛がある場合は、

上葉や気管支に硬さがあることが予測され、

鎖骨の中央は中葉。

上腕骨側は下葉。

といった傾向があります。

 

以上の評価から、

肺のどの部分が最も硬さがあるのか?

そこをしっかり評価してから治療に臨みましょう!

 

【治療】

  肺経

最も私が治療で使うのが、

「肺経」です。

特に、

肺経の「井穴(せいけつ)」と呼ばれる、

いわゆるツボがあるのですが、

その部分をマッサージするだけでも、

肺の治療効果は倍増します。

肺の井穴の場所ですが、

母指の爪の際(外側)になります。

経絡の流れをしっかりと理解して、

経絡を揺らしていくようなアプローチや、

エネルギー治療が出来る方は、

肺から母指に向けてエネルギーを流していくことで、

さらに治療効果は上がっていきます。

 

  鎖骨と第一肋骨の間

肺の反射点であり、

胸郭の柔軟性を出すことにも繋がります。

この部分のマッサージをしていくだけでも、

肺の治療効果を倍増させることに繋がっていきます。

セルフメンテナンスにも有効なので、

是非患者様指導にも使ってみてください。

 

  横隔膜リリース

横隔膜は吸気の時に働く代表的な筋ですが、

横隔膜の硬さによって、

肺実質の硬さを作っていることもあります。

なので、

横隔膜のアプローチも、

肺の治療効果を高めるうえで、

重要です。

 

  三焦経

これは、

体幹の空間を表す経絡になります。

直接何かの臓器と関連しているわけではありませんが、

臨床上、

この三焦経へのアプローチで、

肺の柔軟性が向上することが、

所見として見られます。

三焦経の井穴は、

「第4指の爪の際内側(小指側)

になります。

エネルギーの流れは、

肺経とは逆で、

4指から身体、そして頭部へと抜けていく方向に流れています。

 

  上顎骨と頬骨の間

肺は、

上顎骨とのつながりがあります。

そして、

上顎骨と頬骨の連結部位は、

硬さが出来やすく、

この部分の調整によって、

肺の柔軟性はかなり上がるのと、

呼吸のしやすさが変わります。

意外な部分だとは思いますが、

ぜひ試してみてください!

 

【まとめ】

今回は、

「肺の治療効果を倍増させる5つの方法」

をご紹介させていただきました。

如何に効率よく治療を展開できるか?

限られた時間の中で、

治療効果を出していくことは、

セラピストとして必要なスキルだと私は思うので、

是非上記の5つの治療ポイントを参考にしていただいて、

明日からの臨床に活用していただけたらと思います!

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸

特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

自律神経障害セミナー

「いいね」と思ったらFB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 浅層フロントライン(SFL)&浅層バックライン(SBL)
  2. 頭蓋仙骨療法の1次呼吸が分かるためのコツとは…?
  3. 細菌と血液の質が、自己治癒力を高める
  4. 【変形性膝関節症】【膝OA】膝の屈伸制限に圧倒的な結果を出せる筋について
  5. ALLアプローチ協会 Skype特別コンサル【経営‐週末開業‐チラシ】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    誰でも腸活って実は危ないこともある 小腸内細菌増殖症(SIBO) 後半

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. 内臓治療

    視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】

    視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】ALLアプローチ協会代表…

  3. ALLアプローチ協会

    内臓治療 使うタイミングが分からないあなたへ

    みなさんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー …

  4. ALLアプローチ協会

    【五十肩】筋膜・経絡・内臓のつながりから治療効果を高める思考法とは?

    皆さんこんちは!ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢…

  5. ALLアプローチ協会

    【症例報告】胃の治療で「寝違え」の痛みが改善した症例

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  6. ALLアプローチ協会

    治療の反応がイマイチな患者様へのマル秘対処法とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【経絡治療】内転筋の過緊張を一気に緩和させる経絡アプローチとは?
  2. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】方向転換時の膝の痛みを改善させるアプローチ方法とは?
  3. 健康・体質・栄養

    【血管アプローチ】血管・血流にアプローチする考え方「入門編」
  4. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法の応用 松果体ー視床下部ー下垂体
  5. 渡会賢太

    【筋骨格治療】筋膜・運動連鎖のつながりを活かした治療テクニック
PAGE TOP