ALLアプローチ協会

【脊柱管狭窄症】排泄システムが腰痛の原因となっている人の特徴とは?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、

【脊柱管狭窄症】排泄システムが腰痛の原因となっている人の特徴とは?

というテーマでお話していきます。

 

「腰痛」

の患者様で、

特に、

「脊柱管狭窄症」

の診断がついている方は、

「排泄(解毒)システム」

の不調が腰痛や痺れ、間欠性跛行の原因になっている方が、

臨床上非常に多いです。

 

ただし、

もちろん全員といわけではないので、

見極めが必要になってきます。

 

そこで、

排泄システムが腰痛や痺れなどの主訴の原因となっている方の特徴を、

私の臨床経験も踏まえながらお伝えさせていただきます。

 

【問診】

<併発している症状>

  頭痛

片頭痛を併発している方は、排泄系が原因となっていることが多いです。

片頭痛は、脳の血流量が増加し血管が膨張することで、血管にまとわりついている三叉神経が圧迫を受けて、痛みを生じるといったメカニズムとなっています。

脳血流量が増加するのは、体内に毒素や代謝産物などが貯留しているのを排出しようとしていることになるので、排泄系をアプローチしていくと良いでしょう。

  便秘

これは、消化が問題の方がいますが、

排泄系の問題でも便秘は起きるので、

便秘がある方は排泄系を要津の原因として疑っても良いでしょう。

  生理痛

生理というのは、

女性に唯一許された排泄行為と言われています。

生理痛があるということは、

排泄に必要な体内の毒素が多いなどの理由で、

過度に子宮に負担がかかり、

痛みを生じます。

そのため、

生理痛がある方は、排泄系が腰痛の原因として疑っても良いでしょう。

  肩こり

肩こりは一般的には、

「血流障害」

によって起きると言われています。

筋硬結や筋短縮、筋緊張の亢進により、

僧帽筋周囲の筋・筋膜が硬くなり、

疲労物質や代謝産物が溜まることで、

肩こりを生じます。

そのため、

排泄系そして循環系も併せて、肩こりと同様腰痛の原因となっている可能性があります。

 

<その他>

・天候によって症状の強さに変動がある。

・朝、夕方に強くなるといった、日内変動がある。

・コーヒー、アルコールを多く摂取してい>?

 

【視診】

  表情が青黒いor青白い

これは、静脈血の割合が多いことで、

顔色に結構出ます。

静脈血は不要な物質が流れている血液ですから、

排泄系に問題があるという指標になります。

なので、顔色もチェックしておくと良いでしょう。

  頭寒足熱の反転

顔が火照っていて、顔面紅潮している方は、

拝謁系に問題があることが多いです。

脳血流量が急激に増加するとこのような反応がみられます。

腰痛の原因として結び付けて考えても良いでしょう。

 

以上の所見が問診や視診で見受けられるようであれば、

具体的に排泄システムに関わる内臓・筋骨格・頭蓋の評価、そして治療を展開していただければ、

腰痛や痺れ、間欠性跛行で結果を出すことが出来ると思います。

 

では、実際にどんな部位を評価・治療していく必要があるのか?

結果を出すための実践についてお伝えします。

 

<内臓治療>

・肝臓

・腎臓

・肺

・脾臓

脾臓は、システムだけで言うと免疫に役割のみですが、

赤脾髄で、不要になった赤血球を破壊して、その代謝産物であるビリルビンを、

脾静脈」⇒「門脈」⇒「肝臓」

と送り出されます。

なので、

排泄には脾臓はとても重要な役割を担っています。

・心臓(循環)

 

<筋骨格治療>

・腸腰筋

・内転筋

・後脛骨筋

・小胸筋

・斜角筋

・横隔膜

・膝窩筋

・恥骨

主に、

アナトミー・トレインの書籍で言われる、

「ディープ・フロント・ライン(DFL)

の筋・筋膜の調整は、

拝謁系が原因となっている方は必須の治療部位となりますので、

評価・治療をしていく必要があります。

 

<頭蓋治療>

特に頭痛がある方は必須です。

便秘がある方は、

硬膜や後頭骨が特に硬くなっている傾向にあるので、

治療してみてください。

 

☆まとめ☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

目の前の脊柱管狭窄症の方の腰痛が、

排泄系が原因となっているのか?

そこをしっかりと判断をして、必要な治療を行っていってください。

そして、

「イネイトインテリジェンス」という観点から患者様を捉えていくと、

なかなか改善しない腰痛や痺れなどに、

結果を出すための糸口が見えてくることもあります。

是非明日からの臨床で活用していただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。

それではまた!

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

FB・ツイッターなどでシェアよろしくお願い致します↓

ピックアップ記事

  1. 【五十肩】肩治療で絶対に診ておきたい7つの筋とは?
  2. 【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みへの対策~動作・活動レベル編~
  3. 話題の鎖骨ほぐしについて【鎖骨アプローチ・テクニックの重要性】
  4. 魔法の脳内伝達物質エンドルフィンを治療に生かす方法とは・・・?
  5. 恥骨の調整に重要な筋・内臓・経絡について

関連記事

  1. 筋膜

    【筋膜×経絡】頑固な側腹部の硬さを効率的に緩めるには?~実技編~

    ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会賢太です。本日も…

  2. 内臓治療

    なぜ、内臓治療を行った方がいいのか…【内臓調整、テクニック、マニュピレーション】

    なぜ、内臓治療を行った方がいいのか…【内臓調整、テクニック、マニュピレ…

  3. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法の応用 松果体ー視床下部ー下垂体

    from 山口拓也埼玉 越谷 デスクよりいつもALLアプローチ…

  4. 筋膜

    股関節治療における動作・筋肉・アライメントの評価について

    股関節の運動に関してみなさん こんにちはALLアプローチ協…

  5. ALLアプローチ協会

    浮腫に対しての内臓治療アプローチ

    浮腫に対しての内臓・筋骨格アプローチFrom 山口拓也埼玉 越…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    糖化がもたらす恐怖知っていますか?
  2. 内臓治療

    神経リンパ反射点(内臓治療)を用いた前立腺・子宮広間膜調整【セルフメンテナンス紹…
  3. ALLアプローチについて

    腎臓治療について【反射点一覧ー内臓治療 腎臓編】
  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】脾臓治療の効果を最大化するマル秘テクニックとは?
  5. ALLアプローチ協会

    内臓の機能・役割・システムを全解説‼︎ 内臓アプローチをうまく使うためのコツ
PAGE TOP