ALLアプローチ協会

脾臓の解剖学的イメージ【膜】

おはようございます。 all アプローチ協会 鈴木 正道です。  
 
 
今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師の方々へ向けて
 
 
脾臓の解剖学的イメージをお伝えさせていただきます。
 
 
 
 
脾臓の解剖学的膜のイメージを脾臓を動かす、循環を促す、他の臓器とのつながりをイメージするのにお役立てください
 
 
 
脾臓は膵臓の先についている臓器と思っている方が多いのですが、膵臓自体は後腹膜臓器脾臓は腹腔内臓器です
 
膜で区切られているため一緒にしないよう注意です。
 
 
脾臓は胃の背側胃間膜(大網)の中に発生するため、イメージとしては胃と同じ膜の中に包まれています。
 
 
胃と脾臓をつなぐ膜として胃脾間膜があり
 
脾臓と胃を結腸とつなぐ膜として胃結腸間膜・脾結腸間膜があります
 
脾臓は直接横隔膜に接しませんが、横隔脾間膜(肝冠状間膜とつながる膜)を介して横隔膜とつながります。
 
膵臓とは後腹壁(膵脾間膜)を介して接し、腎臓とは脾腎ヒダを介してつながる。(膵臓・腎臓は後腹壁臓器)
 
 
脾臓は様々な臓器と隣接するが、膜の連続性のあるつながりは胃となる。
 
血管においては腹大動脈から分岐した脾動脈が膵臓にも分岐して後膵動脈・膵尾動脈を形成し、静脈では脾静脈に左胃大網静脈・膵静脈が合流して門脈につながるため血流の面では膵臓・脾臓・胃のつながりがある。
 
 
脾臓のアプローチでは脾・胃間膜の伸長や、大網のリリース、膵臓・脾臓のポンプ手技などが行われる。
 
 
反射点やイメージを使ったアプローチでは、胃の後背側の袋の中で動く脾臓をイメージすることが良いと思われます。
 
 
位置から特徴をあげると
・胃に圧迫されやすい
・脾臓の肥大では腎臓や結腸・膵尾に圧迫を生む
・呼吸によって動かされやすい
 
といった特徴があります。
 
 
この解剖学的特徴をみると、経絡で言う胃経と脾経が陰と陽で裏表になっているのが解剖に基づいているんだなと発見ですね。
 
 
脾臓は血液・免疫に影響を与える臓器であるとともに、その存在位置から様々は影響を他臓器に与えるためチェックが必要な臓器です。
 
実際のアプローチはこちらからご参照ください。
⇒脾臓の治療~反射点・生理学
 
 
今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。
 
今日も一日良い時間をお過ごしください。
 
allアプローチ協会  鈴木正道
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【内臓治療】子宮の硬さがTFL・大臀筋の筋硬結起こす理由を徹底解説
  2. なぜ「咬筋」の治療が頭痛改善に繋がるのか?
  3. (内臓治療)膵臓のアプローチを解剖・発生から考える【内臓調整】
  4. 【頭蓋×筋膜】頭蓋仙骨療法に繋がる!活かせる!2つの筋とは?
  5. 血管を知るって楽しいね♪ 血流と内臓から股関節を考える

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【五十肩】右肩外転時の痛みを内臓治療で改善させる方法

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療×筋膜×収縮を利用した内臓アプローチとは?

    内臓治療×筋膜×収縮を利用した内臓アプローチとは?From 山口拓…

  3. 筋膜

    坐骨神経痛 知ってるだけで差が出る解剖

    おはようございますいつもメルガマをご購読いただきありが…

  4. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】上肢にアプローチして膝関節屈曲の痛みが改善した症例

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    生理痛のアプローチ なぜ生理痛になるのか?

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 内臓治療

    肝臓の解剖学的特徴「膜」
  2. 山口拓也

    足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】
  3. 内臓治療

    膵臓の位置・機能を知っていますか?【膵臓₋治療₋内臓】
  4. 山口拓也

    セラピストに必要な治療効果を上げる5つの瞑想をご紹介
  5. 健康・体質・栄養

    【内臓】逆流性食道炎の原因
PAGE TOP