ALLアプローチ協会

ポ○モン育ててる場合じゃない!細菌育ててモテましょう!

おはようございます。

オールアプローチ協会 鈴木 正道です。

前回は脳腸相関に関してお話させていただきました。

復習動画はこちらからどうぞ

あなたは腸内細菌の奴隷

今回は理学療法士・作業療法士・柔道整復士にむけて

腸内細菌の育て方についてというテーマにつてお話したいと思います。

人の腸の中には100兆個以上の腸内細菌が住み着いています

腸内細菌の研究はまだまだ発展途上と言われていますが、現段階でも腸内細菌が体に及ぼす影響が多く報告されています。

腸内細菌はその働きから【新しい臓器】【第2の脳】とも言われるほど多くの機能と可能性を秘めています

腸内細菌は一般的に善玉菌・悪玉菌と2つに分かれています。善玉・悪玉と言うとコレステロールの話と混同しないよう注意が必要です。

善玉菌は自分の代謝産物から人の体に良い成分を分泌する働きを持ち、悪玉菌は人の体に悪い働きをする有害物質を分泌します。

今回みなさんに育ててほしいのは「善玉菌」といわれるグループに属する腸内細菌です。

善玉菌が分泌する代謝産物の代表的な物には天然の痩せ薬として有名な【短鎖脂肪酸】お肌の若返りに効果が期待される【エクオール】等があります。

この二つの効果だけでも十分に魅力的ですが、近年メタボローム解析という超高精度解析が可能になり、この善玉菌(乳酸菌)の代謝産物から人体に有効な成分が350以上発見されています。

また「あなたは腸内細菌の奴隷」でもお話させていただいた通り、腸内細菌の種類の分布によって性格や行動に影響があることも最近の研究では明らかになりつつあるため、引っ込み思案で異性に声をかけられないあなたや、短気で怒りっぽいんあなたの人間関係も修復してくれるかも知れません。

実際成功者と言われる方々は食事の管理をきちんと出来ている方が多いようです。

 

ではその善玉菌を育成する方法です!

 

ポ○モンを育てるには戦わせて、経験値を稼いで、レベルを上げることで強くしたりします。

また新しいモンスターを探しに行きますね!

 

善玉菌には3つの育成方法があります。

①プロバイオティクス

体内で健康に対して働きかける微生物の総称で、生きていることが前提とされています。一般的には「生きて腸まで届く」のフレーズでみなさんにはおなじみの商品が多くあります。しかし、生きて腸まで届くことは困難であることや腸に外部から来た細菌が定着しにくいことから疑問視する声も多く聞かれます。

⇒菌を食べて菌を増やそう

②プレバイオティクス

腸内の善玉菌の餌になることで、増殖を促す食品成分の総称です。代表的な物には「食物繊維」や「オリゴ糖」があります。これはあくまで成分なので生きている・いないは関係ありません。

⇒菌に餌をあげて増やしていこう

③バイオジェニックス

腸内細菌を介することなく、身体に直接様々な良い影響をもたらす食品成分の総称です。同時に、腸内細菌にも働きかけ、腸内細菌のバランスを整えます。

⇒善玉菌が作る体に良い代謝産物を作って飲んでしまえばいいじゃん

 

といった3つの方法です。

 

私が患者様に指導する方法は②が多く、とても調子が悪い方には③をお勧めする場合もあります。

 

みなさんはどの方法で腸内細菌を育成してみたいですか?善玉菌を育成して餌をあげるだけで、体に有効な成分はサプリメントを飲まなくても勝手に作ってくれます。

食事習慣や栄養・腸内細菌の知識をもつことの大切さが伝わってくれれば幸いです。

 

次回はもっとプレバイオティクスについて教えてという声を患者様からご要望が多いので、腸内細菌の餌についてもう少し話してみたいと思います。

 

本日は最後までお付き合いいただきありがとうございます。  今日も一日良い時間をお過ごしください。

追伸

栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内

いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!

心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!

テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学べるセミナー。

以下がセミナー詳細です!

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 【腰痛×運動連鎖】腰痛治療で圧倒的な差をつけるための大腰筋・大殿筋治療とは?
  2. 【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みへの対策~動作・活動レベル編~
  3. 内臓の機能・役割・システムを全解説‼︎ 内臓アプローチをうまく使うためのコツ
  4. 【症例報告】胃の治療で「寝違え」の痛みが改善した症例
  5. セラピストの枠

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    「朝起きると痛い…。」腰痛に打ち勝つ方法とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  2. ALLアプローチ協会

    片頭痛に対する頭蓋治療・内臓治療のポイント

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. セルフメンテナンス

    【体質アプローチ】腸活の落とし穴 なんでもかんでも腸活でいいわけではない

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. ALLアプローチ協会

    原因不明の全身倦怠感を改善させる方法

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  5. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?From 山口拓也埼…

  6. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】逆流性食道炎に対するアプローチと思考方法

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【実技】大腰筋治療 内臓・経絡・運動連鎖からのアプローチ
  2. ALLアプローチ協会

    【五十肩】肩治療で絶対に診ておきたい7つの筋とは?
  3. 山口拓也

    多裂筋の治療が腰痛改善のヒントとなる?【解剖・腰痛・コアマッスル】
  4. ALLアプローチ協会

    後頭下筋の重要性とは?【痛み₋脳脊髄液₋目の疲れ】
  5. ALLアプローチ協会

    好転反応が出やすい人の5大要因とは?
PAGE TOP