ALLアプローチ協会

腸腰筋が引き起こす様々な障害とは…?

腸腰筋が引き起こす様々な障害とは…?

From 山口拓也
埼玉 越谷 治療院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
腸腰筋が引き起こす様々な障害とは…?
というテーマでお伝えしていきます。

前回も腸腰筋について解説しましたが、本日も腸腰筋についての話をさせて頂きたいと思います‼︎
治療する際は、腸腰筋の基礎知識をしっかり頭に入れておきましょう‼︎

【腸腰筋と腰痛について】
大腰筋に筋硬結などの筋異常が起こった場合は、大腰筋自体が血管や神経を圧迫しての痛みだけでなく

周囲の筋肉である腰方形筋や脊柱起立筋にも緊張が発生する場合があります。慢性的な腰の張りなどにもつながってしまいますね‼︎

後は、ギックリ腰などの急性腰痛も大腰筋が関与していることが非常に多いですね。

よく腰痛治療のために、大腰筋などを含めた腹筋を筋トレしている人もいますが逆に大腰筋を過疲労につながり腰痛を悪化させるので注意しましょう。

前回も話したが、大腰筋は多関節筋であり胸腰椎〜小転子部に付着しており仙腸関節に負担をかけてしまいます。

なので、脊柱管狭窄症やすべり症、ギックリ腰などの症例は大腰筋の筋緊張異常を引き起こし仙腸関節への負担もかかっているので、骨盤へのアプローチも必要になりますね‼︎

 

【腸腰筋が短縮すると股関節への影響は?】

腸腰筋は股関節の小転子に付着しているので、腸腰筋が短縮すると大腿骨を外旋し前上方へ引き上げます

そうすると、大腿筋膜張筋や臀筋群などの股関節内旋や伸展する筋肉(拮抗筋)にも緊張が生じ臀筋由来の坐骨神経痛などが引き起こされてしまいます‼︎

そして、どんどん大腿骨頭が寛骨臼に押し付けられ股関節の運動時痛や長い目で見れば股関節の変形に至ってしまう事も考えられますね。

 

【大腰筋や腸骨筋付近の血管紹介】

腰動静脈、腸腰動静脈、総腸骨静脈、外腸骨動静脈などがあり物理的な腸腰筋による圧迫の可能性があります。

 

【腸腰筋と内臓への関与】

まず、大腰筋はディープフロントラインや筋連結の視点からも横隔膜との関連が強いです。

なので、大腰筋に何らかの障害を引き起こすと横隔膜への障害を引き起こして緊張状態になります。

そうなると、横隔膜上部にある肺や心臓を動きに制限を加えることとなり、血液循環や呼吸作用の低下も引き起こします。

また、横隔膜の下にある肝臓や胃、膵臓、脾臓などにも悪影響が起こります。(癒着や横隔膜から起こるマニュピレーションの消失)

他にも大腰筋の近くには、交感神経幹があり自律神経にも影響されると言われている。

ディープフロントラインの繋がりでは、心膜まで大腰筋と繋がっているので筋膜のつながりとしても心臓に悪影響を引き起こす。

 

また、内臓に負担がかかっていると腸腰筋にも影響します。

肝臓→大腰筋上部の硬結

腎臓→大腰筋中部の硬結

腸の下垂→大腰筋下部の硬結

などにも繋がっている‼︎

 

腸腰筋は、臨床でも多々治療することが多いのでぜひ基礎知識をしっかり身につけて治療して行きましょう。

大腰筋治療は、「心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー 」で様々な方法を紹介しております‼︎

 

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!

 

山口 拓也
本日の記事はいかがでしたか?
メルマガやユーチューブもやっておりますので、ご登録よろしくお願い致します。

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善させる方法~外旋六筋~
  2. 【内臓治療】【身体感覚】ファスティングをすることで得られる感覚
  3. 【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性
  4. しゃがみ動作での膝の痛みを改善させるには?
  5. 【血管アプローチ第4弾】末梢毛細血管を守って増やす3つのポイント(脊柱管狭窄症・…

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【症例報告】メンタルアプローチにより立ち上がり動作が改善した症例

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  2. ALLアプローチ協会

    【頭蓋仙骨療法】頭蓋治療が楽しくなる! 基本的な4つの評価ポイントとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  3. ALLアプローチ協会

    内臓治療に活用できる脊柱内臓反射点を全公開

    脊柱でも内臓に反射点がある??From 山口拓也横浜 ホテルよ…

  4. 健康・体質・栄養

    便秘と下痢の定義とは?食物繊維&内臓治療&栄養指導について!?

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。…

  5. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛の運動学的視点から改善させる方法

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  6. ALLアプローチ協会

    肝臓治療における五行の活用「相生」「相克」

    おはようございます。  オールアプローチ協会  鈴木正道です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    評価VS治療 どっちが大事?
  2. 内臓治療

    膵臓治療について【反射点一覧・内臓治療 膵臓編】
  3. ALLアプローチ協会

    なぜ「咬筋」の治療が頭痛改善に繋がるのか?
  4. ALLアプローチ協会

    【難治性疼痛】なかなか治らない足部痛(前半)
  5. 内臓治療

    内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?
PAGE TOP