ALLアプローチ協会

【筋骨格治療】階段昇段時の膝の疼痛でアプローチすべき筋は?

皆さんこんにちは!

ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会です。

本日も当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

今日も、

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療テクニックや介入のヒントをお伝えします。

今回は、

【筋骨格治療】階段昇段時の膝の疼痛でアプローチすべき筋は?

というテーマでお話ししていきます。

最近はよく、

変形性膝関節症やTKA・パテラ骨折術後の患者様を診させていただく機会があまりにも多くて、

膝の痛みを訴える方に対して治療を展開しています。

皆さんも病院などでもよく診ますよね。

主病名が脳梗塞や大腿骨の骨折でも、

既往に膝OAがあって痛みを訴える方もまあたくさんいますよね。

中でも、

「階段の昇り降りで膝が痛い…。」

「なかなか痛みが取り切れない…。」

とお悩みの患者様、そして介入に悩むセラピストも多いかと思います。

そこで今回は、

階段昇段・降段時の膝の痛みが改善しやすい、結果の出しやすい筋を2記事に分けてご紹介いたします。

今までの臨床経験と、今まさに診ている数々の患者様で事実結果の出せている筋のみをお伝えします。

 

まずは、

昇段時の痛み改善に有効な筋

について解説していきます。

 

<運動連鎖の視点から考える>

階段昇段時に疼痛を訴えるタイミングは、

簡単に説明すると、

「膝が痛い方の足に荷重するタイミング」

運動学的に説明すると、

「患側の足底を段に乗せて、反対側下肢の踵が浮き上がり、患側下肢の前足部に荷重し単脚支持期に入っていく時期。」

に痛みが出るケースがほとんどだと思います。

このタイミングを運動学的に説明すると、

・足底接地している。

・足関節背屈している。

・下腿は前傾している。

・股関節、膝関節は屈曲位。

・寛骨は前傾している。股関節内転。

という状態です。

これは歩行の運動連鎖で言うと、

「LR(ローディング・レスポンス)」

とほぼ一緒の動きを出していることになります。

つまり、

歩行周期のLRでの運動連鎖に関わる筋・関節に対してアプローチ

をすれば、

ほとんどの確率で膝痛に対して結果を出すことができます。

 

<LRの運動連鎖>

では、

LRの時はどういった運動連鎖があるのか?

を解説していきます。

【関節】

足関節:内返し・背屈

下腿:脛骨後方・内側方移動

膝蓋骨:上方移動

膝関節:屈曲

股関節:屈曲、内転

寛骨:前傾

【筋】

・前脛骨筋

足関節が内返し・背屈するので、

前脛骨筋は縮む必要があります。

・ヒラメ筋

足関節内返し・背屈し、

膝関節は屈曲位のため、

二関節筋である腓腹筋は除外し、

ヒラメ筋が伸びる必要があります。

・膝蓋腱

脛骨が後方に移動するため、

膝蓋腱は伸びる必要があります・

・中間広筋、(内側広筋)、(外側広筋)

股関節屈曲位での膝関節屈曲のため、

二関節筋である大腿直筋は例外に、

中間広筋、内外側広筋は伸びる必要があります。

・大殿筋上部繊維、中殿筋後部繊維

寛骨が前傾するということは、

骨盤と大腿骨が近づくので、股関節は屈曲します。

そして、

IC~LRの間に、

ICでは股関節は外転位となり、

そこからLRで中間位に戻る方向に動くので、

股関節は内転という動きを起こします。

つまり、

大殿筋上部繊維と中殿筋後部繊維は伸びる必要があります。

 

以上まとめると、

・大殿筋上部繊維

・中殿筋後部繊維

・中間広筋、内外側広筋

・膝蓋腱

・ヒラメ筋

・前脛骨筋

いずれかの筋を調整することで、

ほとんどの方の階段昇段時の痛みが軽減するでしょう。

調整方法が分かる方はぜひ臨床で試してみてください。

調整法が知りたい方は、後日具体的な治療テクニックをブログまたは当協会のYouTubeでも挙げていきますので、楽しみにしていてください。

 

☆異レギュラーパターン

ほとんどの方が、

LRの運動連鎖に関わる筋に対するアプローチで改善しますが、

・どうしてもNRS1~2の最後の痛みが取り切れない…。

・どうしても症状が戻ってしまう…。

といった方には、下記筋をアプローチしてみてください。

 

 

・僧帽筋上部繊維

これは、SBL(スーパーフィシャル・バック・ライン)という筋膜のつながりで、

大殿筋上部繊維と繋がっていますので、

僧帽筋上部繊維の硬結が大殿筋上部繊維の硬結を作っている場合があります。

この筋が原因の方の特徴としては、

・昇段のタイミングで肩甲骨挙上による代償がみられる。

・肩こり持ち。

・手すりを支持する際など上肢の引っ張りによる代償パターンが強い。

といった傾向にありますので、チェックしてみてください。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました!

それではまた♪

渡会 賢太

本日の記事はいかがでしたか?

メルマガやユーチューブもやっておりますので、ご登録よろしくお願い致します。



追伸

メルマガ登録はこちら

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内

以下がセミナー詳細です!

他に      も数多くのセミナーを開催しております!                                                                                                

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 横隔膜の重要性【内臓との関連、可動力、作用】
  2. なぜ「咬筋」の治療が頭痛改善に繋がるのか?
  3. 前脛骨筋の解剖学的特徴+アーチの基礎を解説【血管、神経、アーチについて…】
  4. 坐骨神経痛介入の新しい知見!~運動連鎖の視点から考える~
  5. 【五十肩・肩関節拘縮】 結帯動作の可動域制限・痛みのワンポイント

関連記事

  1. 健康・体質・栄養

    【血管アプローチ】下肢の血流を改善する7つのポイント

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療】大腰筋では取り切れない痛みを改善させる筋膜治療とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありが…

  3. ALLアプローチ協会

    胸郭上口テクニックの臨床応用について

    from 山口拓也整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

  4. ALLアプローチ協会

    セラピストが週末開業するべき理由について

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会 代表 山口…

  5. ALLアプローチ協会

    脳脊髄液(CSF)の循環に関する「最新論文」情報について

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  6. ALLアプローチ協会

    【五十肩】なぜ、仙腸関節の調整で肩の可動域が良くなるのか?

    【五十肩】なぜ、仙腸関節の調整で肩の可動域が良くなるのか?From…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. 筋骨格系

    【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みへの対策~動作・活動レベル編~
  2. 内臓治療

    内臓アプローチの種類を複数解説‼︎誰でもできる内臓テクニック
  3. ALLアプローチ協会

    肝臓治療における「五行色体表」の活用
  4. ALLアプローチ協会

    【五十肩】内臓治療で右肩の夜間痛が改善するのはなぜか?
  5. ALLアプローチ協会

    【花粉症】 内臓と筋膜を掛け合わせた治療法とは? 頸部痛との関係とは?
PAGE TOP