ALLアプローチ協会

薬と肝臓の関係とは?【降圧剤‐副作用‐解毒】

薬の内臓の関係とは?【降圧剤‐副作用‐解毒】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
薬の内臓の関係とは?【降圧剤‐副作用‐解毒】
というテーマでお伝えしていきます。

【薬と肝臓の関係性?】

臨床を経験していると、薬を内服している患者様がほとんどですが

薬が肝臓に悪影響ということを知らない患者様がほとんどです。

なので、セラピストのあなたが薬の危険性を伝えて

症状緩和を薬に頼らずに生活習慣の改善、もしくはあなたの治療で薬を止めることができると良いですね。

なので、肝臓の機能が低下していると薬の分解が行えず薬が作用する時間も長引く知識も持っておくといいですね。

【肝臓を生活習慣や治療で治す場合はどうするの?】

肝臓は、薬だけでなく様々な要因が障害を起こしますので

まずは生活習慣に肝臓が負担となっていないか判断することがベストです!

●食事を気を付けましょう!

食事としては、高たんぱく、高エネルギーを摂りすぎると肝臓に負担をかけてしまいます。

他には、食後すぐにはお風呂を控えるということも肝臓に負担をかけない事にもなります。

油分の多い食事や食品添加物や農薬などを入っていない食事を摂ってください。

●食事は、とりすぎないようにしましょう!

食事を摂りすぎないことも非常に重要となっております。

腹8分目とはよく言われますが、腹8分目以下がベストでしょう!

●運動不足には、気を付けましょう!

運動不足も肝臓障害の要因となります

●ストレスを極力なくしましょう

ストレスは自律神経の障害を引き起こし

交感神経優位となるます。

内臓は、交感神経だと働きが弱くなり機能が落ちます。そして、交感神経だと肝臓への血流量が下がり

肝機能低下の要因となります。

●お酒を摂りすぎない

日本人の体質には、アルコールは非常に肝臓に負担となります。

極力肝臓は、摂らないことがベストですね!

【薬物起因性肝障害】

薬によって肝臓に障害がでる2種類のタイプがあります。

1種類目は、薬そのものが肝臓に負担をかけて起こる「中毒性肝障害」

2種類目は、薬を内服したことによるアレルギーで起こる「薬物アレルギー性肝障害」の2つがあります。

薬に関しては、飲むたびに肝臓が解毒作用が働くのですがその途中で肝臓が障害を起こすことがあります。

 

【肝臓治療について】
肝臓テクニックについて紹介させて頂きたいと思います。

まず1つ目は、肝臓の反射点治療です!反射点をマッサージするだけで治療になりますので、セルフメンテナンスとしてもマッサージしてみてください。

(肝臓反射点はこちら↓)
・右母指水かき
・右上腕内側(内側上顆1横指上)
・右アキレス腱移行部

(頭蓋骨との関連)
・前頭骨

(肝臓治療テクニックはこちら↓)
・肝臓ポンプ
・肝臓リフト
・経絡使用した治療 肝経
・内臓のつながりを使用した治療

治療も大切ですが、生活習慣と薬などで負担をかけない事が非常に大切です!

本日の記事はこれで以上となります!

毎日1800文字以上のメルマガ配信しておりますので、ぜひご登録お願い致します。

【治療の関連記事はこちら↓】
カーフサインって知っていますか(内臓の関係)

大腸の生理学、反射点

それでは、また明日!
山口 拓也

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 触診を磨きたいあなたへ 触診の極意「イメージ力」
  2. リンパマッサージの重要性 セルフメンテナンス やり方【基礎・基本まで】
  3. 隔膜の解剖学と治療の使い分けするを理解する・・・【骨盤隔膜・横隔膜と頭蓋仙骨療法…
  4. 【頭蓋仙骨療法】頭蓋治療が楽しくなる! 基本的な4つの評価ポイントとは?
  5. 【症例報告】胃の治療で「寝違え」の痛みが改善した症例

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】 筋・筋膜のつながり、癒着の観点

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    腰痛といえば、腸腰筋アプローチ(触診・機能・役割)

    from 山口拓也整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協…

  3. ALLアプローチ協会

    コミュニケーションの3つの構成要素(メラビアンの法則)

    こんにちはALLアプローチ協会代表の山口拓也です。…

  4. ALLアプローチ協会

    評価VS治療 どっちが大事?

    いつもの公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!A…

  5. ALLアプローチ協会

    【頭蓋・内臓】発達の過程から考える頭蓋骨と内臓のつながり

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチについて

    大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】
  2. 山口拓也

    ラポール形成テクニック① なぜ、苦手な患者さんに対応できないのか?
  3. ALLアプローチ協会

    筋膜治療の精度を最大限引き上げる7つの要素とは・・・?
  4. ALLアプローチ協会

    誰でも腸活って実は危ないこともある 小腸内細菌増殖症(SIBO) 後半
  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】腎臓の治療効果が最大化する3つのポイントとは?
PAGE TOP