ALLアプローチ協会

膝ope後の屈曲制限で結果の出しやすい筋ランキング

皆さんこんにちは!

ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会です。

この度は、当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

本日も、理学療法士・作業療法士・柔道整復師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床で即使える治療テクニックや介入のヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、

「膝ope後の屈曲制限で結果の出しやすい筋ランキングベスト5」

というテーマでお話していきます。

 

私は、病院で外来の患者様をリハビリすることが多いのですが、

最近、TKAや膝蓋骨骨折術後の患者様を担当する機会がかなり多く、

たくさんの患者様を診させていただいている中で、

膝の屈曲制限に特に関与が深い、治療をすることで膝の可動域が改善しやすい筋が分かってきたので、

その筋について、ランキング形式でご紹介いたします。

 

 

第1位

「大腿四頭筋」

やっぱりそうだよね!

と思った方も老いと思いますが、

やはり定番中の定番の筋です。

ただし、

大腿直筋とその他内側広筋・中間広筋・外側広筋

に対するアプローチの仕方に違いがあります。

ここを間違えると全く結果が出ないこともあるので、

詳しく解説していきます。

 

<膝屈曲時の膝蓋骨と大腿骨と脛骨の動きを考える>

膝屈曲時は、

膝蓋骨は上方に移動します。

ということは、

下前腸骨棘から膝蓋靭帯を介して脛骨粗面に停止する大腿直筋は、短縮方向に働いていることになります。

そのため、大腿直筋が短縮方向に働きやすい状態に調整すれば、膝は曲がりやすくなります。

 

大腿骨は、脛骨の上を転がるように動きます。

その結果、

脛骨は大腿骨に対して後方に滑るように移動します・

つまり、

膝蓋靭帯を介して脛骨粗面に停止する大腿四頭筋は伸ばされます。

ここで、

大腿直筋は二関節筋であり、

二関節筋が短縮している時は単関節筋は伸張方向に働き、

逆に二関節筋が伸張している場合は、単関節筋は短縮方向に働くといった、

運動力学的な性質があるようです。

なので、

膝屈曲時は、内側広筋・中間広筋・外側広筋は伸張方向に働きます。

以上を踏まえると、

大腿直筋は、短縮方向に働きやすい状態を作り、

内外側・中間広筋は、伸張しやすい状態にする必要があります。

特に、

内外側・中間広筋がカチカチに硬くなって縮んでいる場合が多いので、

ストレッチや筋膜リリースなどでしっかりと伸張させていくことが大事です。

これはかなり膝の屈曲可動域の拡大につながるのでぜひ試してみてください。

ポイントは、

二関節筋と単関節筋は作用が反対方向であることを踏まえて介入しましょうってとこですね。

 

 

第2位

「ヒラメ筋」

ヒラメ筋を伸びれる状態に調整すれば、膝の屈曲可動域が上がりやすいです。

ヒラメ筋は、脛骨後面から踵骨に付着する筋で、

膝屈曲に伴って、脛骨は大腿骨に対して後方に移動します。

ヒラメ筋が伸びると、

脛骨は後方に移動しやすいので、膝は屈曲しやすくなります。

 

 

第3位

「前脛骨筋」

結論から言いますと、

前脛骨筋を縮みやすい状態に調整すると膝が曲がりやすくなります。

先ほど、ヒラメ筋が伸びると膝が曲がりやすいと解説しましたが、

ヒラメ筋は下腿の外側に筋腹を持つ筋になりますので、

足関節を外返し・底屈に作用します。

この筋が伸ばされると、

足関節内返し・背屈の動きになります。

前脛骨筋は、

足関節内返し・背屈に作用する筋なので、

縮みやすい状態に調整すると膝は曲がりやすくなります。

 

 

第4位

「長趾伸筋」

結論から言いますと、

長趾伸筋を縮むことも伸びることもできる状態に調整することで、膝は曲がりやすくなります。

先ほど、前脛骨筋のところで足関節内返し・背屈しやすくすると膝が曲がりやすくなると解説しました。

長趾伸筋は外返し・背屈に作用する筋なので、

伸ばすと内返し・底屈がしやすくなります。

なので、

縮みやすい状態に調整すれ関節は背屈しやすくなりますし、

伸長しやすい状態に調整すれば、内返しがしゃすくなるので、

膝は曲がりやすくなります。

 

第5位

「腓骨筋」

結論から言いますと、

腓骨筋は伸びやすい状態に調整することで膝は曲がりやすくなります。

腓骨筋は、外返し・底屈に作用する筋です。

これが伸ばされると、内返し・背屈に働きますので、

前脛骨筋で解説したように、

膝は曲がりやすくなります。

 

<まとめ>

筋が緩んでいる状態は、

長さー張力曲線でいう真ん中の部分です。

これは、筋が縮むことも伸びることもできる状態ということです。

私たちは、この状態を目指して筋の調整・筋を緩ませていますよね。

これは、以前「筋を緩めるのはなぜですか?」というテーマのメルマガでお伝えしたと思います。

 

ほとんどの筋は、

硬結により筋が短縮しているケースが多いです。

もしくは、前脛骨筋のように一部が硬結があることで筋腹が伸張されてしまって縮むことが出来なくなっているケースもあります。

この双方を考えながら、

短縮していれば伸張方向へ、

伸長してしまっていたら短縮方向に筋を調整していけば、

筋は縮むことも伸びることもできる状態に近づくので、

必ず結果を出すことが出来ます。

是非臨床で使ってみてください。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました!

それではまた♪

渡会 賢太

 

追伸

メルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内

以下、セミナーの詳細です↓

 

ピックアップ記事

  1. 【血管アプローチ第7弾】病的血管による慢性疼痛を予防する生活習慣とは!?(慢性腰…
  2. 坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態と特徴を踏まえて】
  3. 脂肪と炎症と毒素(太ると良いことないなぁ~)
  4. セラピストが消化と吸収を理解すると? 慢性腰痛 五十肩 変形性膝関節症
  5. 頭蓋仙骨療法 素人でもできるセルフメンテナンスのご紹介‼︎

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    アイパターンについて

    こんにちは! ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。 いつも…

  2. ALLアプローチ協会

    後脛骨筋の解剖学的特徴について…

    後脛骨筋の解剖学的特徴について…From 山口拓也 埼玉 越谷…

  3. ALLアプローチ協会

    【触診】ソフトタッチVSハードタッチ どっちが良い?悪い?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  4. 五十肩

    経絡+キネシオロジー 肝経を使って筋にアプローチ 五十肩 頚椎症 猫背

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    筋膜リリースの前に知って欲しい知識とは…?

    筋膜テクニックに必要な解剖生理学を解説。From 山口拓也埼玉…

  6. ALLアプローチ協会

    足揺らし操体×経絡治療!【全身調整テクニック】

    足揺らし操体×経絡治療!【操体法×経絡治療】From 山口拓也…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    内臓治療に活用できる脊柱内臓反射点を全公開
  2. 内臓治療

    内臓治療VS頭蓋仙骨療法 どちらが効果が高い・・・?
  3. 健康・体質・栄養

    便で簡単健康チェック
  4. ALLアプローチ協会

    誰でも腸活って実は危ないこともある 小腸内細菌増殖症(SIBO) 後半
  5. ALLアプローチ協会

    【症例報告】下部胸椎と消化器系の関係とは?  
PAGE TOP