ALLアプローチ協会

触診の極意「触診の在り方」とは?

皆さんこんにちは!

ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会賢太です。

本日も当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

理学療法士・作業療法士・柔道整復師の皆さんに向けて、

明日からの臨床で即使える治療テクニックや介入のヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、

触診の極意「触診の在り方」とは?

というテーマでお話していきます。

 

前回のブログ記事では、

「評価に必要な3つの診」

ということで、

・問診

・視診(動診)

・触診

について簡単にお話をしました。

その中から、

「触診」

にテーマを絞ってこれからのブログでは発信していきます。

 

私はこう見えて、

視覚に障害があり、

網膜色素変性症という目の病気を持っており、進行性で現在の医療では治すことができない特定疾患を7歳の頃から患っております。

全く見えないわけではありませんが、

文字を読む際は拡大鏡が必要ですし、

視野障害があるため人ごみなどは苦労します。

また暗いところが見えにくいため、夜道は白杖を使用しています。

そのため臨床では、

相手の表情を細かく把握できなかったり、

皮膚の状態・色が判断しづらかったりします。

また、

視野が狭いため、

動作分析や姿勢分析などは、目を上手く動かしたり距離感を調節するなどの工夫をして何とか行っています。

つまり、

視覚に頼る評価は健常なセラピストに比べて不利な部分があります。

そうした境遇があり、

「触診」という部分は視覚に頼らずに相手の身体の情報を得ることが出来るので、

ここをストロングポイントにしようと、

常日頃意識をし続けていきました。

その結果、

患者様の評価・治療には支障がなく、しっかりと患者様に治療効果を出せるように今はなっています。

そうした経験から培ってきた

「触診の極意」

を今からお伝えしていきます!

 

<触診のコツ・テクニックを学ぶ前にまず知っておくべき心構えとは?>

早速、触診コツやテクニックをお伝えしたいのですが、

前提として、

「触診をする上での心構え」

があります。

これが定まっていない方は、いくらコツやテクニックを教わっても触診が達人レベルまで上手くなることはできません。

その在り方とはなにか?

それは、

「相手の状態を感じ取ることだけに集中する事」

です。

どういうことかと言いますと、

触診をする際に陥りやすいのが、

筋や内臓などを、

「どこかな~。これかな~。」

と探っていくように触ってしまいがちですが、

これはNGです!

最も触診が上手くならない典型的なパターンです。

探るのではなく、

「相手が身体の状態を発信してくれるのを待ち受け取る。

といったスタンスがとても重要です。

こちらから探ろうとすると、相手は意識・無意識を問わず、

不安や不快感を感じ、

防御性収縮が入ってしまい、

正しく触診ができなくなります。

感じ取ることだけに集中すると、

相手から勝手に身体の状態を伝えてくるような感覚を味わえます。

それを素直にそのまま受け取ればよいのです。

そうすれば深いところの触診や、

細かい筋硬結を触るといったことが、

簡単にできるようになります。

 

これが触診の本質になります。

ここまでぜひ府に落としていただきたいです。

ここの意識が抜けている方はいつまで経っても触診が上手くはなりません。

触診のための触診ではなく、

治療のための触診をぜひ身につけていただくための在り方になりますので、

日々の臨床で触診をする際は意識をしてみてください。

 

では実際に、

相手の状態を感じ取るためにはどのようにしたらよいのか?

的確に感じ取るためのコツやテクニックを

次回のブログでご紹介しますので、

楽しみにしていてください!

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございました!

 

渡会 賢

追伸

栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガを無料で配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

理学療法士-作業療法士-セミナー

いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
以下がセミナー詳細です!

ご希望の多かった【自律神経障害セミナー】が開催されます!
便秘、冷え性、頭痛、アレルギー、花粉症、アトピーなど自律神経障害が【治せない】と悩んでいませんか?自律神経障害を改善できるセラピストになるための3つのポイントとは?
以下がセミナー詳細です!

自律神経障害セミナー

ピックアップ記事

  1. 知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識
  2. 内臓治療をやる上で重要なイネイトインテリジェンスについて
  3. 大腰筋のアプローチ方法をいくつ知っていますか?
  4. 内臓評価時間を短縮する問診スキル「西洋編」
  5. 【筋骨格治療】階段昇段時の膝の疼痛でアプローチすべき筋は?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    十二指腸 内臓治療編 【テクニック・内臓治療・マニュピレーション】

    十二指腸治療編 【テクニック・内臓治療・マニュピレーション】 …

  2. ALLアプローチ協会

    【血管アプローチ第5弾】慢性疼痛の原因もやもや血管とは?(五十肩・腰痛・膝痛)

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    冷え性に対する筋・筋膜アプローチ

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  4. ALLアプローチ協会

    細菌と血液の質が、自己治癒力を高める

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    なぜ「咬筋」の治療が頭痛改善に繋がるのか?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 健康・体質・栄養

    体液循環システムの治療「リンパ液」
  2. ALLアプローチ協会

    【膝OA】膝の痛みを一気に取り除く!ピンポイントアプローチとは?
  3. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅢ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  4. ALLアプローチ協会

    承認の在り方が、片麻痺患者様の歩行自立に導いた症例
  5. 内臓治療

    脾臓反射点~治療 生理学まで【脾臓₋反射点₋治療】
PAGE TOP