ALLアプローチ協会

【触診が苦手なあなたへ】セラピストのための身体感覚調整法について

かk皆さんこんにちは♪

ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会賢太です。

当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床で即使える治療テクニックや介入のヒントをお伝えします。

 

今回は、

【触診・身体感覚】セラピストのための身体感覚調整法について

というテーマでお話していきます。

 

当協会のブログをご覧になられている皆さんは、

患者様によりより治療やサービスを提供するために、

日々治療技術の向上や知識・スキルの習得に努めているかと思います。

当協会のセミナーに参加される方も皆さん、

本当に向上心の高い方々が多いです。

そんな受講生さんの中で、

・内臓治療の方法は分かったけど、しっかりと触れているのかわからない。

・内臓が緩んでいるかどうかがわからない。

・筋肉が緩んでいるかどうかわからない。

・一次呼吸が掴めない。

・筋の硬結部位を正しく触診できているかわからない。

・エネルギー療法を覚えたが、感覚が今一つ掴めない。

と、

治療感覚に対して自信がない方が多くいらっしゃいます。

また、

・日によって触診の感覚に差がある。

・治療後に悪い状態をもらいやすい。

・患者様によって、手の感覚が分かる時と分からない時がある。

・静かな空間だと感じ取れるが、リハ室など人が大勢いてうるさい環境だと感覚が掴みにくい。

といように、環境や個人的な体調によって手の感覚に差があり、一定した治療効果を出せないとお悩みのセラピストも多くいらっしゃいます。

ブログをご覧になられている皆さんも当てはまるところはいくつかあるかと思います。

 

そこで今回は、

以上のようなお悩みのセラピストの皆さんのための、

エネルギー、経絡、チャクラの理論を基にした、

「身体感覚調整法について」

ご紹介させていただきます。

 

【セラピストのための身体感覚調整法~手・上肢編~】

ここでは、

「治療に必要な手を作っていくワーク」

をお伝えします。

 

 

  爪のマッサージ

まず、両手指の爪の付け根の部分をマッサージします。

ここは、

「経絡の出入り口」

とされている、

「井穴(せいけつ)

がある部分になります。

経絡は東洋医学で言う、

「気の流れ」

を指しますので、

相手の状態を感じ取る、相手にイメージを送る上でも、

調整しておく必要があります。

 

②第4・5中手骨の間をマッサージ。

  前腕尺側と上腕内側をさする。

ここは、

「心経」

という経絡の通り道であり、心臓とつながりがあります。

心臓がある胸骨の中央には、

「第4チャクラ」があり、

別名、

「ハートチャクラ」

と言われています。

チャクラにはシンボル(象徴)があり、

「十字架」

を指します。

このように、

「心臓」や「心経」は治療にとても関わりが深い身体の構成要素になります。

なので、

私たち治療家はこの心経の流れを良くすることは、

とても重要ということです。

 

【セラピストのための身体感覚調整法~頭部~脊柱編~】

ここでは、

「治療に必要な身体感覚の軸を整えていくワーク」

をお伝えしていきます。

この方法を活用することで、

・セラピスト自身の体調

・患者様

・治療場所の環境

に左右されることなく、

安定して治療感覚を維持できるようになります。

日によって感覚に振れ幅が出てしまうような方にはぜひやっていただきたいワークです。

 

  頭頂部をマッサージ

ここは、

「百英(ひゃくえい)

という経穴(ツボ)があり、

「エネルギーが出入りるする部分」

と言われています。

 

  眉間をマッサージ

ここには、

「第2チャクラ」

が存在しエネルギーの通り道とされています。

 

  左右の鎖骨の間をマッサージ

左右の鎖骨と胸骨の上方にある窪みをマッサージします。

ここは、

「第3チャクラ」

がある位置になります。

 

  胸骨中央をマッサージ

ここは、

「心臓」

「第4チャクラ」

の部分になり、

上記でも説明した通り、

治療に深い関わりがある部位になります。

 

  みぞおちをマッサージ

ここは、

「第5チャクラ」

がある部位です。

また、

「横隔膜」

「内臓全体」

のセルフメンテナンスにもなります。

 

  頭頂部から右下方に手で払っていく

最後に全体性を整えていきます。

 

<まとめ>

以上のような方法を実践していただくことで、

・触診の感覚が高まり評価、治療の精度が上がった。

・患者さんや日によるムラが少なくなった。

・患者様からもらいにくくなった。

などの変化を実感された方多くいらっしゃいましたので、

是非、明日からの臨床で活用していただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。

それではまた!

ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会賢太

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから↓

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから↓

ピックアップ記事

  1. 【血管アプローチ】血流の血管の機能低下を見つける簡単なポイント
  2. 【実技動画あり】内臓治療が誰でもできるようになる5ステップとは?
  3. 脾臓の解剖学的イメージ【膜】
  4. 【症例報告・スポーツ】筋・筋膜・運動連鎖・経絡を考慮した回復支援
  5. 【内臓アプローチ応用】 バランス機能改善と内臓アプローチ

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    後脛骨筋の解剖学的特徴について…

    後脛骨筋の解剖学的特徴について…From 山口拓也 埼玉 越…

  2. ALLアプローチ協会

    【五十肩】肩治療で絶対に診ておきたい7つの筋とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカル…

  3. ALLアプローチ協会

    内臓治療 使うタイミングが分からないあなたへ

    みなさんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー …

  4. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】方向転換時の膝の痛みを改善させるアプローチ方法とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます♪…

  5. ALLアプローチ協会

    片頭痛を筋膜リリースでスッキリ改善!?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  6. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】逆流性食道炎に対するアプローチと思考方法

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【五十肩】肩治療で絶対に診ておきたい7つの筋とは?
  2. ALLアプローチ協会

    一日の中で、症状の変動がある患者様でお困りのあなたへ
  3. ALLアプローチ協会

    なぜ、大腰筋で五十肩が改善するのか?
  4. ALLアプローチ協会

    【鼠径痛ケース】筋連結ラインを自分で見つける楽しみ方
  5. 山口拓也

    セラピストに必要な治療効果を上げる5つの瞑想をご紹介
PAGE TOP