ALLアプローチ協会

【評価テクニック】評価に必要な3つの診とは?(問診・視診・ 触診)

皆さんこんにちは♪

ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会賢太です。

本日も当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

理学療法士・作業療法士・柔道整復師に向けて、

明日からの臨床で即使える治療テクニックや介入のヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、

【評価テクニック】評価に必要な3つの診とは?

というテーマでお話していきます。

 

治療をしていく上で、

患者様の悩みや問題点の原因が何かをしっかりと評価して明確にすることが結果を出すために最重要です。

いくら素晴らしい治療技術や圧倒的に筋を緩めるようなゴッドハンド級の手技をあなたが持っていたとしても、

その方の痛みやパフォーマンス低下の原因にアプローチができなけらば、

全く意味がありません。

例えば、

野球選手で160㎞の剛速球を投げることが出来たとしても、

ストライクゾーンに入らなけらばアウトを取ることは出来ませんし、

制球を誤ってしまえばデッドボールなんてこともあります。

これを治療で例えれば、

かえって症状を悪化させてしまうような結果すら起こすこともあります。

つまり、

治療を展開するうえで、

評価をまずしていくことは必須となります。

 

その評価をする上で、

基本となる3つの診について今回は解説していきます。

 

それは、

  問診

  視診(動診)

  触診

の3つになります。

  問診

まず初めに、相手の話を聞くところから患者様の症状の原因を探っていくことがファーストステップになります。

ただし、

いきなり初診で、

原因の評価のための問診をしていくのはナンセンスです。

まず前提として、

相手とのラポール形成をし、

相手の悩みや問題、欲求や希望を明確にしていくとが必要です。

相手の悩みや欲求が明らかになってから、

ではその原因はなにか?

を探していくための問診をしていく。

この順番は間違えないようにしてください。

 

ではどのように問診をしていくか?

そのコツは、

過去~現在に至るまでの経緯・エピソードを聞く。

これに徹することが重要です。

例えば、

「腰が痛くて仕事ができる状態じゃなくなってしまい困っています。」

といった症状でお悩みの方がいたとして、

当然、腰に痛みはない。もしくは、仕事ができなくなるほどの腰痛がなかった過去があると思います。

そして、

どのようにして腰痛が強くなってしまったか、いつから痛くなってしまったのか。

「1週間前に朝起きたら痛くて起きれなくなりました。」

とおっしゃった時に、

「1週間以上前は仕事が忙しかったりしましたか?」

と尋ねると、

「そうですね。年末は仕事で立っている時間が長かったです。」

といったようにおっしゃったりします。

これだけでも、もしかしたら仕事の過労によるものかな?

と推測ができ、

さらに、

「仕事ではどういった動作が多いですか?」

などと質問をして、原因を絞ることができます。

このように、

現在の悩みや症状に至ったプロセスに必ず原因のヒントが隠されているので、

過去の出来事や生活にスポットを当てて問診をしていくことはとても重要ですので、

是非参考にしていただけたらと思います。

 

  視診(動診断)

これは、

・姿勢

・関節可動域

・動作の特徴(代償動作、動いていない部分など)

・立ち上がり、歩行の特徴

・表情

・皮膚の色

など、視覚的に捉え判断できる部分になります。

 

私が臨床で最も意識している事は、

姿勢と動作の特徴です。

姿勢では、

仙腸関節と肩甲骨のアライメントはどの患者様でも診ます。

そして、

体幹回旋や前屈など、

その方の主訴に合わせて動作を選択しますが、

動作の際に、

「どこが動いていないのか。逆にどこが動きすぎているのか。」

動いていない部分というのはかなりその方の症状やパフォーマンス低下に関わっているケースが多いですし、

動きすぎている部分は二次的に障害を受けており原因となっているケースが多いです。

まずは、この2つ、

「姿勢」、「動きの特徴」

を診ることを意識していただくと比較的原因にたどり着きやすいです。

 

 

  触診

実際に、筋・内臓・頭蓋骨などを触ってみてどんな状態化を正常と比較しながら調べていくのが触診です。

 

気を付けていただきたいのが、

いきなり触診をしてしまうのは非常にナンセンスです。

なぜなら、

触ってしまうとどうしても評価の幅や視野が狭くなってしまい、

真の原因を見落としてしまうことにつながるからです。

人は意識を狭い範囲に向けてしまうと、それ以外が見えなくなってしまうといった性質を持っています。

これを、

「スコトーマ(心理的盲点)

といいます。

なので、

まずは触らずに、問診・視診(動診)から入っていき、

ある程度原因の部位を絞ってから触診に入る方が、

原因を的確に見つけやすいですし、患者さんへの負担も軽減し、

患者さんからの反応もとても良いので、

この流れで評価を進めていくことをおススメします。

 

⓵の問診、②の視診(動診)はとても重要ですが、

⓷の触診について詳しく次回以降のメルマガでお伝えしようと思います。

私は、視覚に障害があり、

視力と視野障害などがあるため、

問診の際の相手の表情や視診での皮膚の色など細かい評価でハンデがある部分がどうしてもあります。

その中で私は、この触診という部分を誰よりも磨き上げたつもりですし、ここのアドバンテージでカバーしている部分が大いにあります。

なので、

私の経験や試行錯誤から得ることが出来た、

「触診の極意」

について紹介していきますので、

楽しみにしておいてください!

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございました!

 

渡会 賢太

 

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガを無料で配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

理学療法士-作業療法士-セミナー

いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
以下がセミナー詳細です!

ご希望の多かった【自律神経障害セミナー】が開催されます!
便秘、冷え性、頭痛、アレルギー、花粉症、アトピーなど自律神経障害が【治せない】と悩んでいませんか?自律神経障害を改善できるセラピストになるための3つのポイントとは?
以下がセミナー詳細です!

自律神経障害セミナー

 

ピックアップ記事

  1. 【血管アプローチ】下肢の血流を改善する7つのポイント
  2. 便で簡単健康チェック
  3. 便秘で困る本当の理由
  4. セラピストが知っておきたい東洋医学の基礎知識
  5. 栄養ください!!肝臓は、無料で働かない

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】子宮の硬さがTFL・大臀筋の筋硬結起こす理由を徹底解説

     内臓治療 子宮と筋骨格の関係について・・・  FRO…

  2. ALLアプローチ協会

    【頭蓋治療】耳を使った頭蓋のセルフメンテナンス公開します!

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  3. ALLアプローチ協会

    腸腰筋のセルフメンテナンス (大腰筋ストレッチ ・筋トレ・柔軟性ex)

    こんにちはいつもALLアプローチ協会の公式ブログを読んで頂き誠に有…

  4. ALLアプローチについて

    湿布は効かないという固定観念を手放す

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー改め…

  5. ALLアプローチ協会

    知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識

    みなさん、こんにちは。関西支部の井上です。&n…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 筋骨格系

    横隔膜評価、テクニック編【呼吸補助筋や腰痛、背部痛】
  2. 山口拓也

    患者様の頭痛を改善するために筋膜リリースが必要な筋肉をご紹介 
  3. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅠ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  4. ALLアプローチ協会

    眼精疲労に有効な筋・関節・頭蓋アプローチについて
  5. ALLアプローチ協会

    【経絡治療】内転筋の過緊張を一気に緩和させる経絡アプローチとは?
PAGE TOP