ALLアプローチ協会

評価VS治療 どっちが大事?

いつもの公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

「評価VS治療 どっちが大事?」

というテーマでお話していきます。

 

 

結論から言いますと、

「評価」

が大事かなーと思います。

どれだけセラピストのあなたが、

治療テクニックや治療法などを学んでいて、

圧倒的な治療技術を持っていたとしても、

目の前の患者様の症状の原因部位を、

的確に評価をして、

その原因部位に対して治療しなければ、

なかなか結果が出てこない。

安定した治療成果が出てこない。

というのが事実としてあるので、

やはり、

検査・評価のスキルは、

とても大事です。

 

しかし、

ここには大きな落とし穴といいますか、

注意していただきたいことがあるんですね。

もちろん、

評価・検査というのは大事ではありますが、

まずは、

治療の知識や技術を持っていることが前提だと思っています。

私の中ではこれを、

「治療の在り方」

と位置付けているのですが、

言い換えれば、

「治療の概念」

ですね。

そこが身についていないと、

治療の診れる幅が狭いわけですから、

その方の原因を的確に見つけるのは難しいと思います。

だからこそ、

「筋膜」や「内臓」や「経絡」、「頭蓋」、「エネルギー」、「操体法」など、

あらゆる分野の知識や治療技術を身につけて、

様々な視点を持つことが、

まずは必要かなーと思います。

 

そこが不十分な状態では、

評価とか検査をしても、

的確に原因を導き出す事って、

難しいと思っています。

逆に、

治療の知識や技術、

そして治療の経験、成功体験が積み重なっていくことで、

だんだんと直感的に、

患者様の原因が見えてくるようになってきます。

その結果、

治せる患者様が増えてくると私は思っています。

 

まずは、

治療技術や知識を、

基本的なところでいいので、

幅広く、

固定観念にとらわれずに、

学んでいただくことが、

必要になってくると思います。

 

マニアックな治療テクニックは、

正直、

好きな人は学んだらいいんじゃないかなーぐらいにしか思っていません。

治療テクニックおたくだった私が言うのもなんなんですが…。笑

そこまで、

一つの治療テクニック・治療法にこだわる必要はないと、

私の経験から言わせてもらいます。

 

それよりも、

あなた自身が、

最もやりやすい方法で、

幅の広い分野の知識・治療テクニックを学ぶことが、

結果の出せるセラピストになりたいのであれば、

最初にすべきことかなーと思います。

そこから、

検査・評価に必要なスキルを学んでいく方が、

僕は一番効率的にセラピストとして成長できるのではないかなと思います。

 

実際理学療法士のほとんどが、

〇〇法、〇〇療法、〇〇アプローチなどといった、

一つのテクニックや概念をひたすら追い求める傾向にあります。

別にそれが悪いというわけではありませんし、

専門性を高めることもとても大切です。

しかし、

それは今の時代にはフィットしていないと思います。

今減殺の患者様の症状の原因は、

とても複雑化していると思います。

それは、

現代の食文化や科学技術の発展により、

生活習慣がここ数十年で大きく変容しているからです。

 

今の時代に求められているのは、

「広い視野で包括的に患者様を診る能力」

だと私は確信しております。

 

ですから、

まずは幅広い分野を知り、

治療技術を習得することが、

あなたがセラピストとして患者様に結果を出したい、貢献がしたいのであれば、

とても重要なステップだと思っています。

 

【まとめ】

今回は、

「評価VS治療 どっちが大事?」

というテーマでお話してきました。

結論は、

「評価」

が最も大事です。

しかし、

「治療のスキル」

が身についていることが前提条件であることを忘れてはいけません。

これは、

専門的な知識・スキルを追い求めることではなく、

幅広い分野を学ぶことで、

様々な視点を持つことが出来ますので、

自然と評価・検査の精度が上がってきます。

基本的な知識・技術を学んで行ったら、

次に評価・検査のスキルを磨いていくことで、

より多くの患者様に貢献で来ると思いますので、

是非とも参考にしていただき、

セラピストとして飛躍的な成長を遂げていきましょう♪

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございまました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

【九州】開催日時:1125日(日曜日)開催

自律神経障害セミナー 

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです

ピックアップ記事

  1. 【内臓治療】 肝臓が訴える不調のサイン(前編)
  2. 【内臓治療】腎臓の治療効果が最大化する3つのポイントとは?
  3. 心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーin東京 12月17日 本当にレベルの高い1日 …
  4. 【腰痛】【痺れ】下後鋸筋と腰痛・痺れの関連性
  5. 触診を磨きたいあなたへ 触診の極意「イメージ力」

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    片頭痛に対する頭蓋治療・内臓治療のポイント

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善させる方法~外旋六筋~

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  3. ALLアプローチ協会

    【五十肩】右肩外転時の痛みを内臓治療で改善させる方法

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  4. ALLアプローチ協会

    冷え性改善治療【内臓アプローチや筋骨格テクニック】

    冷え性改善治療【内臓アプローチや筋骨格テクニック】From 山口拓…

  5. ALLアプローチ協会

    【筋膜×内臓】筋膜治療で膵臓を調整する方法とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    触診の達人になるための「タッチのコツ」【内臓治療等で重要なタッチとは?】
  2. ALLアプローチ協会

    肋骨と内臓の関係性【内臓治療‐反射点一覧】
  3. ALLアプローチ協会

    健康・体質・栄養

    あなたは腸内細菌の奴隷
  4. ALLアプローチ協会

    誰でも腸活って実は危ないこともある 小腸内細菌増殖症(SIBO) 後半
  5. ALLアプローチについて

    瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】
PAGE TOP