ALLアプローチ協会

誰でも腸活って実は危ないこともある 小腸内細菌増殖症(SIBO) 後半

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は前回の続きとして

腸内細菌ブームの落とし穴!? 小腸内細菌増殖症(SIBO)

後半についてお伝えさせていただきます。

 

 

今回はSIBOのタイプの説明

短鎖脂肪酸の落とし穴

短鎖脂肪酸とインクレチンが逆流性食道炎にもたらす影響

 

についてお伝えします。

 

【SIBOのタイプ】

①下痢型のSIBO

②便秘型のSIBO

 

それぞれ、少し病気が起こるメカニズムと症状に

違いがあります。

 

「下痢型SIBO」

特徴としては

過剰な腸内細菌が炭水化物を発酵させ

小腸の中で過剰な水素を発生させます。

小腸は水素に敏感なため、

水素ガスによってお腹がパンパンに張り、

下痢の症状を引き起こします。

 

そしてこの水素ガスとともに生まれるものが

過剰な単鎖脂肪酸です。

 

短鎖脂肪酸とは

(酪酸、酢酸、乳酸、プロピオン酸)のことで

少量であれば肥満を抑え、

動脈硬化を抑え、血糖値を安定させる

良い効果があり注目されている成分です。

 

しかし、SIBOや過敏性腸症候群の

患者さんにおいては注意が必要です。

 

短鎖脂肪酸によって小腸の粘膜から分泌すされる

インクレチンというホルモンは

腸の粘膜にある血管から吸収され

血液の流れにのって膵臓に働きかけ、

インスリンの感受性を高めてくれる

働きもしますが、

 

短鎖脂肪酸の過剰分泌によるインクレチンの増加は

胃や大腸の動きを悪くする為

下痢や腹痛を悪化させてしまいます。

 

胃腸の動きが悪くなると

食べ物の消化管通過時間が延長し、

食べ物と腸内細菌の接触する時間が

延長するため、

腸内細菌はさらに食べ物を発酵させ

水素ガスや過剰な短鎖脂肪酸を作り出し

お腹の調子をさらに崩すという悪循環になります。

 

加えて、インクレチンは食道括約筋を

緩める作用があるためインクレチンが増えると

逆流性食道炎が増えることが報告されているそうです。

 

以前逆流性食道炎を悪化させる要因について

メルマガを書かせて頂きましたが、

喘息の薬にも食道括約筋の働きを阻害する問題があるので

注意が必要です。

 

 

健康に良いとブームになっている短鎖脂肪酸ですが、

人によって逆効果になりやすいことがありますので

注意が必要です。

 

 

もともと腸に不調のない健康な人も

「腸活」と称して

水溶性食物繊維や発酵食品をとりすぎて

健康を害する基になります。

 

なんでも推奨摂取量や

普段の健康状態をキチンと問診してから

対処することが重要となります。

 

続いて

「便秘型SIBO」について

下痢型SIBOでは水素ガスが小腸で発生することが

特徴的でしたが、

便秘型SIBでは

小腸の中でメタンガスが発生しやすいことです。

 

メタンガスは小腸の中にいる

古細菌と呼ばれる

細菌やウイルスなどとは別の

生態系の生物が腸内の水素を消費することで

発生させます。

 

水素4分子でメタン1分子を発生させることができるので

腸内の水素を減らすには古細菌は一役かっているわけですが、

メタンはメタンで悪影響があります。

 

メタンガスは腸の働きを抑制し、

腸内の物質を通過させる能力を低下させます。

 

そのため便秘になりやすく

お腹の張りも発生しやすいのです。

 

通常人の腸の中には200mlのガスが

溜まっていますが、

便秘や下痢の人では50ℓもの

ガスがたまっているそうです。

 

 

また、抗生物質を使った治療で

メタンガスを減少させると

総コレステロール、悪玉コレステロールの値が

有意に改善したとの報告もあります。

つまり、メタンガスは代謝に影響を与え、

メタンガスが多い人は

メタボになりやすいというとになるので

注意が必要です。

 

体形にも違いがあり、

下痢型のSIBOはやせ型体形

便秘型のSIBOは肥満型体形になります。

 

 

これら水素ガスやメタンガスは

SIBOの検査にも利用されます。

 

 

以前メルマガで書かせて頂きましたが、

脳腸相関があるため

SIBOの症状が強くなってくると

お腹の不調だけでなく

うつ症状や行動にも影響してくるので

腸の状態を整えることはとても重要となります。

 

最近ブームの腸活にもいろいろ注意が必要なことが

分かってきましたね。

 

こういった症状を訴える方にであったら

専門の病院を紹介するか

ある程度過剰な腸活を控えて様子をみることも

提案する必要がありますね。

 

私も今思うとSIBOだったのではないかと

思い返される患者に会っていて

専門的に相談に乗れなかったことが

悔やまれます。

 

次回は完結編としてSIBOに関する

SIBOを引き起こす原因

SIBOを予防・改善する方法

についておつたえさせていただきます。

 

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

【コラボセミナー】
先着20名様限定

【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】

セミナー

 

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

ピックアップ記事

  1. なぜ、内臓治療を行った方がいいのか…【内臓調整、テクニック、マニュピレーション】…
  2. 浅層フロントライン(SFL)&浅層バックライン(SBL)
  3. ポ○モン育ててる場合じゃない!細菌育ててモテましょう!
  4. 坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態と特徴を踏まえて】
  5. 誰でも腸活って実は危ないこともある 小腸内細菌増殖症(SIBO) 後半

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    胸鎖乳突筋の重要性【自律神経‐内臓との関連‐治療】

    胸鎖乳突筋の重要性【自律神経‐内臓との関連‐治療】皆さん こんにち…

  2. 内臓治療

    自律神経障害 冷え性に対する内臓治療紹介‼︎

    冷え性 内臓アプローチについてFrom 山口拓也埼玉県 越谷レ…

  3. 内臓治療

    【番外編】君の膵臓をたべたい 病気を考察してみた

    【番外編】君の膵臓を食べたい 病気について From 山口拓也…

  4. ALLアプローチ協会

    胸骨治療の重要性【リンパ・メンタル・自律神経への関与】

    胸骨治療の重要性【リンパ・メンタル・自律神経への関与】From 山…

  5. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みがなかなか取り切れないあなたへ

     皆さんこんにちは☆ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー …

  6. ALLアプローチ協会

    【膝OA】しゃがみ・膝屈伸時痛に有効な筋骨格・内臓・経絡アプローチ

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただきありがとうございます。AL…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会の仲間が欲しい

    【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーin東京】楽しかったセミナー!
  2. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 胃の調整が膝折れの改善につながった症例
  3. 渡会賢太

    【経絡治療】経絡調整3つのテクニック公開!
  4. ALLアプローチ協会

    「朝起きると痛い…。」腰痛に打ち勝つ方法とは?
  5. ALLアプローチ協会

    恥骨の調整に重要な筋・内臓・経絡について
PAGE TOP