ALLアプローチ協会

【運動連鎖】肩甲骨と歩行の関係性 運動連鎖から捉える

皆さんこんにちは!

ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会賢太です。

本日も、当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

理学療法士・作業療法士・柔道整復師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床で即使える治療テクニックや介入のヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、

「肩甲骨と歩行の関係性 運動連鎖から捉える」

というテーマでお話していきます。

 

私は、

回復期のリハ病院で働いているのですが、

脳梗塞や脳出血などの脳血管障害によって、

片麻痺などの運動麻痺を呈した患者様などを診させていただく機会が多くあります。

リハビリを進めていく中で理学療法士の私は、

自宅復帰に向けて歩行の獲得を図るために、

歩行のパフォーマンスを上げていくために介入をしていくことが多いです。

歩行能力を高めていくために、

骨盤や股関節、下肢に対して、筋骨格のアライメント調整や収縮促通などのアプローチをしていくことはもちろんありますが、

肩甲骨へのアプローチによって歩行が変化する方も経験上多いです。

 

「肩甲骨のスタビリティーが

とか、

「肩甲骨が安定してて

とか、

肩甲骨にアプローチをして歩行が変わるとか、

基本動作が変わるとか、

肩甲骨の状態が歩行に限らず様々な動作に影響しているというのは、

ご存知の方も多いと思います.

 

そこで、

今回は、肩甲骨と歩行の関係性を、

「運動連鎖」

という視点から捉えて、

結果を出すための介入のヒント

ご紹介いたします。

 

歩行において、まず初めに大切なのが

IC(イニシャルコンタクト)

になります。

これは、歩行の周期で言うと、

踵が床面に接地するタイミングを指します。

いわば歩行のスタートの部分になりますので、

ここが崩れている方は、

それ以降の周期も崩れていきやすいので、

このICを安定させることが重要になります。

 

このICに関わる運動連鎖について、

関節の動きとどの筋がどういった作用をするのか、

について詳しく話していきます。

まず関節の動きは、

ICの場合、

仙骨は右回旋・前傾。

特に、仙骨の下部が大きく開くといった動きがみられます。

右肩甲骨は内転。

といった連鎖があります。

ざっとこういったところを知ってもらえれば良いです。

次は、この関節の動きを果たしている筋の動きについて解説します。

 

まず、

仙骨が右回旋するということは、

仙骨が右の大腿骨から離れていきます。

だとすると、

仙骨の下部と大腿骨大転子に付着している筋は伸びますよね。

つまり、

大殿筋下部繊維は伸張しながら収縮をします。

次に、

仙骨が前傾するということは、

腰椎棘突起と仙骨は近づきます。

だとすると、

腰椎棘突起と仙骨に付着している筋は縮んでいきますよね。

つまり、

多裂筋は短縮方向に収縮します。

続いて、

肩甲胸郭関節が内転するということは、

肩甲骨は同側の上腕骨から離れていく方向に動きます。

そうなると、

肩甲骨棘下窩と上腕骨大結節に付着している筋は伸びていきますよね。

つまり、

棘下筋の上部繊維は伸張方向に収縮をします。

 

 

これらの筋に硬結や筋緊張の亢進がみられるかを評価していください。

もし問題があれば、

大殿筋下部繊維・棘下筋上部繊維が伸びることが出来る状態にするために、

徒手で硬結を取っていったり、運動により筋緊張の緩和を図ったりといったアプローチをし、

多裂筋が縮みやすい状態にするために、

筋収縮の促通や仙骨前傾の可動域訓練を行うなどのアプローチをしていきます。

その結果、

仙骨の回旋・前傾、肩甲胸郭関節内転の動きが出てきます。

そうすることで、

歩行のイニシャルコンタクトが安定しやすくなり、

歩行能力の向上へと繋がります。

 

この歩行のICで肩甲骨と歩行の関係性で重要になってくるポイントは、

棘下筋と肩甲骨内転の動き

これをチェックし問題があれば介入していくことです。

その結果、歩行のパフォーマンス向上へと繋がります。

 

このように、

運動連鎖という視点を使うことで、

肩甲骨へのアプローチから歩行のパフォーマンスに変化を出すことができますので、

ぜひ臨床で活用していただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました!

それではまた♪

ALLアプローチ協会 渡会賢太

本日の記事はいかがでしたか?
メルマガやユーチューブもやっておりますので、ご登録よろしくお願い致します。


追伸
メルマガ登録はこちら

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内

以下、セミナー詳細になります↓

 

ピックアップ記事

  1. 腎臓の解剖学的イメージと膜について
  2. 【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part⓶左肩編
  3. 内臓治療に対する臨床思考「和洋折衷」
  4. 肩こりアプローチ 見逃しやすい筋膜3つのポイントについて
  5. 【内臓治療】【身体感覚】ファスティングをすることで得られる感覚

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    リハビリセラピストでも聞いたことがある経絡×筋膜×内臓治療について(経穴編)

    リハビリセラピストでも使える上肢経絡治療についてFrom 山口拓也…

  2. ALLアプローチ協会

    古傷、事故、外傷の既往が筋・筋膜・疼痛に与える影響

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. 健康・体質・栄養

    【腰痛治療 パートⅡ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  4. ALLアプローチ協会

    内臓治療の効果が3倍以上向上する! 反射点治療の臨床活用法とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  5. ALLアプローチ協会

    肩こりアプローチ 肘・手首による影響について

    from 山口拓也自宅 デスク よりいつもAL…

  6. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージをより明確にする 前半

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    ALLアプローチ協会

    【心理学×ALLアプローチセミナー】受講者様の声(相場先生)
  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療 肺の重要性‼︎ 肺と東洋医学の関係?
  3. 健康・体質・栄養

    便秘で困る本当の理由
  4. ALLアプローチ協会

    手のアーチ 足のアーチの重要性とは?【構造‐機能‐筋肉】
  5. 内臓治療

    カーフサインって知ってますか?【内臓の関係】
PAGE TOP