ALLアプローチ協会

頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?

頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?

From 山口拓也
埼玉 越谷 治療院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?
というテーマでお伝えしていきます。

 

【まず、脳脊髄液って何?】

脳脊髄液の説明をさせて頂きます。

脳脊髄液は、CSFと呼ばれております。

脳室やクマ膜下腔を満たすのが脳脊髄液で無色透明な液体です。

 

脳脊髄液を産生する部位は、脈絡叢というところから産生します。

脈絡叢がある場所は、側脳室、第3脳室、第4脳室です。

この3つの脳室で産生された脳脊髄液は、一方向に流れていく(出口が1つしかないため、モンロー孔、中脳水道、ルシュカ孔などを通る)

 

脳脊髄液の道のり

側脳室→(モンロー孔)→第3脳室→(中脳水道)→第4脳室→(ルシュカ孔)(マジャンディー孔)→クモ膜下腔→くも膜顆粒から静脈に流れる。 

クモ膜下腔の中で大後頭孔を通り脊柱管に入った脳脊髄液(ごく少量)は、脊髄に取り巻く静脈に入るパターンと脊髄神経の神経鞘に入り最後にはリンパ液と混ざる。

※1次呼吸の際に屈曲相で脊柱管に入る脳脊髄液はごく少量であることを覚えておいてくださいね。ゆえに屈曲相は、頭が横に大きく広がる感覚があります。実際に頭蓋内の脳脊髄液量が増えるので当たり前ですが…

 

頭蓋内圧の亢進が問題

脳脊髄液が、脳内に貯留し脳実質が圧迫されることによって頭痛や嘔吐、痙攣、徐脈などにつながる。

頭蓋内圧亢進の原因として、中脳水道の閉塞(中脳水道は細いため閉塞しやすい)やクモ膜顆粒からの吸収がうまく行えず頭蓋内圧の亢進が問題です。

 

脳脊髄液の役割

脳脊髄液の役割として、脳や脊髄の周りを満たし保護の役割が現代医療で言われているものです。

代替医療で言われているのは、老廃物の排泄や神経伝達の役割、神経系の調節も行っております。

 

脳脊髄液液減少症もあるので注意しましょう

脳脊髄液が減少している状態です。

亢進ばかりではないということですね。ですが、診断が非常に難しいと言われております。

原因としては、事故や転倒などによって脊髄が外に漏れ出してしまう状態です。

お医者さんの治療としては、安静や水分補給の指導をします。

我々が脳脊髄液産生の治療をしてもいいですが、外に漏れ出している状態なので慎重に行いましょう。

 

頭蓋仙骨療法で気をつけるべき点とは?

気をつけるのは、脳内出血を引き起こしやすい症例です。

具体的な疾患名を挙げると、脳動静脈奇形や脳出血、脳動脈瘤など。頭部外傷やくも膜下出血なども気をつけるといいと思います。

 

以上が脳脊髄液の重要性についてでした。

頭蓋仙骨療法は、自律神経障害で一部紹介しております。プレミアムコースでは、すべてご紹介させて頂きます。

 

本日の記事は、これで以上となります。

最後まで記事を読んでいただき本当にありがとうございました。

山口拓也

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

 

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガを無料で配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. セラピストは、どの治療テクニックから学べばいいのか?
  2. 腸間膜への内臓アプローチについて
  3. 【五十肩】右肩外転時の痛みを内臓治療で改善させる方法
  4. 「私の平熱35度台なんです~」 もう少しで死にかけますよ?
  5. 腸内細菌について

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    内転筋の効果的なアプローチに必要な知識・重要性について

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会 代表 山口…

  2. ALLアプローチ協会

    【大腿骨頸部骨折】筋膜リリース なぜ足部と下腿を治療する必要があるのか?

    いつも当協会の公式ブログ読みいただき、本当にありがとうございます。…

  3. 健康・体質・栄養

    睡眠の重要性【治療効果アップ、疲労回復、セロトニン、成長ホルモン】

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。大…

  4. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法重要 排液システム

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    誰でも腸活って実は危ないこともある 小腸内細菌増殖症(SIBO) 後半

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  6. ALLアプローチ協会

    なぜ、大腰筋で五十肩が改善するのか?

    いつも公式メルマガを読んで頂き本当に有難うございます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    【腰痛】【痺れ】下後鋸筋と腰痛・痺れの関連性
  2. 協会ブログ(セミナー、イベント、情報)

    ALLアプローチ協会 3日間連続セミナー (コンテンツ無し 日記)
  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】施術のやめ時がわからないセラピストのあなたへ
  4. ALLアプローチ協会

    アイパターンについて
  5. セルフメンテナンス

    【血管アプローチ】血流の血管の機能低下を見つける簡単なポイント
PAGE TOP