ALLアプローチ協会

頭蓋仙骨療法の1次呼吸が分かるためのコツとは…?

頭蓋仙骨療法の1次呼吸が分かるためのコツとは…?

From 山口拓也
セミナー会場 大橋会館から…

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
頭蓋仙骨療法の1次呼吸が分かるためのコツとは…?
というテーマでお伝えしていきます。

本日は、頭蓋仙骨療法の1次呼吸が分かるためのコツについて話していきたいと思います!

1次呼吸が把握できるようになるためには、通常3か月かかるともいわれています。
内臓治療が得意な方とか手の感覚レベルが高い人は、すぐ感じる人も多いのです。

ですが、これを読んでいる人は半分以上1次呼吸を感じられない方が多いと思うので
1次呼吸が分かること、感覚レベルを上げるためのワークをお伝えしたいと思います!

【頭蓋仙骨療法の1次呼吸を感じるためには…?】

コツやワークをお伝えする前に、1次呼吸を感じる1番の基本をお伝えしますが

まず、屈曲相(呼出期)と伸展相(吸収期)の動きを理解しましょう!

屈曲相:頭蓋骨の左右が拡大、仙骨後傾、下肢外旋

伸展相:頭蓋骨の前後が拡大、仙骨前傾、下肢内旋

理解したら、ひたすら患者さん、友達、家族、彼女の頭を触らしてもらって1次呼吸を感じていきます。

これが一番簡単に覚えることができますからね!

 

【感覚レベルを上げる方法!生活習慣編】

➀食事管理
食事を気を付けるだけで感覚レベルを引き上げることができます!
皆さんも油物や糖質の摂りすぎには注意しましょう。

よく患者さん治療すると疲れるとか悪いものをもらったとか言う先生もいますが
逆パターンも多いですからね…

治療家の先生の身体が悪いと患者さんにも伝わってしまい
良くならないので食事管理は大切です!

あと、水分も大事ですよ!
体重によっても変わりますが2リットル飲めると最適ですね。

まあ、食事にも水分が含まれているので最低1,2ℓ飲めると良いですね

 

②瞑想、グラウディング(グラウンディングという呼び方もあり)

瞑想とグラウディングはお薦めですよ!

昔の記事に瞑想とグラウディングについて詳しく書いてますので探してみてください!

 

③運動をする

運動も大切です!

やっぱ、人間のエネルギー量は運動で決まるとも勝手に思っています。

毎日、有酸素運動を行いましょう!

 

④精神面の管理

ストレスなどがあると感覚落ちますよ!

当たり前ですけど…

⑤呼吸に気を付ける

ヒーリングなども呼吸が大事というように常に呼吸が浅い人は感覚レベルが悪い人多いですね。

しかも、呼吸が浅いと治療疲れますよ。治療中は酸素が非常に大事になりますのでぜひ気を付けてください。

 

⑥自然に囲まれる

自然に囲まれると周囲からエネルギーをもらえるので健康管理にもいいですね。

山や神社は、非常にいいですね。いわゆるパワースポットってやつです!

【一時的に感覚レベルを上げる方法!】

➀井穴マッサージ

井穴は、経絡でエネルギーの出ところだと思ってください!

ここを強くマッサージするだけで一時的に感覚上がります!

 

②手のひらをこする

両手を優しくこすって感覚刺激を入れてあげましょう!

これだけでOKです!

 

③手根骨モビライゼーション(骨格を反復的に動かす)

手根骨が硬くなっている人が多いので、ここも反復的に動かしてあげましょう!

 

④姿勢を良くする

治療する際は姿勢を良くしましょう!仙骨座りなどは、感覚落ちますからね!

 

【治療や1次呼吸を感じるときのコツ】

➀相手に近づく

②胸骨を対象部位に向ける

③骨タッチをイメージする

④力まない

⑤体重は支持基底面に止める

⑥周辺視野にして治療部位を見すぎない

以上のことを気を付けつつ1次呼吸を感じていきましょう。治療する際も重要となります!

 

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!

 

山口 拓也
本日の記事はいかがでしたか?
メルマガやユーチューブもやっておりますので、ご登録よろしくお願い致します。

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 【難治性疼痛】なかなか治らない足部痛について:後半
  2. 耳鳴りを治療したい方へ‼︎ 必要な筋膜・内臓・頭蓋・経絡治療とは?
  3. 大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】
  4. 【触診が苦手なあなたへ】セラピストのための身体感覚調整法について
  5. 大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】上肢にアプローチして膝関節屈曲の痛みが改善した症例

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    【評価テクニック】評価に必要な3つの診とは?(問診・視診・ 触診)

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  3. ALLアプローチ協会

    脂肪と炎症と毒素(太ると良いことないなぁ~)

    おはようございます。all アプローチ協会  関東支部長  鈴木 …

  4. 山口拓也

    トリガーポイント(筋膜)と経穴(経絡)の関連性について【リハビリ セミナー】

    トリガーポイントと経血の関連性についてFrom 山口拓也埼…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    絶対知っておきたい耳鳴り治療で必要となる知識とアプローチ部位
  2. ALLアプローチ協会

    【筋膜治療】全筋膜ラインのまとめとその活用方法
  3. ALLアプローチ協会

    肩こりアプローチ 肘・手首による影響について
  4. ALLアプローチ協会

    内臓治療を内臓以外からアプローチする秘密の方法とは・・・?
  5. 内臓治療

    内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?
PAGE TOP