ALLアプローチ協会

頭蓋治療について【クラニオセイクラル‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】

頭蓋治療について【クラニオ‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
本当にありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
頭蓋治療について【クラニオセイクラル‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】
というテーマでお伝えしていきます。

【頭蓋治療って何?】

身体の中には、脳脊髄液や血液やリンパ液という液体がカラダを循環しておりますが

脳脊髄液の循環が悪くなることがあります。なので、頭蓋仙骨療法では脳脊髄液の循環を改善する治療となっております。

まず、頭蓋治療で知る必要があるのが硬膜です。

硬膜は、脳と脊髄を覆っている真っ白で頑丈な膜です。その中は、脳脊髄液が流れており

脳から仙骨(S2)までを循環しております。

脳脊髄液の流れを止めているのは、脳脊髄液は脳~脊柱~仙骨を循環しています。

そのため、頭蓋治療(クラ二オ)が頭蓋骨だけ治療すれば良いというだけでなく

下記が脳脊髄液を止めていることもあります↓

①頭蓋骨(前頭骨や蝶形骨、側頭骨、頬骨など……)

②筋肉(後頭下筋、胸鎖乳突筋、脊柱起立筋、骨盤周囲の筋なども含む。筋が仙骨や骨盤の動きを制限していることが多い)

③骨盤や脊柱(側弯している方などは、脳脊髄液の流れを悪くしている方多いですね)など

【そんな症例に治療するの?】
・便秘
・アトピー
・不眠
・頭痛
・リウマチ
・慢性内臓疾患
・がん
・生理痛
・アトピー
・内臓不調
・体質改善
・不妊症
・脳卒中
・冷え性など
・高次脳機能障害も含む

自律神経障害が多いですね。やはり、脳脊髄液は自律神経障害と大きく関連があります。

もし高次脳のリハビリなどもするなら、1次呼吸を整えるといいと思いますよ。

【脳脊髄液ってどんな液体?】

脳脊髄液は、CSFとも呼ばれております。

作り出されることは、第3脳室、第4脳室、側脳室の脈絡叢で生み出されます。

そして、上矢状静脈洞内のくも膜顆粒で吸収されます。

役割としては、脳と脊髄の保護、老廃物の排泄などが有名です。神経系の調節も行っているともいわれております。

【1次呼吸って何?】

脳脊髄液の循環、還流の際に蝶形骨をギアとしながら頭蓋そのものが広がったり、閉じたりする動きをしていま

す。実際に触ってみると、感覚がいい人は開いたり閉じたりする動きを感じられますよ。

実際に紙1枚分の動きともいわれております。

ただ、これは感じられない人も非常に多いですね。特に1~3か月間触り続けると

1次呼吸を感じられる人が多いみたいです。ぜひ、1次呼吸が分からない人はぜひ触ってみてください!

【頭蓋骨と内臓の関係?】

頭蓋と内臓はリンクしております。

例えば、肝臓⇔前頭骨、側頭骨⇔腎臓、頭頂骨⇔子宮、蝶形骨⇔副腎、頬骨⇔膵臓、上顎骨⇔肺など

このような関係性があり、内臓治療だけでは不十分なことがあります。頭蓋治療後は、内臓緩んでますよ。

【頭蓋治療ってどんな感じなの?】

頭蓋治療はたくさんありますよ!

縫合(鱗状縫合など)をリリースしたり、頭蓋骨1つ1つリリース

頭蓋骨と仙骨のリズムを調整したりとか……脳脊髄液増産したりとか……硬膜リリースなどテクニックは非常に

多いですね。

今後は、頭蓋治療もメルマガで配信していこうと思います。

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

 

それでは、また明日!
山口 拓也

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内
いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
以下がセミナー詳細です! 

心理学×栄養学セミナー開催致します!
栄養学と心理学の資格取得者でもあるセラピストが数百万円をかけて学んだ心理学や栄養学の知識・技術を同時に学べます。

ALLアプローチ協会

ピックアップ記事

  1. 腸腰筋が引き起こす様々な障害とは…?
  2. 【心理学×筋膜・経絡・内臓治療セミナーin大阪】受講生さんの声(伊木さん)(辰己…
  3. 【五十肩】【肩関節拘縮】鎖骨・第一肋骨・小胸筋の解剖学的重要性
  4. 【内臓治療】8つの内臓システムと各内臓毎のシステムについて
  5. 内臓と感情のタイプを徹底解説‼︎ 【内臓と感情で性格分析?】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【五十肩】なぜ、仙腸関節の調整で肩の可動域が良くなるのか?

    【五十肩】なぜ、仙腸関節の調整で肩の可動域が良くなるのか?From…

  2. ALLアプローチ協会

    「酸化」と書いて「老化」と読む

    おはようございます。 all アプローチ協会 関東支部長 鈴木…

  3. ALLアプローチ協会

    浮腫に対しての内臓治療アプローチ

    浮腫に対しての内臓・筋骨格アプローチFrom 山口拓也埼玉 越…

  4. ALLアプローチ協会

    【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みへの対策~機能・構造レベル編~

    【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みへの対策~機能・構造レベル編~&n…

  5. ALLアプローチ協会

    内臓機能アップ!セルフメンテナンス特集(内臓編)

    内臓セルフメンテナンス特集パート1From 山口拓也 埼玉 越…

  6. ALLアプローチ協会

    股関節内転症候群と坐骨神経痛の症状・機能障害・治療までのご紹介

    【股関節内転症候群と坐骨神経痛について】皆さん、こんにちは。関…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【五十肩】筋膜・経絡・内臓のつながりから治療効果を高める思考法とは?
  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】知っておいて良かった内臓治療に必要な腎臓の知識
  3. ALLアプローチ協会

    内臓治療に必須!周波数・調和・共鳴について
  4. ALLアプローチ協会

    片頭痛を筋膜リリースでスッキリ改善!?
  5. ALLアプローチ協会

    しゃがみ動作での膝の痛みを改善させるには?
PAGE TOP