ALLアプローチ協会

骨盤の評価方法【筋膜・骨盤治療の重要性・内臓との関連】

骨盤の評価方法【筋膜・骨盤治療の重要性・内臓との関連】

皆さん こんにちは 山口拓也です。
いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!
 
前回は、大腸の生理学~反射点一覧~治療について【どんな人に治療するのか?】
というテーマでお伝えしました。
 
復習はこちらからどうぞ↓
https://goo.gl/SzjEFz
 
 
今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
骨盤の評価方法【筋膜・骨盤治療の重要性・内臓との関連】
というテーマでお伝えしていきます。

【なぜ、骨盤調整が重要なのか?】

まず、骨盤には数多くの筋筋膜がつながっております。

8本の筋膜ラインが骨盤に付着しており骨盤治療は全身に影響されると言われております。

私は、ほとんどの患者様に初めに骨盤調整を行っております。その方が、後に行う筋膜調整がやりやすいですしね。

最近では、骨盤調整を行いながら筋筋膜の治療をしていますね。

ポイントとしては、筋筋膜の土台とも言っていいでしょう。

それでは、評価方法をお伝えしますね。

【骨盤評価方法】

仙腸関節の触診をすると、左右で高さや回旋などでずれている方が非常に多いと思います。

※PSISが触れない人は、腸骨稜からPSISを触ってみてください。

まず、PIで評価していきます。

(骨盤評価表記の意味)
A:前方
P:後方
S:上方
I:下方
EX:外方
IN:内方

RPI:右の腸骨(PSIS)が下がっていて左の腸骨(PSIS)の方が高い
LPI:左の腸骨(PSIS)が下がっていて右の腸骨(PSIS)の方が高い
WPI:左右どちらも腸骨が下がっている。内臓下垂の影響が非常に高い。

後は、股関節、骨盤前面の筋筋膜が骨盤の回旋や前後傾の動きを評価してみてください。

 

骨盤だけでなく、腕頭関節や脛腓関節も同様ですが

加齢とともに潰れて広がります。硬さにも問題がある方が非常に多いです。

●悪さはどこに?
RPI→右前面(上半身)と左後面
下半身は反対側。
LPIは真逆
WPIはバラバラですね。

【仙腸関節の治療について】
PSISの斜め下をタッチし(腸骨ごと操作するイメージ)両方のPSISを近づけるように締めてあげてください。

仙腸関節周囲は、殿筋があるので骨のイメージをしっかり持ってください。

 

仙腸関節の調整をしながら筋筋膜の調整なども行えるので、ぜひ行ってみてください。

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!
山口 拓也
本日の記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 仙腸関節の調整力ともどりに圧倒的な違いを創り出すタッチのコツとは?
  2. ラポール形成テクニック① なぜ、苦手な患者さんに対応できないのか?
  3. 【内臓治療】心膜リリーステクニック セルフメンテナンス
  4. 内臓治療 胸腺編 【免疫力向上 内臓調整 テクニック】
  5. 腸腰筋が引き起こす様々な障害とは…?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法 セラピストが行う蝶形骨リリースの重要性について 

    頭蓋仙骨療法 蝶形骨編From 山口拓也埼玉 越谷 治療院より…

  2. ALLアプローチ協会

    栄養学プロフェッショナル認定コース

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】多角的な肩こりに対するアプローチ(姿勢の観点)

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます…

  4. ALLアプローチ協会

    【血管アプローチ第5弾】慢性疼痛の原因もやもや血管とは?(五十肩・腰痛・膝痛)

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    肋骨と内臓の関係性【内臓治療‐反射点一覧】

    肋骨と内臓の関係性【内臓治療‐反射点一覧】皆さん こんにちは …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    【血管アプローチ第5弾】慢性疼痛の原因もやもや血管とは?(五十肩・腰痛・膝痛)
  2. 筋骨格系

    横隔膜評価、テクニック編【呼吸補助筋や腰痛、背部痛】
  3. ALLアプローチ協会

    【触診】ソフトタッチVSハードタッチ どっちが良い?悪い?
  4. ALLアプローチ協会

    梨状筋症候群へのテクニック・基礎知識・アプローチについて【筋膜リリーステクニック…
  5. ALLアプローチ協会

    プロテインの種類と選び方
PAGE TOP