ALLアプローチ協会

高血圧に対応する内臓治療 総まとめ

from 山口拓也
埼玉 越谷 デスクより

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回も勉強熱心なセラピストさんに向けて
高血圧に対応する内臓治療総まとめ
というテーマでお伝えしていきます。

 

高血圧ですが、

本来であればなかなかアプローチしようとも思わない症状だと思います。

運動療法や塩分調整などで徐々に下げていくというイメージの方が多いのかな?

 

確かに高血圧のアプローチは、なかなか時間がかかります。

生活習慣の指導も非常に重要になってくるし、ほぼほぼ降圧剤や別の薬を服用してますから。

 

高血圧に対するアプローチは、数多くありますので

1つ1つ解説していこうかなと思います。

【その前に高血圧って?】

血圧が高いという状況は、血管の壁に内側からかかる圧力が通常より大きいということで、血管の壁に悪い影響を与える状況のことを指します。

収縮期血圧が140以上、拡張期血圧が90以上どちらかを超えると高血圧という判断をします。

 

90%の高血圧は、原因不明と言われています。本態性高血圧とも呼ばれていますね。

10%の高血圧は、二次性高血圧で原因が分かっています。腎臓の病気やアルドステロンの分泌異常などです。

 

そして、高血圧は遺伝的要因の方もいれば環境的要因で高血圧になる方もいますね。

実際に、原因不明がほとんどだから薬で対応してしまうのが日本の現状というわけですね。

 

では、セラピストの私たちはどうのようにアプローチすればいいのかを書かせて頂きました。

【高血圧に対応するアプローチ】

内臓治療

・心臓
心不全や心筋梗塞・狭心症などのリスクを防ぐためにも事前にここのアプローチは必須ですね。
貧血に対しての治療の場合は気をつけましょう。

・腎臓
腎臓には、そもそも血圧の調整をする役割があります。
レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系という言葉を覚えていますでしょうか?
昔のメルマガでほんの少し書きましたね。

(高血圧と関係する腎臓の3つの働きを解説します。)
①塩分と水分の調整
塩分=高血圧ってイメージは皆さんも持っているのではないでしょうか。
腎臓はもともと食事から摂取した塩分を水分と一緒に尿として体外に排出します。
ですが、腎臓の機能が下がると水分を体外に排泄できないために血液量が増えてしまい高血圧に繋がってしまいます。

②血圧を上げるホルモンを分泌します
腎臓から「レニン」という酵素を分泌することで、アンジオテンシンⅡを作り
アルドステロンの分泌から血液量の増加・血管の収縮で血圧上昇につながります。

腎臓の機能低下は、上記の血圧を調整する能力を低下してしまいます。

③抹消血管の抵抗を上げます
腎臓は無数の細い血管から作られています。ここで濾過されますからね。
しかし、腎臓の機能が下がると抹消血管が硬くなり血流の流れが悪くなることで血圧が上がってしまいます。

 

この腎機能が下がった状態が続くと、濾過機能も下がり腎不全になってしまうということですね。

 

・肝臓
肝臓は、高血圧に関係します。
ですが、肝臓機能低下→高血圧 という流れは少し違いますね。

高血圧→肝機能低下 という流れの方が多いですね。

肝臓が弱いだけでは、高血圧になるってわけでもないです。
ですが、内臓は機能(イネイトインテリジェンス)を補っています。
500個も機能があるって言われてますから、肝臓に負担がかかると
他の腎臓や心臓の循環に関与する内臓にも負担がかかりますから高血圧になるって考えもできますね。

高血圧の人は、ほぼほぼ肝臓に負担がかかっているので
肝臓治療をして上げましょう。

・副腎
先ほども書きましたが、高血圧の原因にアルドステロンがあるって
書きましたね。

アルドステロンは副腎から分泌されるホルモンで、腎臓におけるナトリウムの再吸収を促進さしたり
血圧上昇の調整などをします。

 

本日の記事は以上になります。

他にも筋膜・骨格治療・生活習慣なども大事なので合わせて行いましょう。

臨床に少しでも生かしていただけると幸いです。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

 

 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 股関節内転症候群と坐骨神経痛の症状・機能障害・治療までのご紹介
  2. 【症例報告】筋膜×内臓×頭蓋×経絡治療で、呼吸機能が一気に改善した症例
  3. 便秘と下痢の定義とは?食物繊維&内臓治療&栄養指導について!?
  4. 外反母趾に対する骨・筋膜・内臓アプローチ
  5. 後頭下筋の重要性とは?【痛み₋脳脊髄液₋目の疲れ】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【五十肩】筋膜・経絡・内臓のつながりから治療効果を高める思考法とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。い…

  2. 健康・体質・栄養

    【小腸インナーアプローチ】小腸内細菌増殖症SIBO 原因と対応策に関して

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    薬と肝臓の関係とは?【降圧剤‐副作用‐解毒】

    薬の内臓の関係とは?【降圧剤‐副作用‐解毒】皆さん こんにちは…

  4. 内臓治療

    セラピストのための胸郭アプローチと内臓治療の重要性について

    胸郭アプローチの重要性について・・・From 山口拓也埼玉 越…

  5. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 胃の調整が膝折れの改善につながった症例

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  6. ALLアプローチ協会

    【頚椎症】なかなかとりきれない痛みを改善させる!有効な内臓治療とは?

    みなさんこんちは!いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓セミナー事前学習】大腸の立体的イメージ・構造の理解を深める
  2. ALLアプローチ協会

    視力・老眼に対する内臓・頭蓋仙骨療法・筋膜アプローチ 総まとめ
  3. 内臓治療

    肝臓評価 どこを評価すべきなのか?【基礎知識編 反射点一覧 見るべき視点】
  4. ALLアプローチについて

    瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】
  5. ALLアプローチ協会

    恥骨の調整に重要な筋・内臓・経絡について
PAGE TOP