ALLアプローチについて

患者が治らなくて悩む? 悩みとの向き合い方と考え方 

 

 

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は

 

自分が患者を治せなくて悩む理由

 

についてお伝えさせていただきます。

 

 

みなさんにとって

この悩みを超えてきている方もいれば

この悩みにぶつかっている人も

現在いらっしゃるかと思います。

 

 

私もとても悩むこともありますが、

乗り越え方も知っています。

なぜこんなことを話すかと言いますと、

 

 

今まで、多くの技術や

評価方法を学んで来ましたが

必ずまた治すことが困難なケースに

出会う日がやってきます。

 

 

いつの日も必ず自分の課題を見つける時は

必ずやってきます。

その時みなさんはどのように

前に進んでいきますか?

 

 

私はとにかく評価・技術・知識を

つめこみ、つめこみ対応していこうと

散財し続けました。

 

 

散財し続けているのは今もですが、

今は考えて、自分の目標に向かって

投資をしているつもりですが、

 

昔はいろんなものに振り回されていました。

例えば

同僚が学んでいたなんとか方法

先輩が学んでいるなんとか方法

後輩が学んできたなんとか方法

SNSでみたなんとか方法

 

自分が治せなかった患者が治った

なんとか方法

 

そのたびお金を出して

勉強することで自分を安心させようと

なんとかしていました。

 

患者を良くしたい気持ちはありましたが、

上手く良くできない焦りや、

周りが結果を出す焦りに

自分を見失うとこんな感じになります。

 

治療院では集客できない

人気が出ない

院の方針に合わないなど

 

これもまた患者が良くなるための

根本とかけ離れた悩みに

振り回されるケースですね。

 

 

もちろん、

基本的な知識・技術はとても重要です。

そこがきっちりしていないと

次のステップに行く準備ができていません。

 

 

一つの目安として

すぐ良くできる人と

なかなか良くできない人の違い

について悩み始めたら

視野の広げ時かもしれません。

 

 

私も一時期、腰痛や肩関節周囲炎

膝関節症・股関節症など

すぐ良くできる方と

なかなか良くできない方の

ムラがあって悩みました。

 

 

病院で患者をみていると

自分の仕事の範囲を勝手に決めているような

面があったり、

治療院で治療していると

病院を頼ると患者が来なくなると心配したり、

 

 

自分の仕事の範囲や自分でみる範囲を

決めていて、患者が良くなるために

なんでも協力していく、なんでも相談にのる、

原因の原因まで関わっていく責任感、

その時その時の最善を一緒に考えていける

包括的な考え方ができるかどうかが重要に

なってきます。

 

 

私の場合、理学療法士としての役割を

勝手に決めていた感があります。

 

学校の授業でやってきたようなことが

自分のやるべき仕事だと

正直、知識がなさすぎて

いわゆる歩行訓練やADL訓練で

一杯一杯で視野を広げることが

出来ていませんでした。

 

運動器や神経生理学に関する

知識がついていくと、しばらくは

知識・技術に走る期間があって当然だと思いますが、

また壁にぶつかる時が来ます。

 

私も、ある時に言われたことばがきっかけでした。

「今のその考えで治せない時、

鈴木さんはどうするんですか?」

 

この言葉が

視野を広げるきっかけになりました。

 

その後今の自分の考えはこうなっています。↓

上の図の中で言うアウターアプローチが

私の考えている範囲でした、

治らない良くならない、

悩んでいた時に見ていた視野は

とても狭いものでした。

 

上の図は私が考える患者が健康になるための

原理原則だと思っています。

 

いってしまえば心技体がつまっていると思います。

 

自分のアウターアプローチの技術が、知識がない

と言っていても、

問題がインナーやメンタル、あり方にある場合

患者の症状の戻りに悩んだり、変化が出ないと

悩むことになります。

 

 

 

私がいつもセミナーで自己紹介する時に話す内容は、

ALLアプローチ協会の自分なりの意味は、

患者が良くなるのであればなんだって協力できるセラピストを

増やしていきたいから今ここに立っていると話しています。

 

もし、昔の私と同じように悩んでいるのであれば、

上の図のような視野に広げて

一つ一つに対して関わっていけるように

学んでみてください。

 

だんだん、コーチングやティーチングを使って

患者が勝手に治っていけるように導いていくことが

できるようになってくる日が訪れてきます。

 

最後に、上の図で見落としがちなのが

セラピストの体、セラピストのメンタル

セラピストの健康状態が

自分の施術や患者とのコミュニケーションに関わることを

重要視していただけるとよりレベルアップしていく

きっかけになると思います。

 

 

本日は以上です。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

You tubeチャンネル登録もお待ちしております。

 

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

 

【セミナーご案内】

【栄養学プロフェッショナル認定コース 席埋まり次第終了予定】

【INFINITY×ALLアプローチ協会コラボセミナー】

 

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識
  2. プロテインの種類と選び方
  3. 【内臓治療】腎臓の治療効果が最大化する3つのポイントとは?
  4. 【疾患別・自律神経】便秘に対するセルフメンテナンス
  5. 脳脊髄液と自律神経の関わりについて

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    酵素栄養学(有給休暇消化酵素?)

    おはようございます。ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道で…

  2. 内臓治療

    【内臓セミナー事前学習】腎臓のイメージを大切により深く

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  4. ALLアプローチ協会

    【五十肩】【肩関節拘縮】鎖骨・第一肋骨・小胸筋の解剖学的重要性

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. 健康・体質・栄養

    頭痛と本気で戦う(基本知識)

    はようございます。All アプローチ協会 関東支部…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    肝臓治療における五行の活用「相生」「相克」
  2. 内臓治療

    セラピストのための肝臓知識編!【作用 最初に治療すべき内臓】
  3. ALLアプローチについて

    セラピストが理解すべき膝関節の構造・機能・評価について
  4. 山口拓也

    1日を満足させる究極のポジティブシンキング モーニングクエスチョンとは?
  5. ALLアプローチ協会

    「筋トレ」なんてしなくても筋力が上がる真実。
PAGE TOP