ALLアプローチについて

片頭痛と大脳皮質拡延性抑制のアプローチ

おはようございます
ALLアプローチ協会鈴木 正道です。

頭痛と大脳皮質拡延性抑制について
お伝えしていきたいと思います。

動画でご覧になる方はこちらから↓

頭痛は大きく分けて
緊張型頭痛
片頭痛
といった種類に分かれます。

頭痛に対して様々な説が
メディアなどで説明されていますが、
頭痛学会ではその本質的な
メカニズムには完全に解明された
わけではないようです。

結構断定したように
いろんなところで話をきくので
てっきり解明されているのかと
思っていました。

現在大きく分けて
2つの説が説明されていて
薬も出ていて効果を出せているので
完全に的外れなわけではなく

原因はある程度解明できて
出てしまった頭痛を止めること
つまり対処することは
できるようになっています。

しかし、頭痛が起きる原因の
原因が解明されていないため
まだ完全に頭痛体質を治療することは
できていないようです。

現在の有名な説明として
【血管説】
1.ストレスなどにより、
血中のカテコールアミンや
遊離脂肪酸が増加し、
それにより、
血小板が活性化される。(ストレス反応)

2. 活性化された血小板が
セロトニン(5-HT)を放出し、
それが血管に存在する
5-HT1B受容体を刺激して
血管を収縮させる。

3. 血小板から放出されたセロトニンは
他の血小板からのセロトニン放出も促すので、
さらに血管の収縮が進む。
血管収縮による血流減少の結果、
閃輝暗点などの前兆症状が生じる。

4. しばらく時間がたつと
血小板のセロトニンは枯渇し放出が止まる。
放出されたセロトニンも分解されて
血中のセロトニン濃度が急激に低下する。
血管を収縮させていたセロトニンが
消滅することで、
反動として異常な血管拡張が起こる。

5. 拡張した血管は血管周囲の神経を刺激し、
拍動性の痛みが生じる。

血管説は非常にわかりやすい説ですが、
セロトニン濃度の変化は全身で起きているのに、
なぜ頭部の血管のみで上記の反応が生じるのかという
疑問が残ります。
続いて
【三叉神経説】
1. 「大脳皮質拡延性抑制」により、
頭蓋内血管の三叉神経終末が刺激される。

2. 刺激を受けた三叉神経終末から
発痛物質サブスタンスPや
CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)
などが放出される。

3. CGRPの作用により血管の拡張、
血管透過性の亢進が起こり、
血漿タンパクの血管外漏出、
肥満細胞の脱顆粒(肥満細胞が中にたくわえている
ヒスタミンやロイコトリエン、
プロスタグランジンなどの
物質を放出すること)によって
神経原性炎症が引き起こされる。

4. この三叉神経の興奮は中枢へ伝達され、
悪心・嘔吐などの脳幹の反応や
種々の自律神経系の反応を引き起こす。

大脳皮質拡延性抑制とは?

虚血や低血糖などのストレスによる
大脳皮質の興奮の高まりが
全体に波のように三次元的に広がっていく現象。
片頭痛や脳卒中、脳外傷の患者の
大脳皮質で確認されている。
大脳皮質広汎性脱分極とも呼ばれる。

この大脳皮質拡延性抑制に関しては
まだ研究中の部分も多いようですが
虚血、低血糖などのストレスが
かかることで起きることが分かっているので、
ここには緊張性頭痛の影響もあるかと思います。

頭痛持ちだった私も
緊張性頭痛が出そうなときには
そのまま徐々に片頭痛の症状に移行していきます。

緊張性頭痛は
頸椎のアライメントや筋膜の緊張や筋膜に包まれる
血管の血流低下が起きることで筋緊張性の頭痛が
起きる症状ですが

多くの頭痛患者は両方の症状で苦しんでいるので
どちらにも注意が必要です。

施術家として頭痛姿勢や頸椎のアライメント
首周囲の筋・筋膜・神経・血管のアプローチは
最低限アプローチできることは大切ですが、

血流のアプローチに関しては
胃・腸の消化、吸収能力も重要となります。

なぜ消化・吸収が必要かというと
胃で消化できない栄養素は
腸の粘膜に炎症を起こします。

特に腸粘膜にあるタイトジャンクション
(腸粘膜の関所のようなもの)は
グルテンを摂取することで分泌される
ゾヌリンというたんぱく質によって
緩んでしまい、腸粘膜のバリア機能が
低下してしまいます。

また、ゾヌリンは脳にある血液脳関門
タイトジャンクションを緩めてしまうため
脳に炎症を起こしやすくなってしまう。
他にもタイトジャンクションは
アルコールなどでもゆるむことが
わかっているそうなので、
現代人の腸も脳もバリア機能が低下している。

こうした炎症体質は体を酸化し、
毛細血管や赤血球にもダメージを与えて
血流を低下させる原因にある。

正直首のアライメントが少しずれている程度で
頸動脈がしまって頭痛が起きるのであれば
それ以上に命に関わることのような気もしますので、
どちらかというと脳に微弱炎症が起きたり、
脳は毛細血管だらけなので
炎症・酸化ストレス、血管ストレス、
血球ダメージのほうが脳の虚血状態を
引き起こすことが考えられます。

もちろん慢性的な筋緊張や姿勢不良も
改善する必要がありますが、
インナーアプローチを指導することで
脳へのストレスを減らし、
大脳皮質拡延性抑制を予防することが
頭痛体質の改善につながると考えられます。

実際私はバカ盛りパスタをやめてから
頭痛体質が改善しているので
私にはとても効果がありました。

本日は以上になります。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 承認の在り方が、片麻痺患者様の歩行自立に導いた症例
  2. なぜ、背中の痛みが内臓治療で改善するのか?
  3. 【内臓治療】腎臓の治療効果が最大化する3つのポイントとは?
  4. 骨盤底筋治療の重要性!【内臓脱、腹圧、痛みの関係性など】
  5. 体液循環に最も関与する筋膜アプローチ 8つの隔膜のご紹介

関連記事

  1. 疾患別 治療

    脳卒中片麻痺に対する姿勢コントロールの重要ポイント

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. ALLアプローチ協会

    健康・体質・栄養

    あなたは腸内細菌の奴隷

    おはようございます。オールアプローチ協会 鈴木 正道です。今ま…

  3. セルフメンテナンス

    ハンス・セリエのストレス内臓反応

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠に…

  4. メンタルアプローチ

    自律神経症状の根本的なアプローチとは?

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠…

  5. ALLアプローチ協会

    【五十肩】知らなければ絶対やらない経絡筋膜アプローチ

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態と特徴を踏まえて】
  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療 使うタイミングが分からないあなたへ
  3. ALLアプローチ協会

    ゴッドハンドの先生が言う「直観」って何?~脳科学的に解説!~
  4. ALLアプローチ協会

    理学療法士・作業療法士・柔道整復師のためのコーチング
  5. 内臓治療

    セラピストのための肝臓知識編!【作用 最初に治療すべき内臓】
PAGE TOP