ALLアプローチについて

瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】

瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

最近、こんなツイートをしました↓

皆さんは、感情コントロールどうしてますか?コメントお待ちしてます↑

 

さて今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】
というテーマでお伝えしていきます。

瞑想は、治療精度も上がるばかりか集中力や体の状態も安定するのでおススメです!
ぜひ、毎日することをおススメ致します!

【瞑想って難しいの?】
瞑想自体は、難しくはありません。ですが、長続きしない人がほとんどです。
仕事が忙しいであったり、3日坊主になる方がほとんどです。

そういう意味では、長続きしないという意味で難しいかもしれません。

しかし、瞑想自体には様々な効果があるので絶対にやった方がいいと思います。

【瞑想の効果ってどんなのがあるの?】
瞑想には、様々な効果があります。

瞑想の研究では、プラセボ効果ではなく実際に脳の状態を変えたり健康状態に導くことが研究として出ています。

心理学の教授が実際に瞑想グループと瞑想しないグループで研究した結果、瞑想したグループはストレスに対応する脳の部位が活性化し血液検査の炎症値も低かったそうです。

他に言われている効果としては
①リラクゼーション反応 
②集中力アップ 
③緊張や不安に強くなる(ワーキングメモリーが鍛えられる) 
④感情のコントロール力が強くなる(偏桃体) 
⑤睡眠の質が向上する 
⑥体脂肪が落ちる
前頭葉の灰白質(この部位が集中力と関与)を活性化させる最速の方法で近年注目されています。
あと、個人的には内臓治療や頭蓋治療の精度も上がりますので楽しみにやってみると良いですね!

瞑想と聞くとスピリチュアルや精神修行のイメージがありますが
心理学的の分野や化学的にも証明されています!

脳科学の分野では集中力や注意力の向上が分かっており
心理学の分野では、ストレス管理、衝動の抑制、自己認識能力にも好影響を及ぼします。

 

【瞑想ってどのくらいやればいいの?】

正直やりすぎということはありませんね。
良いことだらけなので、どんどんやった方がいいです!

最低でも1日20分の瞑想を週4回行うだけで効果があると言われております!
一番大事なのは、習慣化させることです。
行う時間が多いほど、神経ネットワークの連絡が増加したり前頭葉前皮質を形成する灰白質の質が向上したという報告もあるのでどんどんやっていきましょう!

【瞑想ってどうやってやるの?】
これを読んでいる方は、瞑想したことないって方が多いと思うので一番簡単な方法をお伝えしようと思います!

①まずは、座って(座禅がいいが椅子でもOK)姿勢を正し両手を膝か大腿に置きましょう!

②ゆっくりと呼吸してください!鼻からゆっくりと息を吸い込み口からはきます。
 最初は、7秒くらいが目安ですが人によって違うので目安として覚えておいてください。

③そして、無になるようコントロールしていくのですが最初は無理なので呼吸に意識を集中させます。考え事などが浮かんで来たら再度呼吸に集中させてください!まずは、5分~20分やっていきましょう。

●ポイントは、
①最初は呼吸に集中して考え事をしないように 
②鼻呼吸が集中力を高めるので、口呼吸ではなく鼻呼吸! 

これだけでいいので、始めは習慣化させることが重要ですので是非やってみてください!
身体の変化が必ず出てくるので、ぜひ実践してみてください!

【少しだけスピリチュアル的な話を・・】
前回のセミナーでは、チャクラの話や守護霊の話など勉強家の先生が多かったので少しスピリチュアルの話もしておきます。

瞑想には、通常の瞑想とマントラ瞑想があります。
マントラとは、瞑想状態へ導いてくれる音節の事です。この音節を利用して上位のチャクラのエネルギーを活性化することで、波動を高めて、より高いレベルに到達するためです。マントラ瞑想法で、第2チャクラに注意を向け音節の波動を感じ取ります。

瞑想では、心臓に集中すれば第4チャクラを整えることができます。不安を感じたときにはぜひやってみてください!

あまり話すと意味不明の方も多いと思いますので、本日は以上となります。
本日も最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

<関連記事・動画>
胸骨の重要性・ストレッチ・アプローチ↓
https://bit.ly/2SjuMGh

 

FBやツイッターでシェアして頂けると嬉しいです。

それでは、また明日!
ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 内臓アプローチの種類を複数解説‼︎誰でもできる内臓テクニック
  2. ストレス反応を知ることで内臓・腰痛にアプローチ 腰痛 内臓 ストレス
  3. 【内臓治療】胃の解剖的特徴(膜と立体感)
  4. 【内臓治療】大腸の調整がたった3分で出来る5つのポイントとは?
  5. 横隔膜評価、テクニック編【呼吸補助筋や腰痛、背部痛】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【症例報告・スポーツ】筋・筋膜・運動連鎖・経絡を考慮した回復支援

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療 胸腺編 【免疫力向上 内臓調整 テクニック】

    内臓治療 胸腺編 【免疫力向上 内臓調整 テクニック】皆さんこ…

  3. ALLアプローチについて

    肝臓治療・知識生理&大腰筋の解剖学的特徴と治療

    肝臓治療・知識生理&大腰筋の解剖学的特徴と治療皆さん こんにちは …

  4. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法を治療する際の順番

    頭蓋仙骨療法どこから治療する?From 山口拓也埼玉 越谷 デ…

  5. ALLアプローチについて

    内臓治療に対する臨床思考「和洋折衷」

    おはようございます。 オールアプローチ協会 鈴木 正道です。…

  6. 内臓治療

    耳鳴りを治療したい方へ‼︎ 必要な筋膜・内臓・頭蓋・経絡治療とは?

    耳鳴りを治療したい方へ‼︎ 必要な筋膜・内臓・頭蓋・経絡治療とは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 山口拓也

    冷え性に対する筋膜治療アプローチ紹介
  2. ALLアプローチ協会

    【経絡治療】内転筋の過緊張を一気に緩和させる経絡アプローチとは?
  3. ALLアプローチ協会

    【大腿骨頸部骨折】筋膜リリース なぜ足部と下腿を治療する必要があるのか?
  4. ALLアプローチについて

    肝臓の生理学的特徴「作る、貯める、出す」
  5. ALLアプローチ協会

    【評価テクニック】経絡と筋膜を掛け合わせた評価方法
PAGE TOP