ALLアプローチ協会

臨床に使えるドーパミンの知識について

 

皆さん こんにちは

ALLアプローチ協会 代表の山口拓也です。

今回のメルマガ記事は、「臨床に使えるドーパミンの知識について」です。

ぜひ、臨床の参考にして頂ければと思います。

 

ドーパミンが出ているかどうかで

その人の自然治癒力って全然変わってくるんですよ。

 

メンタルや運動系に関連が深いドーパミンなので

患者さんのドーパミンをアップしてもらいましょう。

以前もこんなツイートをしました↓

【そもそもドーパミンって何?】

ドーパミンってよく聞く言葉だと思いますが非常に重要な神経伝達物質です。

アドレナリンやノルアドレナリンの前駆体ですね。

みなさんがよく知っているパーキンソン病などは、ドーパミン減少による病気で非常に身体との関連が深い

ことはみなさんもご存知だと思います。

 

「運動調節」や「多幸感」、「意欲・モチベーション」などに関連するホルモンなので

このドーパミンが減少するとやる気がなくなって幸せを感じられない状態となってしまいます。

 

しかし
ドーパミンが多量すぎると
幻覚や妄想などの出現も起きたり
お酒やギャンブルなどの依存症状を生んだりしてしまいます。

 

【ドーパミンはどこで作られているのか?】

中脳の黒質緻密部と腹側被蓋野にあるドーパミンニューロンです。

ここから、線条体にドーパミンを送っているのですが

パーキンソン病の場合は、

黒質緻密部のドパミンニューロンが死ぬので

線条体で放出されるドーパミンが減り

運動症状を引き起こしてしまいます。

 

【ドーパミン分泌低下から起こる問題】

精神的ストレスを感じると、ドーパミンの分泌を低下させます。

その代わりコルチゾールと呼ばれる副腎皮質ホルモンが分泌されてしまい

交感神経を優位にさせて様々なホルモン分泌を阻害してしまいます。

 

(副腎の機能・治療ブログ↓)
https://bit.ly/2U1GDua

(副腎について↓)

 

【ドーパミンを増やす有名な方法?】

①瞑想

②チロシンを含んでいるタンパク質を摂取する

③音楽を聴きながら作業を行う

④新しいことを始める

⑤運動・スポーツをする

⑥外出や趣味など様々な刺激を受ける

⑦堂々とした姿勢を意識する

 

【臨床におけるドーパミンの評価】

患者さんにセルフメンテナンスや栄養指導をする際に

なかなかやる気が出ない・モチベーションが上がらない、メンタル低下

などはドーパミンが減少している可能性があります。

メンタル低下などの影響は、患者さん自身でドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質を

調整できるように徒手アプローチを行いましょう。

 

【ドーパミンを増やすための指導と徒手アプローチ】

(生活指導)

①外出の機会を増やす

患者さんは自宅にこもっているケースが非常に多く

ドーパミンが出にくい状況です。

だからこそ、外出する機会を一緒に相談していろんな刺激を受ける生活に変換して行きます。

 

②有酸素運動を取り入れる

運動を取り入れることでドーパミンが出やすい状況となります。

散歩や運動を入れる指導をしっかり行いましょう。

 

③食べ過ぎや糖質の制限・タンパク質の摂取

食べ過ぎや糖質はコルチゾールを増やし

ドーパミンを抑制してしまいます。

タンパク質でドーパンミンを摂取しやすい状況にしつつ

食べ過ぎと糖質は制限しておきましょう。

 

(徒手アプローチ)

①副腎アプローチ

副腎皮質ホルモンのコルチゾールやアドレナリンなど

抗ストレスホルモンが分泌されると交感神経に傾きドーパミンを抑制に働きます。

そのため、ストレスに強い身体を作り上げるために

副腎などのHPA軸を強化しておく必要があります。

 

②視床下部・下垂体調整

HPA軸のためアプローチしておきましょう。

③中脳〜線条体のアプローチ

中脳でドーパミンを放出するため

直接脳にエネルギーアプローチをしていきます。

もしできない場合は、脳周囲に脳脊髄液の循環を流すアプローチをして下さい。

 

④胸郭前面のアプローチ

胸郭前面の小胸筋などの硬さがあると

猫背姿勢となりメンタル低下に大きく影響します。

胸郭の問題→不良姿勢→精神的ストレス→抗ストレスホルモン・交感神経優位→ドーパミン低下

 

⑤脳血流の体液循環アップ(質も含めて)

脳血流の循環をアップすると脳に栄養素が回るので

頸部の調整や頭蓋骨の調整、内臓の調整をしっかり行っておきましょう。

 

本日の記事は以上となります。

最後までお読みいただき誠に有難うございました。

FB・ツイッターでシェアして頂けると非常に嬉しいので宜しくお願い致します。

一般社団法人 ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【体質アプローチ】腸活の落とし穴 なんでもかんでも腸活でいいわけではない
  2. 【メンタルアプローチ】皮膚と感情との関係性、アプローチ方法
  3. 【花粉症】 内臓と筋膜を掛け合わせた治療法とは? 頸部痛との関係とは?
  4. 【筋骨格治療】階段昇段時の膝の疼痛でアプローチすべき筋は?
  5. 足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    筋膜治療で大切な5つの癒着・硬結ポイントの紹介

    皆さん こんにちはいつもALLアプローチ協会 公式…

  2. ALLアプローチ協会

    【五十肩】右肩外転時の痛みを内臓治療で改善させる方法

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  3. ALLアプローチ協会

    【症例報告】メンタルアプローチにより立ち上がり動作が改善した症例

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. ALLアプローチについて

    肝臓治療・知識生理&大腰筋の解剖学的特徴と治療

    肝臓治療・知識生理&大腰筋の解剖学的特徴と治療皆さん こんにちは …

  5. ALLアプローチ協会

    片頭痛に対する頭蓋治療・内臓治療のポイント

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    内臓治療 肺の重要性‼︎ 肺と東洋医学の関係?
  2. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージをより明確にする 前半
  3. ALLアプローチ協会

    受講者の声

    心理学に興味がある方にも受講をお勧めします。
  4. ALLアプローチ協会

    仙腸関節の調整力ともどりに圧倒的な違いを創り出すタッチのコツとは?
  5. ALLアプローチ協会

    内臓と頭蓋の関係性【頭蓋仙骨療法&内臓治療】
PAGE TOP