ALLアプローチ協会

24歳の平凡な作業療法士がセミナー講師になる物語 第1章

 

2017年の秋、24歳元作業療法士の私はセミナー講師になりました。(一般社団法人ALLアプローチ協会設立 プレミアムコース開催)

正直、何か1つでも選択が違えば今でも勉強もせず作業療法士の仕事を何も考えずしていたと思います。

 

今まで数多くの苦労をしてきました。

始めた当時は、あまりに忙しすぎて正直セミナー講師を「何度やめようか」と思ったことか・・・

今ではセミナー講師を続けて本当に良かったと心から思ってます!^ – ^

 

そんな話を私の人生を通して書かせて頂きたいと思います。

少しでも私の人生体験から皆様の学びになり自分らしい人生を切り開けることを祈っております( ´ ▽ ` )

 

第1章:生誕〜高校生までの話

自分は、長崎県の平戸で1992年10月6日に生まれました。

生まれた時の記憶はありませんが、めちゃくちゃ可愛かったらしい(笑)(親から情報)

確かに幼稚園付近(5歳くらい)の写真を見ると自分がめちゃくちゃ可愛い・・・(笑)

果たしていつからこんな変わったのか^^;

 

そんなことはさておき

私が記憶があるのが5歳以降ならあるのですが

めちゃくちゃやばい性格していました。

 

記憶にあるのが周りの友達でウルトラマンごっこをしていて

「アホなのかな〜」とか5歳で本当に思っていました(笑)

今ではこんな考えだったのをマジで反省してます(汗)

 

ちなみに5歳の時は、かっけこが一番早かったので

足が速いということでめちゃくちゃモテました笑

人生1回目のモテ期はここで終わってしまいます。(悲)

正直、5歳が最大のモテ期じゃないかな(^_^;)可愛かったっぽいし(^_^;)

 

しかも今まで、なんの根拠も無いのにずっと自分は天才だと思っていました^^;(スラムダンクの花道並み)

今でも思っていますし

やれば、なんでもできるという謎の自信があったんです。

ベジータ並みの負けず嫌いと言っても過言ではないでしょう笑

(このプロフィール動画にも負けず嫌いという性格入れました✨)

 

実際に、今まで全然勉強していなかったけど高校前のテストで2ヶ月初めて頑張って勉強したら

偏差値50→60(理科と社会に絞って)くらいすぐ上がったし

マラソン大会もそんな運動してないのに4位取れたし

高校入りたての学年テストでは、7学年中で5位取れたしやっぱやればできるわ(笑)なんて思っていました。

※この後、勉強続けるのはアホらしいと思っていたので一瞬で成績は下位まで落ちます(笑)

 

こんな性格ですが、なぜか幼小期の頃から協調力が高いから

周りに合わせるようにして生きていました。

だからそんな性格でもみんなとワイワイ遊んで

「楽して生きよう」みたいなコンセプトでその時は生きていたと思います。

 

ただ、死ぬほど負けず嫌いで

学校のテストで勝負して負けた時やマラソンで負けた時とかは裏でこっそり泣いたりしていました。

 

グループワークなどでもその意見違うようねって思っても

「説明と説得するのめんどくさいからとりあえず合わせとくか・・・」

ってことがほとんどでした。

 

「部活動だって入るだけ時間の無駄だろう」なんて思っていましたし←今では絶対そんな事ないと思ってます^^;

「部活やるくらいならバイトしてお金作るのと社会経験積んだ方が良いだろ」と思ってました←今でも少し思ってます(笑)

 

実際、高校生になってからはすぐにバイトを始めて

・業務スーパー

・バーミヤン

・本格的な中華料理屋(名前忘れました)

・夢庵

掛け持ちしてめっちゃバイトしていたが記憶に新しいです。(めっちゃ味見しましたし^^;)

高校3年間で120万くらいバイトで貯金した記憶があります。

 

高校3年間は、バイトをするか友達と遊ぶか。

勉強なんて1ミリもしていませんでした。

ただ、数学に関しては仲良い友達に教えたりするのが好きで

教える事自体は好きなんだな〜と高校時代に初めて思います。

 

そんな感じでのらりくらりと人生を生きていた僕ですが、

高校3年生には進学を決めなければいけません。

 

正直、楽して生きようなんて思っていたので

1ミリもなりたい職業なんてありませんでした。

 

よくこんな性格でセミナー講師になれたんだなと自分で驚いています(笑)

 

「本当にどうすっかな〜」

まあ〜なるようになるだろう(笑)

なんて思っていると周りはどんどん専門学校や大学・就職を決めていきます。

 

「さすがにやばいな(汗)」と感じ始めたので

専門学校を探そうと思いました。

「今の時代、大学に行っても就職のビジョンがないと大学行っても無駄に遊ぶだけだろう」

と思っていたので

行くなら今のうちに将来の仕事を決めて18歳からスキルを高めるのが賢いだろうと・・・

 

ただ、いくら探してもやりたいことが1ミリもない

専門学校の本を見ても1ミリも興味をそそる仕事が無い・・・

 

ヤバイ・・・

決まらない・・・

 

そう思っていると身近な友達が「理学療法士」の専門学校に行くという話を聞きました。

理学療法士???

なにそれ??

美味しいの??

くらいの知識でしたが、よくよく聞いてみるとリハビリということを知りました。

 

「リハビリかあ〜」

「悪く無いのかな?」

とりあえず、見学して見ますか(笑)

 

ということで

友達と一緒にオープンキャンパスに向かいました。

<その時のオープンキャンパスの内容↓>
・解剖学の授業参加
・作業療法体験
・病院、老健の施設見学
・業界の説明
など

 

オープンキャンパスの内容は、うっすらと覚えていますが

まず業界の説明ですが

作業療法士や理学療法士は需要があって就職余裕でめっちゃ安定しているからぜひ来て下さい。

みたいなプレゼンでした。

 

私は、確かに

「今後は高齢者どんどん増えるし安定している仕事なのかもな〜」

と18歳の私は素直に思いました。

その時のデータでは、作業療法士の方が需要があるという事も知り

なるほどね、と思った記憶があります。

今では思っていませんが笑

 

次に解剖学の授業参加

理学療法士の1年生の人たちと筋肉の触診を実際にさせて頂く事になりました。

この時確か大臀筋の触診で実際に学生もやってみましょうという事で先輩女性の大臀筋を触診する事になりました。

18歳の私は、「いきなり高校生に先輩女性のケツを触らせんなよ(汗)」って心の中で突っ込みながら

大臀筋を触診した記憶があります(笑)(ちなみにめっちゃ美人でした(笑))

ただ、この時の先輩達が全員めっちゃ良い人で学校入ったら楽しそうかもと思ったのも事実です。

 

そして、老健と病院の見学に行って

実際に働いている先輩とお話ができるのですが

その時の先輩もめちゃくちゃ良い人ばかりでした。

 

理学療法士や作業療法士になる人っていい人ばっかじゃん。

と感じて学校入ってもこの仕事を続けても楽しそうかも?

どうせ俺ならどんな仕事でもやれんだろ。

みたいな根拠のない考えでリハビリになると決めました。

 

友達は、理学療法士になると言っていたが

俺はどっちにしよう・・・

 

作業療法士の方が需要ありそうだし

試験簡単そうだし

見学した時そんな仕事に差がなかったらOTでいっか(笑)

そんな理由で作業療法士になることを決めました。

はい!再度反省しています(笑)

 

ただ、周りの友達からよく言われたのが

「やまちゃんは、その資格を活かして別の事すると思うんだよな〜」ってめっちゃ言われました。

そう!この予言はズバリ当たっているんです!

 

しかし私は

「いやいや!そんな事ないって。」

「俺は平々凡々でゆっくり貯金して30代で結婚してそれなりに楽しく生きるんだよ」

って本気で友達に返していました。

 

23歳で作業療法士を辞めて

開業して24歳でセミナー講師になるなんて

この時は、1ミリも思っていませんでした・・・

 

第2章(専門学校編)に続く・・

\\この記事のシェアをよろしくお願い致します‼︎//

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. グラウンディングの重要性【エネルギーワーク・内臓治療、頭蓋治療のレベルアップ】
  2. 【仙腸関節】仙腸関節アプローチの応用的視点
  3. 肩甲胸郭関節リリースによる絶大的な3つの効果・役割とは・・・?【リハビリ・セミナ…
  4. 過去に忘れ去りたい出来事、経験はありませんか?メンタルアプローチ編
  5. 内臓治療におけるしわ寄せとは?

関連記事

  1. 山口拓也

    自分のコミュニケーション能力を把握する現状分析方法

    こんにちALLアプローチ協会代表の山口拓也です。…

  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善させる方法~胸鎖乳突筋~

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  3. ALLアプローチ協会

    【症例報告】下腿外側のシビレが運動連鎖のつながりで、8割以上改善した症例

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。当…

  4. 山口拓也

    セラピストは、どの治療テクニックから学べばいいのか?

    From 山口拓也埼玉県 越谷 レイクタウンよりいつもAL…

  5. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  6. ALLアプローチ協会

    大殿筋の基礎・血管などの重要性【腰痛との関連】

    大殿筋の血管、神経の重要性【腰痛との関連】From 山口拓也い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 協会ブログ(セミナー、イベント、情報)

    心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーin東京 12月17日 本当にレベルの高い1日 …
  2. 内臓治療

    内臓治療におけるしわ寄せとは?
  3. 五十肩

    肩こりアプローチ 見逃しやすい筋膜3つのポイントについて
  4. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛介入の新しい知見とは?反対側の仙腸関節に着目!
  5. ALLアプローチ協会

    抗精神薬「適切な処方か疑問に思う時ありませんか?」
PAGE TOP