オリジナル1日小顔矯正セミナー 特典配布


「オリジナル1日小顔矯正セミナー」にご参加して頂き誠に有難うございます。

特典をこちらのページにアップさせて頂きます。

ぜひ、この機会に小顔矯正をマスターして
お客様に喜ばれるセラピストになって頂ければと思います。

【特典資料・動画一覧↓】

①④小顔と内臓の関係性を解説したテキスト・セルフメンテナンス
(ダウンロードはこちら↓)
一般社団法人ALLアプローチ協会 1日オリジナル小顔矯正特典配布

②経絡・チャクラを利用した小顔アプローチに関して
(ダウンロードはこちら↓)

小顔矯正PDFファイル(経絡・チャクラ)

■TOTALCAREのメルマガ特典も配布させて頂きます。(小顔矯正ベーシックレポート)
https://totalcareapproach.com/wp-content/uploads/2019/03/7f44781c34e086f6cca39047fa4bb311.pdf

③頭蓋仙骨療法の解説動画↓

 

頭蓋仙骨療法マニュアル特典

(リンパ液に関して↓)

☆【主要な筋肉は YouTube でも解説しました】

・ゴルゴ線、インディアン線について↓

・フェイスラインについて↓


・目を大きくする方法について↓


・ほうれい線について↓


・おでこの横シワについて↓


・ブタ鼻について↓

・マリオネット線、ガミースマイルについて↓

■代表のSNS(セミナーの感想などお待ちしております)

①インスタグラム
https://www.instagram.com/yamatakuya/

②ツイッター
https://twitter.com/A3sG9Y0vznzdM5Q

③公式ライン@
https://line.me/R/ti/p/%40icl5588g

 

【プレミアムコースのご案内】
実は、今回のセミナーにご参加いただいた方限定で、
特別割引のキャンペーンを行っています。

●認定証プレゼント付き『ALLアプローチ協会認定プレミアムコース』
内臓治療、頭蓋仙骨療法、筋膜治療、骨格治療、経絡治療、心理学、操体法、エネルギー治療の全てが6日間コースで学べる。
セミナー受講から3日間(期限は、明後日PM24時までとさせていただきます)まで募集中。
※明後日の24時で締め切りとさせていただきます。

他団体では、100万以上の内容となっております。
通常価格:229800円

明後日24時までにお申し込みいただいた方は、
先着3名様限定で14万9800円(キャンペーン価格)で
ご参加いただけます。
※コロナの影響で通常よりさらに特別価格となっております。

5つのメリットと7つの特典が含まれており
大変ご貴重なコースとなっております。


日程の詳細・お申し込みの希望を下記のメールにてご連絡下さい!
例:「ALLアプローチ協会プレミアムコース希望します」など
⇒ allapproach3@gmail.com


※注意事項
 期限を超えてしまうと
 正規金額(22万9800円)での受付となりますため、
 お申し込みは、期限内にお願い致します。


■キャンペーン価格での特別お申し込みはこちらのメールにてご連絡下さい↓
allapproach3@gmail.com

(日程確認・セミナー詳細は、下記の画像をクリック↓)

 

【栄養学プロフェッショナル認定コース(オンライン教材)】
小顔矯正セミナー参加者限定に特別価格にて提供中
(通常価格)99800円→(先着1名様)69800円
キャンペーン価格での特別お申し込みはこちらのメールにてご連絡下さい↓
allapproach3@gmail.com
以上が今回のお知らせとなります。

(内容の詳細は、下記の画像をクリック↓)

公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

栄養学プロフェッショナル認定コース

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

関連サイト

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識
  2. 代表プライベート(治療コンテンツ無し)

    メルマガ登録・ライン@登録 豪華無料特典あり
  3. ALLアプローチ協会

    【筋膜治療】全筋膜ラインのまとめとその活用方法
  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】便秘に対する内臓アプローチ(大腸の奇形や変形パターン含め)
  5. ALLアプローチ協会

    【触診】ソフトタッチVSハードタッチ どっちが良い?悪い?
PAGE TOP