ALLアプローチ協会とは?

【ALLアプローチ協会の運営理念】

①私たちの使命は、我々自身が日々成長と進化を通じて世界中のセラピストに真の治療
技術を提供していく。それにより、世界中の患者様が健康・幸せ・笑顔を手にできると同時にセラピスト自身が貢献という幸福感を感じてもらうことである。

②予防医学としては、人間本来が持つ自然治癒力が最大限発揮できるよう我々スタッフ一同が全力でサポートしていく。その結果、世界中の人々が健康となることが最大の社会貢献であり常に全力を注いでいく。

【代表、スタッフの心構え】

・常に模範となるようなセラピストであれ

・素直に楽しく毎日を生きろ

・己が誰よりも努力をせよ

・治せない患者様なんていない

・日々行動し毎日チャレンジし続けろ

【ALLアプローチ協会が誇る3つの付加価値とは?】

①患者様を根本から治すためのアプローチが全て入っている(筋膜・骨格・内臓・頭蓋・経絡・エネルギー・操体法・心理学・栄養学)

②プレミアムコースでは、1日2日分のコンテンツが収録されているにも関わらず6日間で(筋膜・骨格・内臓・頭蓋・経絡・エネルギー・操体法・心理学)の全てで学べるコースを行なっている。

③代表・スタッフが受講生と患者様の幸せを常に願ってセミナー作りを行なっており受講生同士が非常に仲が良く笑顔が多い。

【協会を設立した理由】

私がこの協会を設立した理由は3つあります。

1つ目は、受講生と患者様を協会を通して笑顔になって欲しいからです。

私の本音は、セラピストである以上患者様を治すことが仕事だと思います。

しかし、患者様を治せないセラピストが山ほどいるのが現状です。

でも、気持ちはわかります・・・

勉強会に出ても給料が上がらないし役職が上がるわけでもないので確かに気持ちはわかりますが、治せないとセラピストの仕事は「つまらない」と思います。

人生のほとんどは仕事です。

私自身も勉強会に行ってから仕事が非常に楽しくなりました。

患者様から言われる「先生のおかげで体が楽になったありがとう」、「先生の治療一生受けたいです」とか言われると楽しくてしょうがありません。

ぜひ、セラピストである以上楽しく仕事をしてもらい患者様にも笑顔になってもらうのが私たちの仕事だと思っております。

2つ目は、他のセミナー団体がセラピストが支払うには高額すぎるからです。

他のセミナー団体で、筋膜・骨格・内臓・頭蓋・経絡・エネルギー・操体法・心理学・栄養学を全て学ぼうとすると

100万~200万以上かかってしまいます。

普通のセラピストでは、月日もお金も考えられないくらい高い料金だと思います。

確かに私自身も数々のセミナーに参加して月日とお金を投資してきました。

もちろん、学べば学ぶほど治せる患者様が増えたから納得してはいるのですが疑問は残りました。

他の団体だと、「ベーシック→アドバンス→マスター」、「レベル1→レベル2→レベル3」など毎回お金を払わなければ

治療技術が学べない団体ばかりです。

患者様を治したいだけなのにお金を払うのが常に疑問でした。

だからこそ、私が一度に全て学べるプレミアムコースを作りました。

興味がある方は、ぜひ見ていただけたらと思います。

3つ目は、患者様の症状を根本的に解決できるセミナー団体は殆どありません。

最初にお伝えしておきますが、根本的に症状を解決できる治療なんで無いと私自身確信しております。

なぜなら、いくらセラピストが筋膜・内臓治療などを行なっても症状を作り上げたのが患者様自身だからです。

患者様の人間関係や職場のストレス・食事・姿勢・仕事・睡眠などが筋膜を固くしたり内臓の状態を崩したりしている原因です。

だからこそ、心理学や栄養学などの介入を行わないと根本的な解決にならないのです。

もしあなたが、治療して悩みが解決しても生活習慣に変化がないと数年後には症状がもどっていると思います。

なんなら、脳卒中や癌になっている可能性すらあります。

だからこそ、私たちは生活習慣のアプローチも行いながら全てのアプローチを学べる団体となっております。

公式メルマガ


公式LINE @

img src=" https://www.fastinglead.com/wp-content/uploads/2022/04/IMG_4606.jpg

治療セミナーのご案内


公式YouTube


ツイッター

プレミアムコース


栄養プロフェッショナルコース


小顔矯正・骨盤矯正のメルマガ


セラピスト向け経営公式メルマガ


1日アロマテラピー講座

マーケティング塾のご案内


オンライン整体のご案内


  1. 栄養学

    水分摂取について【水分問題点・水分指導について】
  2. 解剖学

    癒着を阻止!!中間広筋×膝関節筋×膝蓋上嚢の解剖学と触診
  3. 解剖学

    ここで再確認!内側広筋の解剖学×触診×トリガーポイント
  4. 栄養学

    【栄養学】腸内細菌について
  5. 解剖学

    坐骨神経痛の原因にも!?大腿二頭筋の解剖学×触診
PAGE TOP