筋膜リリース

頚部前面筋(広頚筋〜顎二腹筋)リリースの重要性

from 山口拓也
整体院 デスク より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

本日は、「頚部前面筋リリースの重要性」について
というテーマでお話をさせて頂きます。

皆さんは、頚部前面にある筋肉に対してしっかりアプローチをしていますでしょうか?

非常に重要な筋肉ですからアプローチの重要性をしっかり勉強しておきましょう。

【広頚筋アプローチについて】

広頚筋は、口角を下方に引く作用を持っている筋肉です。

骨には付着しておらず、皮膚や筋肉に付着しております。

咬筋や胸筋筋膜に付着しているため、つながりから肩こりや頭痛などの関連が深い。

もしあなたが、咬筋や大胸筋などにアプローチしても

緊張が取れない場合は広頚筋が関与している可能性があるので要注意。

リンパの滞りにも関与しています。

【顎二複筋について】

顎二複筋は、前腹と後腹に分かれる特殊な形をした筋肉です。

作用としては、開口に作用したり閉口時に舌骨を引き上げる作用を持っています。

嚥下時に作用しますが、乳様突起から顎二腹筋の収縮を確認することができます。

顎二腹筋が緊張していると

・ハイラリンクス

※ハイラリンクスとは
喉頭の位置が高くなってしまう状態。発声時に声を共鳴させる咽頭腔を狭小させてしまう。

・喉頭の埋まりこみ

※喉頭の埋まりこみとは?
ハイラリンクスは続くと喉頭外筋のみの力が慢性的となってしまう状態。

・舌骨筋や広頚筋の緊張に繋がりやすい

・首こり、肩こりに関連しやすい

・側頭骨・下顎骨の動きを阻害しやすい(1次呼吸)

【下記に顎二腹筋と広頚筋のセルフメンテナンス をご紹介させて頂きます↓】

本日の記事は以上となります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

【内臓調整・テクニック】4つの免疫アプローチ・免疫のひし形とは?前のページ

【症例報告・スポーツ】第五中足骨底の痛み(ジョーンズ骨折一歩手前)筋膜・運動連鎖・経絡を考慮した回復支援次のページ



関連記事

  1. 筋膜リリース

    【鼠径痛ケース】筋連結ラインを自分で見つける楽しみ方

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき…

  2. 筋膜リリース

    【五十肩】知らなければ絶対やらない経絡筋膜アプローチ

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき…

  3. 筋膜リリース

    腕神経叢と胸郭出口症候群のしびれについて

    腕神経叢と胸郭出口症候群のしびれについてFrom 山口拓也…

  4. 筋膜リリース

    股関節痛に対する大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯アプローチ

    いつも大変お世話になっております。ALLアプローチ協会 代表…

  5. その他

    筋間中隔を施術・徒手テクニックに応用させるための知識とは?

    筋間中隔を治療に応用させる知識とは…?From 山口拓也…



公式メルマガ


治療セミナーのご案内


公式ライン@

img src=" https://www.fastinglead.com/wp-content/uploads/2022/04/IMG_4606.jpg

公式YouTube


ツイッター

プレミアムコース


栄養プロフェッショナルコース


1日アロマテラピー講座

  1. その他

    触診の達人になるための「タッチのコツ」【内臓治療等で重要なタッチとは?】
  2. 筋膜リリース

    フロントライン(SFL)・バックライン(SBL)の基礎・応用まで (アナトミート…
  3. その他

    腹腔神経叢の重要性、治療への活用について…‼︎
  4. 内臓調整

    【内臓整体】逆流性食道炎の原因
  5. 筋膜リリース

    「筋膜・運動連鎖のつながりを活かした治療テクニック」
PAGE TOP