頭痛アプローチ

頭痛が起きる原因特集!【頭痛・内臓・筋膜・生理痛】

こんにちは!

ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて

「頭痛が起きる原因特集」

というテーマでお伝えしていきます。

頭痛は、自律神経やホルモンバランスのみだれからもきますが

今回は筋肉について説明!

【頭痛が起きる筋肉は何があるの???】

・板状筋・・・治療するだけで、脳脊髄液循環改善にもなります。

・後頭下筋・・・目の動きと関連しており、目線を動かすだけで後頭下筋が常に働いております。C1~2と関連あり脳脊髄液も関与。

・斜角筋・・・首の付け根、特に前部繊維を緩める!

・咬筋・・・側頭筋も硬くなってしまうリスクあり

・顎二腹筋・・・外頸動脈の圧迫から頭痛に

・肩甲胸郭関節・・・肩甲帯周囲の筋肉と関与 最後にやるとベスト!

・側頭筋・・・猫背⇒僧帽筋硬くなる⇒帽状腱膜硬くなる⇒側頭筋硬くなり循環障害からくる頭痛になるパターンがあり

などなど多くの筋膜が関与しているの注意してください!

【内臓では、何が原因となるのか】

排泄障害である便秘や生理痛、天候、1次呼吸など

様々な原因がありますが……

今回は、ストレスについて説明していこうと思います!

ストレスで頭痛になる方多いですね。

ストレスにより負担となる原因は

それは……

副腎です!

※文献によってさまざまです。

副腎が悪くなると頭蓋骨(蝶形骨、側頭骨)の動きを制限して頭痛につながります!

副腎が悪くなる原因は?↓

・ストレス

・甘いもの取りすぎ

・たばこ

・コーヒーなど

◆副腎が疲労と関係しているホルモン3つ

①アドレナリン ②ノルアドレナリン ③コルチゾール

①~③を解説!

①アドレナリン……血糖値を上昇させたり心拍数や血圧を上げたり、痛覚を麻痺させる。抗ストレスホルモンとも呼ばれている。

⓶ノルアドレナリン……アドレナリンは各臓器に働きかけるが、神経伝達物質として作用する。

⓷コルチゾール……各ホルモンバランス調整、抗ストレスホルモン

これらが、ストレスと関与しております。

なので、頭痛の方には副腎の治療と頭蓋の治療を行ってください!

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!

ZOOMセミナーなども開催しておりますので、セミナー参加もお待ちしております。

それでは、また明日!

ALLアプローチ協会 代表 山口 拓也

股関節痛に対する大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯アプローチ前のページ

浮腫を治すためには?!【浮腫の治療は?】腎臓の解説あり!次のページ



関連記事

  1. 頭痛アプローチ

    顎関節を歪みを矯正すべき理由と全身のつながりについて

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会 代表の山口拓也です。…

  2. 頭痛アプローチ

    視床下部の重要性・自分で調整【生理学・頭蓋治療の話】

    ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。いつもALLアプロー…

  3. 筋膜リリース

    【頭痛テクニック】頭痛専用の筋膜リリース・マニュピレーション

    From 山口拓也埼玉 越谷 整体院よりいつもALLアプロー…



公式メルマガ


治療セミナーのご案内


公式ライン@

img src=" https://www.fastinglead.com/wp-content/uploads/2022/04/IMG_4606.jpg

公式YouTube


ツイッター

プレミアムコース


栄養プロフェッショナルコース


1日アロマテラピー講座

  1. 心理学

    【心理学】人間関係の怒り・ストレスの解消法 合理的な方法とは?
  2. エネルギー療法

    【チャクラ・経絡】セラピストのための身体感覚調整法
  3. 栄養学

    【内臓治療】【身体感覚】ファスティングをすることで得られる感覚
  4. 筋膜リリース

    「筋膜・運動連鎖のつながりを活かした治療テクニック」
  5. その他

    体液循環システムの治療「リンパ液」の仕組みについて
PAGE TOP