筋膜リリース

グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!

グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!

皆さん こんにちは 

ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

越谷レイクタウンのスタバから記事を作成しております。

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて

グランフェルト三角(上腰三角)とは?

というテーマでお伝えしていきます。

実際に私が腰痛専門の整体院で開業しているので

個々の部位を治療することがあります!

文献としては、ヘルニアと関係があることが言われていますね!

ぜひ、あなたも腰痛治療の上達に役立てて頂ければと思います!

【グランフェルト三角って?】

上腰三角とも呼ばれており、

第12肋骨、背筋群、内腹斜筋のこの3つの組織に囲まれている

三角形の部位ですね!

では、ここがなぜ大事なのかというと

内臓治療に役立てるから&痛みに関係しているからです!

まず、内臓治療の関係から話します。

内臓治療の中で上腰三角と関係しているのは、腎臓ですね!

なぜかというと、上腰三角のやや下(右と左で高さ違います!

肝臓の関係で!)ではありますが腎臓が収まっているんです。

この周囲は、広背筋や腰方形筋など筋自体が薄いので

感覚が繊細なんです。

そのため、腎臓が周囲の組織と

癒着するとグフランフェルト三角を腎臓が圧迫することで

神経痛などが出やすいです!

また、内臓治療の場合で腎臓をやる際は

腹部からよりも背面からの方が筋自体が薄いので

アプローチしやすいというのも特徴にあります!

痛みとの関係もあり、臀部痛や股関節痛、体幹伸展時痛などとも関連しております!

この周囲には広背筋や内腹斜筋、脊柱起立筋、下後鋸筋などが

密集している場所でもありますので

上記のような痛みのある方にはぜひ治療していみて頂ければと思います!

ユーチューブも行っておりますので、

そちらの方もチャンネル登録もよろしくお願い致します!

それでは、また明日!

ALLアプローチ協会 代表 山口 拓也

抗精神薬(うつ病)「適切な処方か疑問に思う時ありませんか?」前のページ

腸脛靭帯の解剖学的特徴と役割次のページ



関連記事

  1. 筋膜リリース

    骨盤底筋治療の重要性!【内臓脱、腹圧、痛みの関係性など】

    いつもブログをご覧いただき有難うございます。ALLアプローチ…

  2. 筋膜リリース

    【鎖骨はがし】鎖骨が血流・脳脊髄液・リンパ液を阻害し呼吸機能に変化を与える理由

    いつもALLアプローチ協会のメルマガを読んで頂き有難うございます。…

  3. 筋膜リリース

    下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木…

  4. 筋膜リリース

    【鼠径痛ケース】筋連結ラインを自分で見つける楽しみ方

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき…

  5. 症例報告

    【五十肩】「仰向けで寝ていると右肩が痛くなる」内臓システムの関係

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。…



公式メルマガ


治療セミナーのご案内


公式ライン@

img src=" https://www.fastinglead.com/wp-content/uploads/2022/04/IMG_4606.jpg

公式YouTube


ツイッター

プレミアムコース


栄養プロフェッショナルコース


1日アロマテラピー講座

  1. エネルギー療法

    【エネルギー療法のレベルアップのやり方】整体(ヒーラー)でエネルギー治療の効果を…
  2. 内臓調整

    浮腫を治すためには?!【浮腫の治療は?】腎臓の解説あり!
  3. 五十肩テクニック・原因・リリース

    【五十肩】肩治療で絶対に診ておきたい7つの筋とは?
  4. 筋膜リリース

    腸脛靭帯の解剖学的特徴と役割
  5. その他

    【栄養指導・タンパク質】腸内環境の悪化について
PAGE TOP