その他

相手に印象付けてラポール形成に必要なテクニックとは?【ザイアンスの法則、忘却曲線】

皆さん こんにちは 

ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて

「相手に印象付けてラポール形成」

というテーマでお伝えしていきます。

本日は、久しぶりに心理学テクニックについて伝えようと思います。

相手に印象を付けラポールを形成するテクニックをご紹介致しますね。

【相手に良く印象付けラポールを形成するテクニックとは】

相手にラポール形成をスムーズに行えると数多くのメリットがあります。

・仲良くなりたい人とすぐ親密になれたり

・上司にかわいがられたり、部下に尊敬されたり

・患者様に自主トレ指導や栄養指導をスムーズに行えたりしますね。

そこで……

相手の心の中に記憶を残すテクニックとして(潜在意識や無意識)

皆様にもラポール形成を行うために知って欲しい用語があります。

1つ目は……

「ザイアンスの法則」です。

この法則というのは、印象や好意も繰り返した接触回数で決まります。

もし、相手に印象付けてラポールを構築したいのであれば

忘れかけたタイミングを見計らってアプローチすることが非常に重要なのです!

2つ目に知っていただきたい用語としては……

「エビングハウスの忘却曲線」です!

これは、ドイツの心理学者

ヘルマン・エビングハウスが時間と記憶の忘却の関係を「エビングハウスの忘却曲線」として表しました。

これには

人の記憶というのは、聞いてから20分間で42%忘れそれ以降も徐々に失われていくことが分かっています。

そのため、相手に印象付けるには最初の20分間が勝負ということです。

そして、20分後にも再度印象付けるために連絡を取ることです。

そしたら、定期的に連絡を取り(メールやライン、手紙でも何でもいいと思います!)

アピールする必要があります。

【まとめ】

・相手に印象付けるには、いかに接触頻度を多くするか

・人は、20分で42%忘れてしまうため時間を意識しながら接触頻度を多くしていく

・接触頻度が多いと、好意を持ちやすい(ザイアンスの法則)

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!

それでは、また明日!

山口 拓也

本日の記事はいかがでしたか?

足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】前のページ

血流と内臓から股関節を考える話次のページ



関連記事

  1. その他

    頭痛と本気で戦う3つのポイント 【インナーアプローチ編①】

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木…

  2. その他

    魔法の脳内伝達物質エンドルフィンを治療に生かす方法とは・・・?

    エンドルフィンを治療に生かす方法とは?From 山口拓也埼玉…

  3. その他

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?From 山口拓也…

  4. その他

    脳卒中片麻痺に対する姿勢コントロールの重要ポイント

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木…

  5. その他

    体内時計の種類と朝起きた時・夕方の腰の痛みの原因とは?

    おはようございます。 オールアプローチ協会鈴木 正道です。…



公式メルマガ


治療セミナーのご案内


公式ライン@

img src=" https://www.fastinglead.com/wp-content/uploads/2022/04/IMG_4606.jpg

公式YouTube


ツイッター

プレミアムコース


栄養プロフェッショナルコース


1日アロマテラピー講座

  1. 解剖学

    【解剖学・触診】四頭筋で唯一〇〇!?大腿直筋の機能解剖と触診方法
  2. エネルギー療法

    遠隔施術と量子力学について(周波数・エネルギー療法)
  3. 内臓調整

    自律神経症状の根本的なアプローチ(ストレス・メンタル・生活リズム)とは?
  4. その他

    便秘の調整に必要なテクニックとは?
  5. その他

    【睡眠障害から解放される】オレキシン神経に対するアプローチ・頭蓋仙骨療法・視床下…
PAGE TOP